ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

カテゴリ:【2009 Sanfrancisco】( 11 )

おまけ

e0184598_10484294.jpg
「Special meal for you.」

機内食でベジタリアンミールを特別リクエストすると、こんな風に言って持ってきてくれます。
(ちょっといい気分。笑)
しかもみんなよりも早く機内食を持ってきてくれる。
(ちょっといい気分。だけど、ひとり先に食べるのがなんだか申し訳なく感じる…)

e0184598_1025787.jpg
これ、ユナイテッドエアライン(以下UA)関空→SFO行きの機内食。
しいたけの香りがすごかった…。
通常の機内食にはしいたけが入ってなかったみたいで、回りの人に気を使うぐらい強烈なにおい。苦笑

UAのサービスはほんとにフレンドリーすぎやしないかい?というぐらい、
「オッケーオッケー」的なノリ、もしくは「OK」すら言わない、ザッツ・アメリカン!!なエアラインです。
私は全く気になりませんが、サービスに細かい日本人からみると、びつくりするでしょな…。

しかし、機内食のバリエーションは他のエアラインと比べてかなり選択肢が多くてスバラシイ!!
ベジタリアン食の種類だけでもなんと6種類。
その他、ヒンズー食やイスラム食などの宗教食をはじめ、糖尿病、低脂肪、低カロリー、減塩などの医療食から、フルーツプレートなんかもあるんです。

e0184598_10492055.jpg
SFO→関空帰りの機内食はすばらしく(珍しく!?)おいしかった!
クスクスとひよこ豆のトマトスパイス煮込み。
今まで食べた機内食で3本の指に入るかも!というぐらい。
やばれできるやん。

e0184598_10531671.jpg
関空到着前に出される軽食。

…ま、マズイ。
だめだ。終わりよければ全てよしって言えたもんじゃない。
今まで食べた機内食ワーストで2本の指に入ります。

冷めたオートミールにカチンカチンのベーグル。
これで「Special」と言われてもなぁ。
そのうえ穀類ばっかでお腹重くてしゃーないです。

でもどんなに美味しくなくても残すのがイヤな人なんで、完食したよ。
早くサービスされたのに、みんなよりも食べ終わるの遅かったさ。
なんか掃除の時間まで給食だらだら食べさせられてる小学生の気分よ。

その後、気を取り直して、暖かいディカフェ(ノンカフェインコーヒー)頼みました。
(UAのコーヒーはスターバックスコーヒーなので、これはグッド!!)

どこの航空会社も特別食ってあるので、ベジタリアンじゃなくても勇気ある人はリクエストしてみてくださーい。
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-05 11:15 | 【2009 Sanfrancisco】 | Trackback | Comments(0)

わたしのRaja

e0184598_21105360.jpg

4つのヨガの道の最後に紹介するのがRaja(ラージャ)yogaです。

Raja yogaとは科学的にアプローチする方法で、心を分析しコントロールすることが目的です。
私たちが一般的に「ヨガ」と呼んでいるのが、これにあたるわけですね。

実はですね。
スワミジに頼まれ、アーサナの写真のモデルになってしまったんです、私。(ひぃ~)

センターのHPにあるアーサナの写真を変えるつもりみたい…
ええぃ! 来るもの拒まずやったれー!てなことで、引き受けましたです。
(大好きなスワミジに言われたら断れないっしょ)

sivanandaの12ポーズとアドバンスのアーサナをいくつかやったんだけど、これがきっつーい!!
スワミジが持っているカメラの性能が古いみたいで、シャッター押すまでのピント合わせの時間と押してから、しばらく静止しておかないと、ブレちゃう…というモデル泣かせのカメラだったんです。泣

しかも1ポーズ5、6枚は撮っていたので、時間がかかるかかる。
そしてシャバアーサナなしで、ずっとやり続ける…。

スワミジ、ニコニコ顔で
「はい、次これ~」
と容赦なくリクエストしてくるんだもん。

マユラアーサナ(孔雀のポーズ)、きっとこめかみに血管浮いてるかも。苦笑
シャバアーサナの大切さが涙でるほど、わかったし!

