ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

カテゴリ:あんなこと( 211 )

チャネリングを終えて見えた景色

e0184598_17520834.jpg

バリ島から一時帰国中のしのぶさんのチャネリング・セッション、受け終わりました。

自分の抱えている悩みや不安、選択に迷う、ということはもうこの生活スタイルになってからほぼ無いので、しのぶさんを通じてわたしからのメッセージを伝えてもらうことから始めました。

その相手とは、シャスタ。

シャスタブログの最後にも書いたけど、シャーマンが儀式に使う聖水でクリスタルを浄化したり、手足を浸してしまったことに関して、謝罪の言葉を伝えてもらいました。

そうしたら、、、

「あなた達の行為によって、わたしの波動は何ら変わることはない。

万が一これから先、わたしに消滅が訪れるとしても、それはただそうなった、ということだけ。

わたしは、この場所から還っていく(戻っていく)だけなのです。

それよりも、あなた達は唄ってくれたではないですか。

わたしはその唄声によって、癒されたのです。

もし、わたしの怒りに触れた行為であれば、あなた達をはじいたはずだが、そうではなかったはず。

あなた達を受け入れたのです。

あなた達にアドバイスをした方というのは、この場の管理人のような人。
彼にも役割りというのがあるから伝えただけなのだ。」

と。

もうそれを一番最初に聞いただけで、号泣してしまいました。苦笑

滞在中、何かトラブルがあったわけでもなく。(帰りのサンフランシスコから成田までのフライトが7時間ほどdelayしただけだったし)

メッセージを受けて、妙に納得したのでありました。

シャスタの波動の一部とともに、日本に帰ってきたわたし。

その波動をわたしはまわりの人に伝えるような役目をシャスタから言い渡されたのです。

実はすでに、それは自分の中で具体的に決めていたことでもあるから、「それをやりなさい」ってことなんだと。

その姿がもうシャスタには見えているのだと。

それ以外にも自分のこれからの使命に気づかされた内容をたくさん降ろしてもらいました。

で。
セッション翌日の夢に、シャスタが出てきまして...

巨大なUFO雲と共に、車からシャスタを眺めているわたしと、誰か。


そして最後はしのぶさんから、エネルギーのチューニングも。

もうとにかく頭部が熱くて熱くて。

最初はしのぶさんが手をあててくれていたのだけど、後半は触れずに何かをしていて(布で目を覆っていたので何をしてたのかはわからない、、、)、頭の中、特に前頭葉がうねうねとぶるぶるとする!

しのぶさんは
「バルブを調整したからね」
と言っていました。

いわゆる自分のエネルギーの管の通りを良くしてくれるような感じ。

そしてぶるぶるしていた頭を触ってみると、、、

頭の中が小さくなっとるやないですかー!!

確かにスペースができたの感じる。

きっと、これが普通の状態なんだろうと思う。

最後はわたしの内側の何かが、肉体から出たがっているのを感じたのです。

肉体は横たわっているのだけど、浮きそうな、浮かないような、、、そんな感覚を行ったり来たり。

はぁー!おもしろかったー!

不思議なことたくさんあるけど、人間ってほんとに未知数で素晴らしい個体。



終わってから、しのぶさんが感じとったこと。

「あれ?この人(わたしのこと)、仲間だな。笑」

って。

同じ集合体にいる人だったってことがわかったらしいです。

しのぶさんとやっている事、役割も、外見も、何もかも一致することはないけど、なぜかしのぶさんの話題になることが多く、、、

そしてしのぶさんも、バリに居ながら私のことが頭に浮かんでくる日がよくあるみたい。



チャネリングのセッションを終えて見えた景色に迷いや疑いは一切なく。

そう思ったら、その日のうちに、周りが動き始めたのです。

そして、ここ1週間ほど練りに練りまくっていたカウアイ島リトリートも、セッション翌日にはキレイにまとまり、宿もフライトも、予約完了!

みなさんには、あと少ししたら告知できそうです。(日程は、下の今後のスケジュールに発表しています!)

