ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

カテゴリ:eat!!( 41 )

ポキとコーヒー

e0184598_14022069.jpg

この時期になると、みんな上を見上げながら歩く人が多くて。

そんな光景を見るだけでも、うれしくなります。

桜。

咲く。


いつも通っている道に、桜が咲いているのを見つけて、

ほんとは桜の樹が植わっていたことに気づいたりしてね。

そして、今まで気づいてあげられなくて、ごめんね、と。



先日から、幸せの連鎖は続いています。

カウアイ島で一緒に過ごした友人宅に招いてもらい、カウアイ島の滞在中によく食べていた料理・再現の会を開きました。


e0184598_14022106.jpg

ポキです!

I love ポキ。

この日は2種類のポキを友人が作ってくれました。
(わたしは、材料切る係ね。笑)

茹でタコと大葉のポキ

サーモンとアボガドのポキ

どちらも、旬の新玉ねぎを入れたら、びっくりするほど美味しくなりました。

醤油、みりん、摩り下ろしにんにく、ごま油で和えるこのポキは、日本人の舌にもぴったりなハワイアンフード。

夏には茗荷いれたら、さらに最高だろうな。

もはや、ハワイアンでもないけど、、、



人生って、何がきっかけになるかわからないものです。

カウアイで一緒に過ごしたこの友人。
実はコーヒーが飲めない人だったのですが。
(オーレのように、ミルクで割ったものなら飲める人でした)

カウアイ島で滞在していた家の冷蔵庫に、前の人が残していったライオンコーヒーを、試しに飲んでみたのがきっかけで、帰国してからというもの、コーヒーにハマって毎日飲んでいるらしいのです。

しかもハマり方が、今まで飲めなかったのが嘘みたいで、、、

例えば、ステンレスフィルターでドリップしたり。

常時何種類かのコーヒーがストックされて飲み比べしていたり。

さらには、コーヒー豆の等級についても独学で調べていたり。

コーヒー屋さんはしご、とか。

で、3年後には、ハワイのコーヒーを出す、ちいさなカフェをオープンするビジョンまでイメージしているっていうから、聞いていたわたしまでわくわく!

実はハワイのコーヒーを調べているうちに、カウアイコーヒーをだしているカフェって日本でほぼない事を知り、(ハワイ島のコーヒーの方が有名だからね)カウアイコーヒーに限定して出したら面白いかも!という発想に繋がったのも、実際にカウアイコーヒーに触れたからこそ。

イイね!

めっちゃイイよね!

わたしよりも、年齡は10歳上で人生の先輩でもある人が、思い描いているビジョンにむけて動き出そうとしていることに、とても勇気をもらえます。

カフェで、ポキ丼も出してほしいなぁ〜

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

4月以降のスケジュール

・自宅プライベートヨガクラス 香川・高松@yoga house Leela
4月のスケジュールはこちら

・4/14(金)、5/26(金) 香川・三豊@暮らしの森BOUTON
朝と夜のヨーガ
※詳しくはこちら

・4/18(火) 香川・高松@KULA yoga
シヴァナンダヨガ・ビギナー
※詳しくはこちら

・4/22(土)、23(日) 香川・高松@yoga house Leela
祈りと唄2days〜マントラ&キールタンWS
※詳しくはこちら

・5/5(祝金) 東京・東中野@a place to play
縁むすびキールタンin お江戸

・5/29(月) 香川・高松@yoga house Leela
ヨガwith シタールの音色














[PR]
by miyuki_om | 2017-04-08 13:25 | eat!! | Trackback | Comments(0)

Thai キュイジーヌ

e0184598_14451781.jpg

知人からレモングラスを1本株分けしてもらったのが、今年の春。

夏には他の植物や花を征する勢いで、わっさわさに育ち、、、

ついには、母に

「もう、手に負えないから抜いてもいい?」

と言われるまでに育ちすぎたので、ようやく手をつけることにしました。

レモングラスは葉の部分はお茶にできるし、根元から茎の部分は料理に使えます。

特にタイ料理!

実はインド料理よりも、わたしタイ料理の方が得意のようです。

といっても、タイ料理はインド料理ほど複雑ではなくて、

ナンプラー、酢(レモン)、砂糖、チリ、にんにく、

があれば、たいていそれらしい味になりますからね。笑

あと、レモングラス、こぶみかんの葉、パクチーがあれば、さらに本格的な味に。

今回はつくね刺しと、あとはパクチーフライドライスを作ったのだけど、フライドライスはほぼパクチーでお皿が埋め尽くされていたので、写真なし!