70枚近く撮り終わり、「やっと終わった~~早くシャバしたいぃぃぃ」って思ったら次は動画でコメントを撮りたいから喋ってね~、とスワミジ。

まだ息が荒いってのに! しかも急に英語なんて出てこないぞ!

と思う暇なく録音開始…。

完璧笑顔ひきつってたでしょうな。
(しかも1回目、録音ボタンが押されてなかったからもう一回しゃべって~って、スワミジ頼むよぉ。涙)

やっとやっと全部終わったーーー
ってとこで、スワミジのハグが待っていた。

なんだか、このハグがシャバアーサナと同じだけ効果あるかも。笑

でも肉体は正直ですね。
次の日はがっつり筋肉痛でしたけど。


HP、まだUPはされていないので、UPしたらお知らせしますねー。
ヘロヘロの私を見て笑ってくださーい。
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-04 22:26 | 【2009 Sanfrancisco】 | Trackback | Comments(0)

旅行者気分10%

もういい加減SF話は飽きましたかね?笑

あとも少しお付き合いください。

センターのみんなに、
「せっかくSF来たのにどこも行かないのぉ!?」
と何度も言われたので、とりあえず少しは旅行者になっとくか、ってことで海見に行ったり、オーガニックスーパーに通ったり、公園でぶらぶらしたりしてみました。

…って、これ全く旅行者っぽくないです。

海外のダウンタウンはどこ行っても同じだし(大阪だって立派なダウンタウンあるしね)きっといらんエネルギー浪費するだけだと思って、全く足踏み入れず、でした。

ところでSFって、大阪と姉妹都市なんだって。(へぇ~!)
現地ではバスや路面電車を使って移動してましたが、なんとなく大阪と街規模が同じかも、と思ってました!
e0184598_9291898.jpg
センター近くに走っている路面電車に乗り
e0184598_9382246.jpg
終着駅までゆられ
e0184598_9395618.jpg
到着~。
e0184598_9433797.jpg
オーシャンビーチです。
e0184598_9443178.jpg
この日は曇ってたので残念ですが、砂浜が柔らかくて気持ちいいこと!
普通に歩くと足首までざっくり埋まります…

そして通いまくったオーガニックスーパー。
e0184598_9483187.jpg
e0184598_9485174.jpg
ミニキャベツタワー。笑
e0184598_950289.jpg
クリスマスが近づくともみの木が売られるみたい! 森の香り~。もふもふ。
e0184598_9512535.jpg
去年も同じスーパーでハマってしまったのが、これ。
穀物からグラノーラ、チョコレートやナッツ類の量り売り。
e0184598_953896.jpg
袋に好きな分だけ入れて、その種類の番号をこうやって書いて最後にレジに通せばOK!
朝食のグラノーラとおやつのナッツはここで調達してました。
日本では考えられませんが、味見したい放題。というか、食べたい放題?笑

このスーパーで売られているものは全てオーガニックのものです。
アメリカはヨーロッパに次いで、オーガニックへの意識が非常に高い。
だからこうやって何でもオーガニックのものが手に入るし、安い!!

e0184598_9555567.jpg
アンバーハニーが$3.99! ピーナッツバターがなんと$1.79!! 「だ~いとっか」です!笑

e0184598_1044768.jpg
散歩してたら出会ってしまった~
e0184598_105665.jpg


で、一応ですね。
SFといったら、アレ。
そうアレですわ。
e0184598_107196.jpg
ゴールデンゲートブリッジ。
e0184598_1074686.jpg
瀬戸大橋と姉妹橋って、やっぱりSFとは縁があるのかなぁ、私。(香川出身だし)
英語以外の言語が飛び交う観光場所。
瀬戸大橋を見て育った私にしたら、ふーん。て感じで…。

うん。はよセンターに帰ろ。
15分で去りましたーーーーーー。


きっとこの先も、「観光旅行」というかたちで海外に行くことはないのかなぁって思う。
あったとしても、その地域に密着したスティをしたいから、少し市街地から離れていても静かな場所を選ぶかも。