もうこれは、前頭葉をうねうねと調整してくれたチューニングのおかげとしか思えない、、、

(前頭葉って判断や決断力にも関わる働きもあるからね)
e0184598_09255096.jpg


これから、わたしがやっていこうとすることに関しては、どうそれを言葉として伝えていくかが課題でもあるけど。

でもそれは、自分の好きなことであるから、わたしの性格上、俄然ヤル気がみなぎっていくわけでして。

ま、それも含めてカウアイ島リトリートでやろうと思っていたりするのです。

気になるでしょ。笑

はぁー、やっぱりわたしは唄っているだけでよい人なんだね!

アッパレ!笑




+++++++++++++++++++++++++++++++++

〈10月以降の県内外スケジュール〉
◉セミプライベート・ヨガクラス@yoga house Leela
※詳しくはこちら

◉10/6(金)7(土)9(祝月) 京都@FIVE ELEMENTS
ハルモニゥムWS arigato/Daphne Tse 
※詳しくはこちら

◉10/7(土) 京都@ヨガスタジオTAMISA
シヴァナンダ〜アーサナジャヤ・ヨガセッション120分
※詳しくはこちら

◉10/13(金) 三豊@暮らしの森BOUTON
夜のヨーガクラス
※詳しくはこちら

◉10/17(火) 高松@Kula yoga
シヴァナンダヨガ・ビギナー
※詳しくはこちら

◉10/20(金)21(土)12/3(日) 東京@sound8
ハルモニゥムWS arigato/Daphne Tse 
※詳しくはこちら

◉10/22(日) 
Diwali Kirtan Tokyo by Heart* Gathering
※詳しくはこちら

◉2018年2月22日(木)〜27(火) 《日本着28(水)》
唄と祈り・カウアイ島リトリート













[PR]
by miyuki_om | 2017-10-05 09:39 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

インナーグル

e0184598_18375878.jpg
「声」という奇跡的な楽器を通して、いつも学びと感動を体験させてくれる、このありがたさ。

ヨーガのアーサナもそうだけど、色々なチャレンジポーズに取り組んでみたその次は、基本のポーズの反復練習が、何よりの効果があると、実感するのと同じ。

それを声に置き換えると、今はロングトーンや、一音一音の発声練習の中に、教えや気づきがあることが多いのです。

なんてこったい!

自分の声が「グル」なんだということに気づいた喜び。

今さらながら、インナーグルの存在を感じています。

グルの「gu」は暗闇・無知、「ru」は取り除くという意味。

つまり闇から光へと導いてくれる指導者、尊敬すべき師をさします。

先日Full moon Kirtanのイベントでご一緒させていただいた、堀田義樹さんは毎日マントラ108回を唱えることを3年続けていたそう。

そういった基盤や基礎が源流となっているからこそ、今のキールタンの世界観が彼の声にのって現れているのだと思います。

素晴らしかったです。


そして、小さい頃。
兄の影響でピアノを通じて、音楽を染み込ませてくれた両親にも、今さらながら感謝がわいてきます。

中学生になって「バレーボール部に入りたい!」という私を止めてくれて、ありがとう。笑

おかげで合唱部に入部した私は、腹筋を鍛えられ、地味な発声練習の大切さを、その時すでに体験させてくれました。

さぁ、みんなも、もっともっと唄うことを人生に取り入れていきましょう。
e0184598_08380381.jpg

+++++++++++++++++++++++++++++++

〈7月以降の県内外スケジュール〉

7月セミプライベート・ヨガクラス@yoga house Leela
※詳しくはこちら

◉7/23(日) 香川・三豊@財田川リバーサイドパーク
早朝外ヨガ
※詳しくはこちら

◉8/26(土) 京都@TAMISA
シヴァナンダヨガ〜マントラと共に行なう太陽礼拝〜

◉8/26(土) 京都@トコ会館
VIVA LA MUSICA 音楽祭
※詳しくはこちら

◉8/27(日) 京都@TAMISA
・シヴァナンダヨガ
・声と唄のヨガ・キールタン

◉10/6(金)7(土)9(祝月) 京都@FIVE ELEMENTS
arigato収録曲/Daphne Tse ハルモニゥムWS

◉10/20(金)21(土)12/3(日) 東京@sound8
arigato収録曲/Daphne Tse ハルモニゥムWS

◉2018年2月
唄と祈り・カウアイ島リトリート




[PR]
by miyuki_om | 2017-07-13 08:36 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