パクチーが口いっぱい♡

幸せなタイ料理の食卓でした。


『 タイ風 レモングラスのつくね刺し 』

〜 材料 〜

・水切りした豆腐1丁
・えび2尾
・おろしたレンコン1/2本
・レモングラス5、6本 (根元から15㌢ほど)
・白ねぎ1/2本
・こぶみかんの葉2枚(なくてもオッケーです)
・片栗粉 大さじ2
・チリソース(わたしは家にあったコチジャンで代用) 小さじ1
・おろししょうが
・塩、胡椒
・オイル 適量

〈つけダレ〉
・ナンプラー
・甜菜糖 または メープルシロップなどの甘味料
・レモン汁 または お酢


〜 作り方 〜

①こぶみかんの葉をお水に浸水させ、やわらかくなったら筋をはぶいて、みじん切りに。

②材料全部混ぜ混ぜ。
ゆるいようなら、パン粉を入れて調整します。

③レモングラスに、ぐるりとたねを巻きつけて、多めのオイルで揚げ焼きに。

④つけダレの材料をすべて同量で混ぜて、どうぞ!
辛いのが好みの方は、唐辛子などプラスして。
スイートチリソースで食べてもGOOD

※こぶみかんの葉は、カルディで「ライムリーフ」としてドライ状のもので売ってます。

※ココナッツフレークを入れたり、揚げ焼きのときココナッツオイルに変えると、よりタイ!って味になります。
ただ寒い時期はあまり陰性の強いココナッツ系を入れちゃうと、身体を冷やすのでオススメできません。

※本来のタイ料理では、豆腐ではなく、白身魚を細かくたたいて、使用してますが、白身魚って以外と高価なんですよね、、、ニッポン。




[PR]
by miyuki_om | 2016-11-13 14:28 | eat!! | Trackback | Comments(0)

白い王妃と徒然なるままに

e0184598_19394856.jpg

早くも新米、いただきましたー!

2年ぶりに「ミルキークィーン」という高級米の、しかも新米を。

男子中学生並みに、おかわり連発。

このミルキークィーンというお米は、むちっとした粘り気があって、つややか。

冷めても美味しいらしいです。


ところで。
炊きたてごはんをたくさん食べられる一品って、なんでしょうね。

わたしは、梅干し、海苔の佃煮、鯖の味噌煮ってとこでしょうか。


どうしよう、食欲の秋がすぐそこまでやってきてます。

ばっちこーい!食の秋!


さて、秋を目前として、日々の生活にフォーカスしすぎて、なかなか先の計画や行きたい場所、やりたいことなどが、ぽやんとした状態の最近です。

今日のヨーガのプラクティスは何しようかな。

ごはん、何作ろうかな。

ハルモニゥムでこの曲久々に唄ってみよう。

今日は何を断捨離しようかな。

どこを掃除しようかな。

と、たいしたことではないのですけれど、そんなことをその日その日思っていたら、2ヶ月先のことが、半年先のことのように思えてくるほど、、、

わたしのようなライフワークをしている人種にとってはある程度、集客あってのお仕事ゆえ、前もって告知や情報提供が大事なわけでして。

あはは

なんて、呑気に笑っている場合じゃないのでしょうけど。

我ながら丁寧に暮らしてはいるけれど、それなりに待ってくれている人もいるわけで。

だけど、今はもう時代が変化している最中。

計画していても、急速な流れが世の中、というか宇宙をとりまいているので、変化球が起こりうるのです。

だからこそ、それぞれの人たちのインスピレーションやアンテナがピピっと働いたら、集まってきてくれるのだろうと思います。

で、タイミングが合わない、波動が合わないときは、集まらないですしね。

秋はどこでもたくさんのイベントが目白押し。

インスピレーション大切に、みなさんもわくわくする選択、行き先をつかんでくださいねー

というわけで。

9月から10月にかけてのイベントのお知らせ、そろそろアップしますので、ピピピッとどこかで鳴ったら、日本のどこかで会いましょう。





[PR]
by miyuki_om | 2016-08-25 20:40 | eat!! | Trackback | Comments(0)

続: 毎日のおやつ 夏編

e0184598_17331974.jpg

暑い〜 幸せ〜

残暑お見舞い申し上げます。

一ヶ月もしたら、この暑さもないのかと思うと、すでに今からしんみりしちゃうのですけど、、、

夏はとぅるんとした舌触りの葛ゼリーなんてものをおやつに作っていますが、今日紹介する甘酒シャーベットもおすすめ。

朝のうちに準備しておくと、午後の暑いときに美味しく食べられます。

『 甘酒シャーベット 』

〜 材料 〜

・甘酒
・豆乳
・きなこ、黒すりごま、抹茶パウダーなど
・クコの実などのドライフルーツ(お好みで)

〜 作り方 〜

① カップに、甘酒と豆乳を同量をいれる

②きなこなどお好みのパウダー状のものを小匙1程度、クコの実数粒いれる

③ 全体をよーく混ぜて、冷凍庫に4時間以上冷やして、できあがりぃ〜


完全にカチコチにはならず、フラペチーノ風のやわらかさです。

甘味料を加えなくても、甘酒のあまさで充分満足!









[PR]
by miyuki_om | 2016-08-22 16:49 | eat!! | Trackback | Comments(0)

続 : 毎日のおやつ

e0184598_13415809.jpg

家ではなるべくグルテンフリーの、甘味料のないおやつを食べたくて。

今のところ、炒り玄米、素焼きナッツ、そして高野豆腐ラスクをちょいちょい食べてます。

粗食、しあわせや〜

珈琲はね、やめられないですけど...