今までたくさんの国をまわったけれど、自分の心に残っている風景や感動って、たいてい自然豊かで静かな場所だったり、そこにいる人たちとの関りがあった場所しか記憶に残っていません。

世界のどこにいても(もちろん日本にいても)inner peaceでいられるところが一番の旅目的でありたいものです。
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-03 10:34 | 【2009 Sanfrancisco】 | Trackback | Comments(0)

わたしのBhakti

e0184598_915585.jpg
センターの祭壇です。
この前でずーっと座ってずーっと眺めていたい。
「宿っている」かのように思えるほど…。

さてさてBhakti(バクティ)について、ちょろっと説明すると…
神の対して献身と信愛するヨガのことを言います。
Bhaktiは、感情を捨て去るのではなくて、その感情を神への献身に変えて、心を浄化するものです。
その方法というのが、チャンティング(マントラ斉唱)やプージャ儀式、キルタンがそれにあたります。

なぜ私はインドではなく、アシュラムではなく、SFのセンターを今回選んだのか。

渡航に一番時間とお金がかからないから…というのも正直理由のひとつだったけれど
それよりも大きな理由だったのが、TTCの時のチャンティングの授業を担当していたのがここにいるスワミ パドマだったから。
e0184598_91538100.jpg
これがその当時。

そしてそのスワミジからキルタンで演奏するハルモニゥムの指導を直々に受けたかったからです。
これまで自己流でぶいぶい弾きまくっていたけど、本当に正しい弾き方なのか、自分の声のトーンとハルモニゥムのトーンとの合わせ方など、聞きたいことはたくさんありました。

しかしスワミジにどうやって直談判すべきか…。
スワミジは多忙な人なのでいきなりお願いして、時間作ってもらえるとは限りません。

勇気を振り絞り、ある日の夕食の時、スワミジにハルモニゥムの件を伝えてみました。

が、それから数日たってもスワミジから何の音沙汰もありません。沈。

まぁ、このまま帰国することになっても仕方ないかと諦め、こうなったらカルマヨガに専念しようと励んでいたところ…

「Lakshmi(←センターではこう呼ばれてました)今日のランチの後、時間はあるかい?
ハルモニゥムの指導をしたいんだがね。」

きたーーーーーーーー!!!

「イエス!!!! スワミジー!!!(目きらきら☆)」

ということで、奇跡的にハルモニゥムを触れる日がいよいよやってきたのでした。

と、その前にやはり何かを行う前に必ず祈りがあります。
祭壇の前にスワミジと二人で座り、芸術と知恵の神様でもあるサラスワティ神に向けてマントラを唱えます。

「Om Aim Saraswatyai Swaha」

そして静かに始まりました。
で、すみません。
ここから先の内容は、活字で表現できません。
またキルタンイベント行うので、その時にでもお話できたらと思います。

スワミジから指導してもらった後も、ひとりキルタンで思う存分浄化!!
ハルモニゥムの素朴な音の響きとマントラの響きは私にとってはお薬のようなものかな。
気づけば2時間ぐらい歌ってたみたい。笑

そしてもうひとつのBhaki、それは夜のチャンティング。
普段はスワミジとスタッフだけが、祭壇の前で順番に1人10分から20分、チャンティングを行い一日を締めくくります。
特別に今回、毎晩チャンティングに参加させてもらいました。

そのチャンティングというのが

「Om Namo Narayanaya」

これは平和に対するチャンティングで、宇宙の維持神であるヴィシュヌ神をさします。

こうやって色々な神様のマントラを口にするのは私にとっては新鮮で、全て平等に受け入れ、全てに敬意をもつことの大切さを学んだ気がします。

今日は神様だの献身だの、あやしい内容ばっかりでしたね。
が、本を読んだり、頭を使うようなもお勉強よりも、自分が経験者となり、無心になれるBhakti、やっぱり大好きだーーーーー!!
バンザーイ!!

