昼顔と夜顔

e0184598_13035848.jpg

ある日の昼顔。
ヨーガを鳥取のみなさんにお伝えしてきました。

離れていても、会いたい人に会える、私のライフワークが自分でも好きです。

完全にノマドな生活はできないけれど、移動は苦ではありません。

今回の鳥取遠征でも、オーガナイザーのマイマイのおかげで鳥取の中を東から西へ、南から北へ、ワープワープ。

住んでいる香川と同じぐらい、鳥取にも知り合いが多くできて、お互い、久しぶり〜!と声を掛け合うほどです。

朝一で、七輪を使って焙煎したカカオ豆を一粒食べたおかげで、マイムーンデーと重なったヨーガのワークショップも、丁寧に言葉を重ねることができました。

そしてその日の夜顔は唄って食べる大人の集いを開催。

Naoさんが大切に営むアトリエda-na さん。

飾っているもの、置かれているもの、すべてが美しくて、うまく足し算と引き算が空間の中で演出されています。

e0184598_13035908.jpg


e0184598_13035954.jpg

このステキな空間に、素朴なハルモニゥムの音色と、みんなの声がうまく調和していました。

そして、ちょうど終わる頃に、みきちゃん作るヴィーガンディッシュコース!

みきちゃんが最も得意とする創作料理たちを今回いただきました。

e0184598_13040083.jpg

マイルドな水キムチ。

e0184598_13040199.jpg

グルテンフリーのキッシュ

e0184598_14510515.jpg

野菜と豆のミルフィーユ。
柿と葉野菜のジュレソースで。

e0184598_13040250.jpg

そして感動したのが、このお品書き。
水彩画を趣味で描いているみきちゃん。

この日はキールタンで、のどを使うから、のどのチャクラカラーの青をメインに描いてみたよ、というなんとも嬉しい心遣い。

料理を作る以外にも、こういうお品書きから、テーブルに季節の花やキャンドルを飾ってくれたりと、みきちゃんの人柄そのものが、お料理の味にちゃんと映し出されていました。


『 鳥取 』


訪れたことがないときは、何があるの?
と思っていたのだけど(鳥取のみなさん、ごめんなさい、、、)
そこに住む人たち、そして感性が素晴らしい人たちがたくさん。

移住される方が多いというのも、納得。

今年2回目の鳥取なのに、いまだ鳥取砂丘に行っていないという、むしろ行かなくてもいいか、と思うほどたくさんの魅力が詰まっている鳥取。

来年は、大山にあるグランピングに滞在しようと企んでます。

楽しいことだけチョイスして、生きてきてよかった〜
(20代半ばに、私にとって仕事とプライベートのピーク、身体の疲労を経験し終えたからこそです、、、)

これからも、それは変わらず移動を楽しみながら生きていこう。

宇宙の流れは加速してます。

その流れにのると、宇宙は味方してくれる。

迷っている時間はありません。

何もバタバタ忙しくするというわけではなく、判断から行動を早くするということ。

じーっとあたためているぐらいなら、動いた方が、景色が変わる。

まわりの人をみていると、そう感じるのです。

イベントやワークショップ、リトリート、何度もしているけど、私の場合、同じ場所で同じワークは、ほぼやりません。

それは、そのときに、必要なタイミングで宇宙から掲示されたものだから。

来年のことは、何も決まってなくて、すっからかんだけど、全く怖くもありません。笑

でも、鳥取にはまた行くよ!



[PR]
トラックバックURL : http://miyuki77.exblog.jp/tb/24712562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miyuki_om | 2016-10-12 16:21 | eventれぽーと | Trackback | Comments(0)

瀬戸内の風が吹く、香川・高松に住みながら、唄とヨーガともに旅するような暮らしを進行中。


by miyuki_om
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31