今日という日

e0184598_09424648.jpg
2017年7月6日の本日は、1年の中でも大吉日。

一粒万倍日と天赦日、大安が重なるというから、何かワクワクしますな。

(一粒万倍日:一つのことが何倍にもなる日。
天赦日:天が全ての罪を許すという最上の日。
大安:何事も大いに安し)

と言っても、私は普段と変わらず、朝から昨日乾いていなかった洗濯物をたたみ、瞑想と呼吸法とアーサナのプラクティス。
そしてヨーガのクラスを午前中に終えて、今コーヒーブレイク中でございます。

とりわけ、ヨーガのクラスでたまたま「宇宙のエネルギーを味方につける方法」というトピックになったのだけど、今日のような吉日を意識して行動したり(特別なことじゃなくても)コミュニケーションをとったりすることで、自分の周りのエネルギーが動くようになるのは、もうたくさん経験させてもらった。

目に見えないエネルギーの方がこの世では多く存在していることに、たくさんの人が気づいていくと、もっともっと楽しく楽に生きられるはず。


そんなことを昨日ソウルメイトと、やりとりをしていました。

「全ては内側にあるから、目に見える社交はそんなに重要じゃない。」

というソウルメイトの言葉にも、納得。

それは大自然の中で暮らしていると、特に自然はそういう風に気づかせてくれるから。

カウアイ島で滞在した時に、感じたこととよく似ています。


たくさんの人と繋がろう、と拡大していくエネルギーの中に、何かが薄れて揺らいでいることってないのかなぁと、思うこと実はあるのです。

拡大するエネルギーに見合ったエネルギーが自分には備わっているのかなぁとかね。

人と共有する時間も、相手も、ちゃんと腹のうちに聞いて、選ぶようになってから、本当に会うべき人しか会わなく(合わなく)なってきました。

チャネリングのセッションでも、「人と繋がるよりも、自然と繋がる方が早いタイプね」と言われて、妙に納得した記憶。

そんなこんなで、いかに楽しく楽に(ケセラセラとはちょっと意味が違うよ)平和的にどう暮らしていくかを、いつも考えながら生きています。

Have a blissful day!!


+++++++++++++++++++++++++++++++

〈7月以降の県内外スケジュール〉

◉7/8(土) 香川・高松 @KULA YOGA
1周年ありがとうDAY
唄うヨーガ・キールタン
※詳しくはこちら

◉7/9(日) 京都@FIVE ELEMENTS
Full Moon Kirtan堀田義樹×miyuki
※詳しくはこちら

◉7/23(日) 香川・三豊@財田川リバーサイドパーク
早朝外ヨガ
※詳しくはこちら

◉8/26(土) 京都@トコ会館
VIVA LA MUSICA 音楽祭

◉8/27(日) 京都@TAMISA
・シヴァナンダヨガ
・唄と音のヨーガ・キールタン





[PR]
by miyuki_om | 2017-07-06 13:22 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

summer solstice

e0184598_18055506.jpg

太陽ピッカピカ!ではなかった、今年の夏至。

わたしは鳥取の米子にいました。

台風の前かのような強風が吹き荒れたり。
そして曇り空から、一瞬太陽が覗き見えたり。
かと思えば、突然の雨!

色んな空模様がめまぐるしく移り変わる中で、天からのエネルギーと、大地からのエネルギーが身体のなかで駆け巡る。駆け巡る。

夏至は、行動、拡大、新しい芽吹きや成長という陽のエネルギーが最高潮になる日。

そう、わたしも朝4時に起きて、始発で米子へ向かい、いくつかのワークを受けさせてもらって、そこでキールタンをシェアしてきました。

夕方からは岡山へ。

と、いつものゆったりの日常と比べて、こんな行動的なスケジュールに、勝手になってしまったという。

だけど、上からも下からもエネルギーをちゃんと受けとっていくワークをすると、自分に全く無理することなく、足取りも、心も軽やかであります。実に。

そしてね、上と下のエネルギーを上手に自分のなかで取り入れると、横のスペースも広がっていく。

そう、人と人との関わりがとってもスムーズになっていくのです。


3曲のキールタンを唄うためだけに、米子に行ってきたわけですが、そこの前後のストーリーや自分の中で感じたエネルギー、人とのご縁も含めれば、わたしにとって有難い報酬とも言える時間でした。