(こんな軽い?締めくくり方でゴメンナサイな)
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-02 10:31 | 【2009 Sanfrancisco】 | Trackback | Comments(0)

おいしいエナジーの摂り方

毎日バナナエナジーがの摂取が必須だったインド人友達のジョージですが、食べ物はその人自身を作りだすと言われるほど、大切なものです。
というのも、私たちの体や思考、そして生き方の「扉」の役割をしているようなものです。

Sivanandaのアシュラムやセンターでは口にするものすべてオーガニックのものが基本で、(インド方面はわかりませんが…)
そして、サトヴィック(純粋な)フードと言われる食材を使い調理します。
穀物、ナッツ・豆類、フルーツ、野菜(きのこ類は除く)、はちみつなどの自然甘味料がほんの一例です。
e0184598_8261178.jpg
センターのキッチンのストック。日本ではお目にかかれない穀物がずらり。

要するにベジタリアンミールなのですが、味付けにハーブやスパイスが使われているのと、化学調味料を一切使わないので、アシュラムやセンターの食事は、素材本来の味がダイレクトに伝わってきて、本当においしいです。

おいしい故、ついつい食べ過ぎてしまうので、毎回欲との葛藤ですが・・・
(といっても、いつも欲に惨敗だった私。苦笑)

e0184598_8284080.jpg
とろとろ野菜スープに
e0184598_8291030.jpg
ズッキーニとかぼちゃのハーブグリル
e0184598_8293516.jpg
e0184598_8294870.jpg
グラノーラも手作り!そしてフレッシュグリーンサラダ。

e0184598_840626.jpg
ある日のランチ
e0184598_8405881.jpg
スタッフの誕生日用に作ってくれたアップルクランブル。

ね?わかりますよね?欲に惨敗する気持ち・・・
しかしですね、このようなサトヴィックフードだと消化器官の活動も少なくてすむし、短時間で消化してくれるので、少々の食べ過ぎは大丈夫(!?)と半分自分に言い聞かせてました。
ははは。

それと、アーサナクラスを行う部屋とキッチンが近いので、最後のシャバアーサナする頃には、もうキッチンからハーブスパイスのきいたおいしそうな香りが部屋に漂ってきます。

「Inhale~(吸って)」

というインストラクションも、ありゃ拷問だな。


あと大切なこと。
このおいしいエナジーを摂ることに対して感謝のマントラを必ず食前にみんなで輪になり唱えます。
e0184598_94011.jpg


ある日、スワミジと近所にあるヴィーガン日本食レストランに行った時も、手はつなぎはしませんでしたが、小さな声でも食前のマントラを唱えいただきました。

Om Brahmarpanam Brahmahavir
Brahmagnau Brahmanahutam
Brahmaiva Tena Gantavyam
Brahmakarma Samadhina

そして最後には必ず ''Jai the cook!!''の一言をつけて、作ってくれた人への感謝も忘れずに。

日本でも食事の時は声に出さなくても必ず心で唱えるようにしてます。
ま、そのあとは必ず日本の習慣である「いただきます」は口に出して言っちゃうんだけどね。

やっぱり大和魂たるもの健在ですな。
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-01 09:34 | 【2009 Sanfrancisco】 | Trackback | Comments(0)

わたしのJnana

e0184598_8503197.jpg

''Jnana''(ジニャーナ)とは、スピリチュアルな成長に知性でアプローチする方法のヨガのひとつです。
※残りは前回アップしたKarma(カルマ)や、Raja(ラージャ)、Bhakti(バクティ)があります。

Sivananda yogaのJnanaではヴェーダンタ哲学(一元論)をとおして心の本質を勉強します。

バークレーに自身のセンターを持つ、Gajananam先生。
ここのセンターは、SFのセンターとはまた違う空気があります。
とても静かで、清らかで、アーサナをするよりも、瞑想に適した空間だと感じました。

参加したSatsangでのお話を今日は紹介しますね。

『好き嫌いが作りだす思考について』

人は自分の好きなものについて考えたり、手にとったり、選んだりします。
反対に、嫌いなものは突き放したり、距離をおいたりします。
しかし、好きなものだけ引きつけ、嫌いなものは引き離したりしている状況でsadhana(精神修行)を続けていても、エゴは一瞬消えたように思えても、ある時違う場所から''エゴの芽''がでてくるのです。

