ナダヨガ・キールタン集中講座Basic in Kyoto

e0184598_10374843.jpg

唄うことは上手ではないけど、唄うことは何より好き。


シヴァナンダヨーガと出会うと同時に、キールタンとも出会い、かれこれ5年間関西を中心にキールタンクラスを繰り広げてきました。

私なりに、このキールタンの魅力を伝えてゆく中で、自身も毎回音の波動やパワーにどんどん吸い寄せられて、いつも感嘆させられるほど。


音って一体なんぞや。


音には何らかの力があることは確信していたけど、音と自分の内なる魂や根源、そして宇宙とどう繋がっているのか、その辺りはぼんやりしたままなのでした。

そんな頃、知人のヨギーニから「音の神秘」という本を紹介してもらいました。

その本には、一頁一頁めくるたびに、ため息が出るほど美しいこの音の世界の真髄が語られていました。

だけど。
目には見えない音の神秘なるものを、文字として頭で理解するには、限界がありすぎわけで。


バリにいた間、そして帰国して静かな田舎にいる今。
身体や感覚をフルに使って、実際に探っていく作業を色々とやっています。

ちゃんと体現、体感してみること。
そうすることで、言葉にエネルギーがみなぎってくるから。

音と私たちニンゲンとの関係性、調和の仕方。

こうした未知の音の世界の話しをお伝えしたうえで、音のヨガと呼ばれるキールタンを学ぶ。

そんな私にとっても初めての試みとなる、キールタン集中講座を開くことになりました。


キールタンの会を自分で開いてみたい、という方が関西でちらほらいる事を知り、波及するという宿命の星の元に生まれてきた私にとっては、ありがたきこと。

今回の講座では、自分がもっていた種をお隣の畑に種まきするって感じかな。

もちろん、生き生きとした芽がでるように、愛情もって最後まで見届けようと思っています。


ご参加お待ちしてまーす!



【ナダヨガ・キールタン集中講座 Basic
〜音の世界の扉を開ける〜】


■日時 2014年10月25日(土)
17:30〜20:30

■場所 ヨガスタジオTAMISA三条寺町

■内容

ナダとはサンスクリット語で「音」という意味です。

私たちの日常は、ありとあらゆる音に包まれながら生活をしています。
たとえ意識を傾けなくても、必ず音は知らず知らずのうちに、耳が拾い、そこから身体の深層部に波動として、伝わっていきます。
その波動が私たちに様々な影響を与えているのです。
外側も、内側にも。

人間が持つ5つの感覚器官のうち、お腹の中にいる胎児が1番最初に発達する器官が、聴覚と言われています。
胎児は母親の羊水の音を最初に認識し、みずみずしい細胞を育てる音の響きをお腹の中にいる間中、絶えず感じているのです。
e0184598_10374957.jpg

視覚は目を閉じるれば、ふさぐことができます。
臭覚も息を止めれば、匂いません。
しかし、この聴覚だけは閉じようとしても、自分の意思では操ることができない、それだけ大切な器官だということです。

この集中講座では、そもそも音とはどういう存在なのか、そして私たちにどのような影響をもたらすものなのかという音の定義を知ることから始まります。

そしてキールタンの概要と実践、リード方法、呼吸法、ストレッチ、発声の仕方、波動の感じ方など色んな角度からナダヨガのアプローチをしていきます。

たくさん歌い、唱えることにより、音の波動とその真髄に触れるとともに、自分の持つ声の可能性を最大限に引き出してゆきます。

講座の中心となるキールタン。
キールタンの「キール」とは「讃美する」ということ。
音のヨガとも言われているキールタンは、インド版の讃美歌のようなものです。
インドの神々を讃える神聖なものとして、ヨガの中でも大切に伝統が受け継がれてきました。

マントラを唱える場合、マントラそのものに集中するため、一定の音で比較的単調に唱えるのに対し、キールタンはマントラをメロディにのせて繰り返し唄っていく音楽的要素が強く、情緒的とも言えます。
湧き上がる感情を音の波動によりクリーニングしてみましょう。

今回はベーシッククラスです。
1時間や1時間半のキールタンでは、お伝えしきれない、音の神秘とキールタンの関係性をシェアします。
まずは音の世界の扉を開けてみよう、ということ。

この扉を開けて、次のステージであるアドバンスクラスに移ります。
キールタンクラスの構成や、リード実践、チャクラと音の関係性、さらに音の瞑想を加えてのクラスとなります。

少しずつ、呼吸を深めていくように、キールタンを自分自身で奏でるまでの階段を一段一段、のぼっていきましょう。

今までマットの上だけでヨガをしていた方も、マットから降りて、新しいヨガの世界を体験してみてください。
e0184598_10375185.jpg



■カリキュラム
・音の世界やその神秘についての哲学part1「音による肉体への影響と心理的影響」
・発声を促すための呼吸法、ストレッチ
・声の開き方やケア方法
・マントラ詠唱の練習
・キールタンの概要「目的、効果、なぜキールタンがヨガのカテゴリーにあるのか」
・キールタン実践、リード方法

■対象
・ヨガの経験を問わず誰でも参加できます
・キールタンやマントラを深く学びたい方にも納得の構成です
・ヨガの練習や、日常生活に音を取り入れたい方に気軽に参加いただけます
・声を使うこと、歌うことにより精神を向上させることに興味がある方におススメ

■持物
・ヨガマットやブランケットなどの敷物
・座りやすい格好でお越しください
・音の出る楽器(ティンシャ、太鼓、鈴、タンバリンなど)をひとつお持ちください。
・お好みで飲み物など


■料金
一般5,500円(税抜) / TAMISAメンバー5,000円(税抜)


■申込
TAMISAさんへ


※今回のこの講座内では、ハルモニゥムの使い方、弾き方の指導はありませんので、ご希望の方は別途個別にご連絡ください。
lakshmiyuki77アットマークyahoo.co.jp
[PR]
トラックバックURL : http://miyuki77.exblog.jp/tb/21988366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miyuki_om | 2014-05-13 11:11 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

瀬戸内の風が吹く、香川・高松に住みながら、唄とヨーガともに旅するような暮らしを進行中。


by miyuki_om
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31