それぐらい、キールタンはわたしにとって、突き動かされるものなのであります。


さぁ、今週土曜日は、新月&一粒万倍日。

こういった、月や季節の暦を意識して暮らしてみると、小さくても発見がたくさんあるものです。

宇宙を旅する感じ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
〈6月以降の県内外スケジュール〉

6月セミプライベートヨーガクラス@yoga house Leela
※詳しくはこちら

7/4(火)香川・高松@Kula yoga
シヴァナンダヨーガビギナー
※詳しくはこちら

7/8(土)香川・高松@Kula yoga
1周年ありがとうDAY「唄うヨガ・キールタン」
※詳しくはこちら

7/9(日)京都@FIVE ELEMENTS
Full Moon Kirtan with 堀田義樹×miyuki
※詳しくはこちら

7/14(金) 香川・三豊 @暮らしの森BOUTON
夜のキャンドルヨーガ
※詳しくはこちら

7/23(日)香川・三豊@財田川リバーサイドパーク
早朝外ヨガ
※詳しくはこちら

8/26(土)京都@トコ会館
夏の音楽祭!





[PR]
by miyuki_om | 2017-06-21 18:18 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

セッションという名の整体

e0184598_09390914.jpg

射手座の満月話しの続き。

以前にもブログで紹介したゆうさんのセッションを、京都滞在の合間をぬって受けてきました。

いやはや、素晴らしかった。

ゆうさんは紐解きをするように、痛みの出発点を辿っていく過程が好きらしい。

わたしの友人で、紙フェチの子がいるんだけど、
「わたし、紙を触りながら、お酒飲める!」
って言ってたのを、なぜか思い出してしまった。笑

右の首あたりのつまりが、なかなかとれなくて相談したら、左足の指からほぐし始め、、、セッションのほぼ半分は左足中心に集中してました。


調整してもらっている間、
「ひゃー、気持ちいいなぁ。」
と思っていたら

「気持ちいいねぇ。」

と、わたしと同じタイミングで彼も言っていていて、施術しながらも受けている人の身体と同調しているのだとか。

彼も言ってたけど、なぜか整体という言葉がどこかしっくりこない彼の施術。

「セッション」って呼ぶ方がいいのかも、と言っていたけど、まさにそんな感じです。

今回はしょっぱなから内臓がおもしろいほど動いていて、内臓たちがよく喋る、よく喋る。

特に腸。

腸が踊らされていました。笑

セッションが終わり、しばらく寝たままの状態でリラックスしていると、なぜかふつふつと笑いがこみ上げてきました。

にまにま。

自分の感情と意図していないところから、その笑いの感情がでてきているような。

これは「わたし」が笑っているんじゃなくて、腸が笑ってる、と自然と思えてきました。


最近のヨガクラスの中で、ちょうど伝えていた内容とリンクしました。

お腹は感情が溜まるところで、特に「怒り」

怒りが溜まるから、お腹まわりが硬くなっちゃって、前屈しても、お腹が伸びずに腰が丸くなるんだよー、って話をシェアしたところ。

セッションしてくれたゆうさんも、そのことは知っていて、「怒り」から解放されたから、笑いが溢れてきたんじゃないですか、って。

それ、すごく腑に落ちました。


セッション直後は、ふわふわした感覚なのだけど、少しずついつもの感覚に戻ってき始めたら、

あ!

と言いたくなる違いや効果がわかってくるのです。

おかげで首も何もなかったかのように、元どおり。

しかも身体の中に風が通るスペースも感じる。

そうやって、本来身体があるべき方向に落ち着くと。

ここ最近、宙に浮いたままになっていたいくつかの事柄が、パズルがハマっていくように、次々と解決。

わぉ。


わたしと同じく、花や木々など植物に話しかけ、自然とコミュニケーションしている彼のセッションという名の整体。
気になる方はこちら


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
〈6月以降の県内外スケジュール〉

6/16(金) 香川・三豊 @暮らしの森BOUTON
夜のキャンドルヨーガ
※詳しくはこちら

6/21(水) 鳥取・米子 @はなあみ
Peaceful Yoga Days
※詳しくはこちら


6/22(木) 岡山・牛窓 @ホテルリマーニ
国際ヨガデー・ヨガムドラ
朝のハタヨーガ、キールタン
※詳しくはこちら







[PR]
by miyuki_om | 2017-06-11 22:28 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

射手座の満月

e0184598_09423306.jpg

こんにちは。射手座の女です。

昨日の満月は、射手座の満月だったらしく。

自分の星座の満月って、ドストレートに影響を受けるものなの?