バスケットボールのドリブルをしていると想像してみてください。
ドリブルをすると、ボールは一瞬手の平から離れて、地面から跳ね返り、再び吸いつくように手の平に戻る。
これの繰り返しです。
では、ドリブルする事をやめようとしていみてください。
ボールは徐々にバウンドが小さくなり、最終的にはボールは地面で静止します。

この例えではボールがエゴとなっているわけです。

このように自分の思考の中において、好きや嫌いもそれに拘らず、執着せずにいる事が大切なsadhanaのひとつです。


以上がGajananam先生から教わったJnanaです。
はい、では今からすぐにこの実践をしろと言われても、とても難しいことだけど、少しでもそれに近づける努力をするることで、もっともっと自分と周りとの境界線がなくなっていけるような気がします。

そういえば、面白いことにアーサナクラスは私も含め5人いたのですが、うちなんと3人が日本人でした!!
私以外の2人はバークレーに在住している方でした。
バークレーで日本語が話せるとは、びつくりです。

それ以外にも実は今回の滞在で日本と縁のある人がたくさんいましたよー。
e0184598_9311796.jpg
NYのアシュラムでTTCを卒業したHariは、現在SFセンターの住人。
Hari「日本のどこ出身?」
Miyuki「大阪だよ」
Hari「大阪のどこ?」
Miyuki「言っても知らないと思うけど…西区の本町あたり」
Hari「あぁ!いい所住んでるね! 私豊中で6年住んでいて、難波で働いてたんだよー」
Miyuki「マジでー!!(日本語で)」

とか。
もっとすごいのはSFセンターのクラスに参加していた生徒さんで東京に16年仕事で住んでいた人もいたり…!!
e0184598_9382468.jpg
だからなのか、こんな単語帳がセンターの壁に貼ってあります。笑
[PR]
by miyuki_om | 2009-11-30 09:44 | 【2009 Sanfrancisco】 | Trackback | Comments(0)

郷に入ってはなんとやら

SFに着いてから時差ボケがなかったのに、日本に帰国して以来、時差ボケ感じる今日この頃。
毎日17時ぐらいから、徹夜明けのような眠さが襲ってます・・・。

さてさて現地リポートの続きです。

SFのセンターの目の前に「ゴールデンゲートパーク」というとてつもなく大きい公園があります。
現地の人が大きい!っていうぐらいだから、相当な広さですよ。
e0184598_8563849.jpg

毎朝センターで6時から7時過ぎまでsatsangがあり、その後この公園に朝日を浴びに散歩にでかけるのが私の日課でした。
e0184598_8564783.jpg

SFの朝晩は日本よりも気温が低いので、(逆に日中は暖かいです)フリースonコート、マフラーにニット帽、靴下二枚重ねして歩いた私。
その横を半そで短パンにイヤホンつけて軽快にジョギングするアメリカ人…。

こればっかりは郷に従えませんです。

でも自由な国アメリカ!
キルタンをひとり大声で歌いながら歩いていても、誰も変な目で見る人はいませーん。苦笑

そしてその後はセンターの人オススメのcafeへ。
e0184598_913364.jpg
「LAVA JAVA」
基本、カフェインが入っているコーヒーや紅茶を飲まないルールのセンターではチャイを好んで飲んでます。
e0184598_9191250.jpg

で、ここのcafeのジンジャーチャイが、本当においしい!
とてもスパイシーで、濃厚。
ジンジャーパウダーではなく、ちゃんと生姜をおろした味がするんです。
smallサイズ注文しても、日本のtallサイズぐらいは余裕であるんで、お腹ちゃぽんちゃぽ~ん。
$3でたっぷりジンジャーチャイ飲めるなんて、日本では夢のようです。

ちなみにブレンドコーヒーのsmallでたった$1.75!!