ここ5年ぐらい、ずっと新月にあわせてやってきていたマイムーンデー。

それが昨日の満月にピタっと始まりました。

女性ならわかるかもしれないけれど、これって小さくガッツポーズしたくなる。

新月にあわせてやってくる月経のときは、身体がとにかくデトックスしたい時。

骨盤も閉まりやすい新月だから、出そう出そうとしても負担があるようで、下半身がだるく感じる。

逆に満月の場合は、女性として健康的に過ごせているという証なんだとか。


そういえば、あの子どーしてるかなーって気になっていた人に道でバッタリ会うこともできた。

しかも2人。

でまた、そのうちのひとりの子が着ていた服が、わたしが昔あげた服だったっていう、そんな必然の再会も起こったし。


射手座の満月って、星座の性質のごとく「自由」「旅」「哲学」「楽観的」「未来志向」など。

理想の未来や夢に向けて、一直線に矢を放つパワーってとこかな。

矢を放つ前までは、的をじーっと見据えて、今か今かとその「瞬間」を待っているのです。

こう書いてみると、ハンターみたいだね。笑

それが今回の満月によって、全体的な調和や統合となるらしい。


世間はピンクムーンなんて騒がれていたけど、そういうのには、逆にテンションあがることはないのです、わたし。苦笑

月は月。

そのもの存在は、毎日見ている月に変わりはないですからね。

みんな、すてきなフルムーンデーを過ごしたかな。




[PR]
by miyuki_om | 2017-06-10 22:57 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

珈琲から始まるストーリー

e0184598_15501082.jpg

自分の生活のなかでのコーヒーとの関わりを、お話ししたことが、きっかけに、新しい試みが始まりそうです。

一時期、コーヒーを飲むことやめていたこともあったけど、あの珈琲のアロマに負けて再び飲み始めたっていう。

ほんとずるいよね〜
煎りたてのコーヒーの香りったらね。

飲むよりも、ふがふが香りをかいでいる方が好きなんじゃないか、って思うほど。

月に1度、暮らしの森・BOUTONさんでヨガクラスをさせてもらっていますが、そこのカフェで出している「あめつち珈琲」の白川さんに、

「カフェインレスのコーヒーって出さないんですか?」

と聞いてみたところ。

「コーヒー好きな人にしたら、カフェインレスってコーヒーじゃないんだよね。。。」

と。

マイムーンデーのときはカフェインの入った飲み物を避けて、穀物コーヒーやハーブティーを飲んでいたけれど、カフェインレスコーヒーをあるお店で飲んだとき。

え!普通のコーヒーと言われないと全くわからんやん。

というのが正直な感想。

それを、あめつち珈琲の白川さんに説明したところ、、、

「じゃあ、一度仕入れてみましょうか!」

と、とんとん話しに。


ということで、先日、焙煎が完了したよ、っと連絡が入ったので、飲み比べの試飲に行ってきました。

臭覚は、人並み以上にあるわたしだけど、コーヒーの味比べは、人並み?
おそらく普通です。

まぁコーヒーって、好みがわかれるけれど、試飲した結果、完全にわたし好みで決まりました〜

妊娠中や授乳中のママさんにもカフェインレスコーヒーなら、安心して飲めますしね〜。

夕方以降にコーヒー飲むと、わたしの場合寝つきが悪いのだけど、カフェインレスなら気兼ねなく飲めちゃう!

近日中に、みゆきプロデュースのカフェインレスコーヒー、発売予定です◎

yoga houseでも販売するので、お楽しみに!