で、これは私も郷に従いました。
e0184598_9394249.jpg
カップの口元に注目!
みんな歩きながら飲むから、ちゃんと閉じ蓋までついてマス。

コーヒー大国アメリカだけに、こっちの人は、毎朝cafeでコーヒーをテイクアウトして、仕事へ出勤するのが日課みたい。
だから朝6時からOPENしているお店が多く、お昼より朝の方が忙しそう。
そのかわり17時CLOSEするお店もたくさんあって、日本も早開店、早閉店にしたらみんな健康的になるんじゃないかい?と思ったり…。
閉店が遅い→帰宅後の食事も遅い時間になる→胃が活動したまま寝なくちゃいけない・・・→朝体が重い→遅い時間に起きて朝のエネルギーを受けないまま活動→ますます不健康&ストレス蓄積

ってなサイクルになるよね。
ほんと、日本人って真面目に働きすぎであーる。(ね?鳩山さん)

センターに住んでいるJanaki(以下:J)という女の子との会話で

M「仕事は毎日何時から?」
J 「8時半から9時の間だよー」
M「出勤時間、決まってないの?」
J 「うん、だってバスが時間通りに来ないこともあるし」
M「・・・・」

こんなアメリカ時間、ステキんぐだ。
(ひと昔前はアンチアメリカだった自分が信じられませぬ)
[PR]
by miyuki_om | 2009-11-27 10:02 | 【2009 Sanfrancisco】 | Trackback | Comments(0)

Oh my God !

「偶然」と「繋がり」があった、サンフランシスコスティ。

滞在するセンターの住所とおおまかな地図、そして方向音痴ではない自分の自信を片手にバスに乗り込んだ私。

通りの名前と地図を確認しながらいい調子でバスは進んで行きました・・・が
余裕気分で安心したのか、降りなければいけないところを通り過ぎてしまったみたい!!

次の停留所で慌てて降りて、通ってきた道を引き戻ろうと、ふと反対側の通りに目をやると・・・

e0184598_11114510.jpg

…あ、あれ!?
e0184598_1112785.jpg

si… si… sivananda!?

というわけで余裕ぶっこいでいたことが幸運だったようで、あっさり着いてしまいました!
わたしってばラッキー。笑

そして、先日もブログで書きましたがここセンターで日本人の方がフルスタッフとして働いていたので、かなり彼女に英語の面で助けてもらいました。
e0184598_11215286.jpg
Kumariさんです!
とてもアクティブですが、サットヴァな精神を持っている彼女。

彼女は今年5月に私と同じyoga farmで急遽日本語通訳をスワミジから頼まれ、TTCのアシスタントをカルマヨガでしていたのですが、その時参加していた日本人の生徒さんというのが、私の知り合いのヨギーだったのです!!

で、私が到着する前日にKumariさんと私の知り合いのヨギーと電話でこんな話をしていたそうです。

「大阪でね、Miyukiさんっていうキルタンのイベントをしている人がいて、その人もyoga farm卒業生なのー。」

…こわくないですか?笑

二人とも私がセンターに行くことは全く知らなかったので、この偶然の繋がりに私たちはとても驚かされました!
しかも、9月に日本に来日してWSをしてくれたGajananam先生も私が来る2,3日前にセンターにやって来て

「Kumari、この前日本に行ってきたときの写真なんだー。見てみてー。
日本の生徒さんって、本当に敬意ある心を持っていて素晴らしいんだよ~!」

と言いながら、おそらく私が写っていたであろう写真を見ていたらしいです。
…こわくないですか?笑

こんな偶然的な繋がりが特にsivanandaは多いように感じます。
だから海外にひとりでsivanandaのセンターやアシュラムに行っても、どこでも繋がりを感じていられて、「安心の海」でずーっと泳いでいられます。

あと1年前に関空→SFO行きの便に乗っていたフライトアテンダントと、今回も同じ人が乗ってサービスしてくれました。
しかも行きだけではなくて帰りのフライトにも!!

ひょえーーーー。
どこまで続く、Oh my God!!
[PR]
by miyuki_om | 2009-11-26 11:44 | 【2009 Sanfrancisco】 | Trackback | Comments(0)

わたしのkarma

ふらりと飛行機に乗り、ふらりと帰ってきましたです。
みなさん、Om namah sivaya.