自分が日常で意識していることが、まさかのこんな風に始まっていくとは。笑


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
〈6月以降の県内外スケジュール〉

6/16(金) 香川・三豊 @暮らしの森BOUTON
夜のキャンドルヨーガ
※詳しくはこちら

6/21(水) 鳥取・米子 @はなあみ
Peaceful Yoga Days
※詳しくはこちら


6/22(木) 岡山・牛窓 @ホテルリマーニ
国際ヨガデー・ヨガムドラ
朝のハタヨーガ、キールタン
※詳しくはこちら








[PR]
by miyuki_om | 2017-06-08 15:13 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

今年もやってきた

e0184598_11493522.jpg
一週間前ぐらいから、喉に違和感を感じてから、微熱が数日続き、、、

そして微熱が下がったと思ったら、ヒューヒュー言いながらの空咳。

風邪じゃないってことは、身体で感じています。

原因はわかってますの。

PM2.5ね。

黄砂の時期が終わり、PM飛来量がぐっと増えたちょうどその日から症状が始まったし、

去年の同じ時期に同じ症状。

去年は、三週間経過した頃に、ある日ピタッと空咳がなくなり、PMも同じ頃になくなってました。

喘息のような咳と、やっぱり呼吸が浅く、話す時間が長くなると、胸が苦しい。

あと少し我慢すれば、この空咳も無くなることはもうわかっているのだけど、なんせクラスがあるし、月末にはキールタンもある。。。

もう、チャイナめー!!

と最初は憤慨してましたけど、思ったところでどうすることもできないので、喘息に効くと言われているマツヤアーサナ(魚のポーズ)を毎朝長めにホールド。

とはいえ、慢性化しないように、大嫌いな病院へ泣く泣く足を運ぶことにしました。

内科に行くなんて、最後に行った記憶がいつかわかならいほど前で・・・

聴診器をあててもらう時に、思いっきり服をめくりあげたら

「服はそのままでいいですよ。」

なんて言われて。笑

最近の聴診器は服の上からでも診察できるとな!

診断結果は喘息まで至っておらず、肺はきれいです、と言われたのだけど、喉が炎症を起こしているらしい。

(↑絶対PMのせいでしょー。)




今の時期、周りの人も喉に違和感を感じている人、多いみたい。

(寒い時期に海外へ逃避行するよりも、この時期日本から離れた方が私にとっては良い気がする・・・)

人よりも身体への反応がすぐに出ちゃう敏感な私は、大変なのだけれど、まったく正直だなぁ〜と思えるのです。

身体に溜め込んで症状が出ないよりも、出すことができる身体の方が良いからね。

炎症を起こしているから、体はなるべく温めないように、と言われて。

(温めると、咳が出やすくなるみたい)

年中体を冷やさないように、気をつけているので、どうしたもんかなー。

と思いつつ、大切な大切な喉のことを思うと、今回は素直に医者の指示に従ってみるかなぁと思っている次第・・・



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5月以降のスケジュール

・自宅プライベートヨガクラス 香川・高松@yoga house Leela
5月のスケジュールはこちら

・5/16(火) 6/6(火) 香川・高松@KULA yoga
シヴァナンダヨガ・ビギナー
※詳しくはこちら

・5/26(金) 6/6(金) 香川・三豊@暮らしの森BOUTON
朝と夜のヨーガ
※詳しくはこちら

・5/29(月) 香川・高松@yoga house Leela
ヨガwith シタールの音色
※詳しくはこちら

・6/22(木) 岡山・牛窓@ホテルリーマーニ
国際ヨガデー・ヨガムドラ
朝のハタヨーガ〜マントラと共に行う太陽礼拝〜
キールタンクラス
※詳しくはこちら









[PR]
by miyuki_om | 2017-05-15 16:57 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

仕事と好きなことの関係②

e0184598_14224648.jpg
引き続き、ホームランを打った気分の記事をシェアします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

仕事をする

人生の中でこれほど、やる気が出ず、モチベーションの上がらないことはないよね。

でも、世の中の大多数の人は、1年365日の内の70%〜80%の日を「仕事をする日」にしている。

しかも朝から夜まで。

それで残ったわずかな休日に、好きなこととかカラダのケアをするんだと。

限りある人生、この時代に、もうそんな使い方しなくても充分に生きていけるんじゃないか?