出発前にセンターに
「私そっちに行くから泊まらせてくださいなー。よろしく頼むよー。」
とメールしたのに、全く返信がないまま、サンフランに到着してしまった私。

そんなあやふやな状態だったのに、すぐにswami padmapadananda-ji(通称スワミ パドマ)と対面することができました。
e0184598_9451890.jpg
1年ぶりのスワミジとの再会。
何も言わず、まずスワミジは大きくハグをしてくれました。

でも実は少しびっくり。

なぜなら・・・
TTCの時、3人のスワミジがいましたが、挨拶は合掌し「Om namah sivaya」と言うことだけだったので、西洋的にハグをし挨拶をすることはありませんでした。
挨拶する時、心の中でお互い気持ちを交わす事が大切だと教えにあったからです。

でも私にとってはスワミジからのハグは、何もかも溶かしてくれるほど温かいものでした。

さてさて今回の滞在はほとんどの時間をセンターで過ごし、カルマ(奉仕活動)、バクティ(献身)、ラージャ(ハタヨガ)に費やすことが目的。

到着後スワミジとの対談を終え、時差ボケ知らずの私は早速カルマヨガ開始!!
まずはホース使って窓そうじ。(この時期にして、体半分ほど水で濡れます・・・)
e0184598_9571374.jpg

これが1週間のカルマスケジュールです。
毎日やっていたのはキッチンクリーンというカルマ。
言わばお皿洗いやキッチン全般のお掃除ですね。
これはTTCの時も毎日やっていたので、お手のもの☆

そのほか、みんなにランチを作ったり。
e0184598_100565.jpg
e0184598_1044424.jpg
(アルダンジャスおじぃちゃんの助手として手伝ってました。)

あとは祭壇の神様に着させるものを繕ってみたり…
e0184598_1085451.jpg


このカルマヨガとは無償の奉仕のことを言いますが、なぜそうするのかというと・・・

行為による見返り(つまり報酬のことです)を放棄することで、私欲をなくし、自分以外の人や動物、さらには地球すべてに対して助けになろうとすることが、自身の心を大きく広げ、エゴを抑えることができるとされています。

ここセンターでフルタイムで働いているスタッフは1日のうちにわずか1時間しか自分の時間がないと言っていました。
どんな時も

「serve serve serve serve……」

だからたまに自分の体であることを忘れていることがある。
余計な思いが浮かぶ時間すらないと言っていました。

sivananda yogaは現在みんなが実践しているアーサナは4つのヨガのうちの1つに属しています。
体だけのアプローチだけではなく、生きる過程で実践できるのがこのカルマヨガ。
大好きなキルタンを歌いながらカルマヨガ。

観光客が多いダウンタウンで買い物する時間よりも比較できないくらい至福な時間でした。
[PR]
by miyuki_om | 2009-11-25 10:40 | 【2009 Sanfrancisco】 | Trackback | Comments(0)

wonderful days!

Om namah sivaya! everyone!!
e0184598_746142.jpg


I'm at Sivananda yoga vedanta center in SFO.
I can't type in Japanese,sorry.....
(this is good opportunity for you to learn English!! and also for me!!! hahaha)

Anyway, I've been doing happy here.
All people are soooooooo nice! and flowing peaceful energy.

One Japanese girl who lives in UA for 7 years works center as full time staff.
She is so helpful and very kindly for me.

One thing that I want you to know...
That is about Sivananda TTC in california.
If you are planning to take TTC, she 'll be translater any date.
I know some people who want to take TTC and they don't have any confidence in their English.

But!!
She can help them as karma yogi.
So please don't miss this opportunity!(she said like this.)

That's all !!

It's time to go out visiting Berkley to meet Gajananam-ji.
I haven't told him to visit because I want to be surprised him!

I''ll update the detail after coming back to Japan.

Have a wonderful weekend!

Ommmmmmmmmmm.
[PR]
by miyuki_om | 2009-11-20 07:49 | 【2009 Sanfrancisco】 | Trackback | Comments(0)