もっと遊んだらいいよ。

本気でね。笑

自由になる=起業・独立する

って思ってる人も多いかもしれないけど、そういう考えももう古い。

そんなことは本当はどうでも良いし、そもそも、職業だけではその人を判断できない。

一番大切なのは、その人がどんな意識でその仕事をしているかということ。

好きで好きでたまらないことをやっているのか。

やることが全く苦にならないことなのかどうか。

それが大事。

休日が楽しみ?

毎日早く家に帰りたい?

そんな仕事しているなら、もう今すぐ辞めちゃいなよ。

時間がもったいないよ!

※ただし、全ては自己責任で。笑

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回は、結構辛口な言葉で書かれているものなので、イラっときた方もいるかもしれません。

でも、言いたい本質は、この記事の前にログした西野くんと同じことだと思います。

収入面のことを優先に考えながらだと、私が今やっていること、そして私のスローな仕事ペースでは生計は成り立ちにくいもの。

とにかく「仕事」というカテゴリーを超えて、やっている内容、これからやってみる内容がワクワクすることが私の場合は第一優先。

そうじゃないと、「本気」が出ないんだよね。

逆にいうと「適度にやる」っていうことができないってこと。

そして「限りある人生」という言葉を耳にすると、こうしちゃいられない!って気持ちになることは、まだまだ自分で抑えながら生きている部分があるって証拠。

もっともっと軽やかに。

好きに生きよう。









[PR]
by miyuki_om | 2017-05-09 10:18 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

仕事と好きなことの関係①

e0184598_22245110.jpg


(※ちょっと今日は長いです)

十人十色。

仕事への考えや価値観は、同じ独身女子(女子という年齢でももはやないけれども)でも人によってずいぶん違うもの。

今世間を賑わせている絵本作家、西野くんのブログ記事を何気に読んでみたときのこと。

ものすごく正直にブレずに生きている彼の仕事への想いがわたしの心にどんぴしゃ!と、ホームランしたのでシェアします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++


【好きなことで、生きていく】

YouTuberよりも"好きなことで生きている"西野でございます。
おはようございます。


幻冬舎の舘野さんと袖山さんとの出会いは10年ほど前。

当時、このままテレビを続けていても自分は何者にもなれないことが分かり、
「絵本でも描いてみるか…」
と急ハンドルをきったばかり。

お笑い同様、他人から求められて始めたわけでもないので、
「どうせ作るなら、自分が好きなモノを徹底的に作ろう」
と決めました。

『こんなものがウケる』というモノには興味がありませんでしたし、そんな"得体の知れないマーケティング"に身を委ねるのは嫌だったので、とにかく"自分が好きなモノを作ろう"と。

なにより、

これは今でも大切にしていることなのですが、
『自分は少数派かもしれないけれど、特別ではない』
という気持ちが常にありまして、僕が特別な人間でないならば、僕が好きなモノを同じように好いてくれる人は世界のどこかに確実に存在するハズだと。

たとえ、それが100に一人であろうと、日本人全員(1億3千万人)に届ければ130万人には面白がってもらえますし、世界で見ると、もっともっと。

"僕の好きなモノ"の市場はとてつもなく大きいと確信し、絵本制作をスタートさせました。

絵本制作から2年がたった頃、
「そろそろ出版社を決めたらどうだ」
と番組プロデューサーに連れられて、その時に、幻冬舎の舘野さんと袖山さんとお会いしました。

「西野さんは何をしたいのですか?」
と訊かれたので、30分ほどかけて絵本の構想と未来の話したら、
「絶対にウチでやらせて!西野さんが思うように作ってもらっていい!他でやったらボク、自殺するから!」
と舘野さん(笑)。

一方、その裏で暗躍していたのが僕の当時のマネージャー。

なんと別の出版社にもキングコング西野の絵本出版の話を持ちかけていたのです。

「より条件の良い方と…」という狙いがあったのでしょう。

そこで、絵本最大手の出版社から
「子供は丸くて、色があるものが好きなので、絵のタッチをもう少し柔らかくして、色を付けていただけるなら、ウチで」
と言われたので、2秒でお断り。

理由は、子供がそれを好きでも、僕と子供時代の僕がそれを好きじゃないので。

そこから、ただ構想を語っただけで何の実績もない人間に好き勝手やらせてくれる幻冬舎さんとの二人三脚の絵本作りがスタートしました。

ちなみに、吉本興業も(他の芸人さんはどうか知りませんが)かなり自由にやらせてくれます。


絵本『えんとつ町のプペル』の発売以降、いろんな仕事の話をいただきます。

昨日も、大きな仕事の話をいただいて、ウチのチーフマネージャーを交えて、あれやこれやと打ち合わせ。

面白い仕事になりそうだなぁと思い、帰宅後すぐに、ラフの"ネタ"(それが何かは伏せさせてください)を提出。

さっそく、「ここはこう変えてください」と注文が入り、「なるほど、そうかそうか」と手直しに入りましたが、すぐに
「いやいや、俺、誰に届けたかったんだっけな?」
「俺、誰に届けることしかできないんだっけな?」
と我に返り、お断りすることにしました。

マネージャーにもオンラインサロンの皆にも「もったいない!」と言われましたし、
こんなことをすると「ワガママだ」「仕事を選ぶな」だの何だの言われるのですが、つまるところ、"自分が好きでもないことで結果を出すほど自分には才能がない"といったところ。

とても魅力的な仕事でしたが、今回は縁がなかったということで。

クライアントさんの注文を聞きすぎると、クライアントさんは喜びますが、僕の作品ではなくなってしまいます。

つまり僕と同じ趣味を持っている人達を喜ばせることができなくなってしまいます。

それに、そもそも、"好きなことで生きていける"と信じて、この世界に飛び込んだので、これからも好きなことだけに時間を使っていこうと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

相手に合わせる仕事をしない、という西野くんのスタンスに、ホームランを打った気分になった私。

自分に置き換えると、ヨーガのガイドを始めた頃にぶち当たった壁と重なりました。

来てくれた人みんなに、ヨーガの素晴らしさが伝わりますように、と。

ひよっこ当時は、願いながらやっていました。

今思えば、なんて押しつけがましいことなんだと。

一度クラスに来て、それからぱったり来なくなった人に対して

何か物足りなかったのかな、とか

説明が足りなかったかな、とか

あれやこれや、勝手に妄想したりして、ヨーガのクラスの内容を、自分らしくない方向に変更したときもありました。

でもたいてい、そういう時のクラスは言葉につまり、結局のところ薄っぺらいクラスになってしまうのですね。

そういうことを一度経験してから、自分を軸にしながら、自分が伝えたいこと、何を生徒さんに感じてほしいか、ということに重きを置くようになりました。

で、あとはわたしが伝えた言葉や内容を、どう生徒さんが感じるかは、生徒さんに任せる。

違和感や、???であれば、たぶんもうクラスに来てくれることはないと思うけど、そこに執着しない。

その人の選択だから。


あるインドの古典的流派のヨガスタジオでキールタンをすることになったとき。

「インドのアシュラムで唄うようなキールタンの曲を最近は唄ってないのですが、いいですか?」

とスタジオのオーナーに尋ねてみたところ。

「参加する方の中には、アシュラムでのキールタン唄いたい人がいるから、3曲ぐらいは唄ってくれません?」

と言われ。

その場は「わかりました〜」

と返事をしたのだけど、当日は1曲しか唄いませんでしたけどね。笑

やっぱり自分らしいキールタンの色が唄いたい曲じゃないと出せないんだよね。


東京の某有名スタジオ主催で、キールタン講座開催の依頼が数年前にあった時も、考えることなくその場で断りました。

だってさ、そのスタジオは講師をモデルのように見立てて宣伝するようなところだったから。

いやいや、わたしは自分を売りたいわけじゃなく、キールタンを純粋に伝えたいだけだからね。

わたし、そんなキャラクターじゃないし。
まして、講師としてイベントに呼ばれた時でさえ、受けに来た参加者だと間違われるぐらいですから。笑


わたし自身が好きと思う人を通して、好きだと思える場所で、そして好きなことを自由にさせてもらうこと。

それがわたしにとっての仕事の価値観。


西野くんの言わんとすることは、そういうことなんだと思います。





[PR]
by miyuki_om | 2017-05-07 14:40 | あんなこと | Trackback | Comments(0)