『高野豆腐ラスク』

〜材料〜

・高野豆腐1枚
・塩ひとつまみ
・ブラックペッパーひとつまみ
・ドライハーブ(オレガノやバジル、パクチーなど)ひとふり
・エクストラバージンオリーブオイル大さじ1

〜作り方〜

①高野豆腐を水で戻したあと、しっかり水気をしぼり取る

②薄くスライスする

③塩、ブラックペッパー、ドライハーブ、オリーブオイルを高野豆腐にあえるようにして混ぜこむ

④180度に予熱しておいたオーブンで、180度40分焼いて、できあがり!

※粉チーズをふりかけたり、あと甘いのが好みの人はきな粉&黒蜜、ココナッツフレーク&メープルシロップ、純ココア&きび糖&豆乳などアレンジ無限大です。



++++++++++++++++++++++++++++++

7/12(火) 高松 KULA YOGA flow arts
シヴァナンダヨーガ
19:30〜20:45
※新しくオープンする高松のヨガスタジオで月1回夜のクラスを担当します。
詳しくはこちら

7/18(祝月) 岡山 ハマはうす
キールタンWS
~キールタンの基礎知識から、本来の自分の声を探るヴォイスワークまで3時間にわたる音の旅~

7月 香川 yoga house Leela
自宅スペースでのゆったりヨーガクラス














[PR]
by miyuki_om | 2016-07-12 14:38 | eat!! | Trackback | Comments(0)

半断食

e0184598_15481569.jpg

3日間の半断食を終了しました。

これから始まる関西でのワークにむけて、すっきりとクリアな状態で挑みたくてね。

わたしが行った半断食のルールとは、

古代餅のみを食べること

お白湯飲むこと

以上のシンプルな内容です。

完全断食じゃないから、気分的に楽〜

気温も涼しかったから、お白湯も美味しくて楽チ〜ン

この半断食に入る3日前から、砂糖と小麦を摂取するのをやめてからスタートしました。

3日間のうちに食べていた古代餅というのは、完全栄養食とよばれている玄米に古代米を入れたスーパーフード。

もちろん、農薬や化学肥料を一切使わず、土や水の自然のチカラだけで育てられたお米。

しかも栽培に必要な水は山から直接パイプを敷いて、くん炭を置いたりと、最良のお水のようです。

わたしが住んでいるところからも近い徳島の佐那河内村産という点も、今回やってみようと思った理由のひとつ。

1日目: お餅といっても、プチプチとした食感があるので、ゆっくりと噛みしめながら食す。
起床時と午後2回、どっさり排泄。

2日目: 料理を作ることは好きだけど、作らなくてもよいと思うと、こんなにも時間にゆとりができるものかー、となんだか得した気分。
海塩を古代餅に少量加えて、食す。
朝はいつものように排泄、お昼にもまた排泄。

3日目: 午前中散歩して帰ってきたら、急激にお腹が空いて、さぁ大変...
お腹(腸内)は常に動いているみたいで、きゅるきゅると頻繁に鳴ってました。
さすがに、畑で採れるフレッシュな野菜を食べたくなりました。
お昼前と午後に排泄。

3日間を終えて、宿便らしきものはまだ出てないみたい。

まぁ、なんといっても身体はいつも軽く、ヨーガのプラクティスのとき、いつも以上に集中できたこと。

ちょっとした瞑眩反応として、皮膚湿疹がでたことかな。

普段の食生活で、積極的に発酵食品をとったり、添加物を避けたりしていることもあるからか、すごく劇的な変化や結果はなかったけど、この古代餅の排泄力には正直驚きました〜

あとはお腹空くと、眠たくなるという発見。
現実逃避したくなるのでしょうかねぇ...笑


さぁ、すっきりしたところで、あとは唄いに唄うのみ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++
7月のWS&イベントスケジュール

7/3(日)京都 安楽寺
HANGE SHOU/半夏生1Dayリトリート

7/4(月)京都 壺沙
新月のキールタン音楽会

7/5(火)~8(金)関西エリア
ハルモニゥム個人レッスン
※全日満員御礼となりました。

7/9(土) 京都 ヨガスタジオFive Elements
キールタンのリード&ハルモニゥムWS
※定員に達しました。

7/12(火) 高松 KULA YOGA flow arts
シヴァナンダヨーガ
19:30〜20:45
※新しくオープンする高松のヨガスタジオで月1回夜のクラスを担当します。
詳しくはこちら

7/18(日) 岡山 ハマはうす
キールタンWS
~キールタンの基礎知識から、本来の自分の声を探るヴォイスワークまで3時間にわたる音の旅~

7月 香川 yoga house Leela
自宅スペースでのゆったりヨーガクラス
















[PR]
by miyuki_om | 2016-07-02 11:22 | eat!! | Trackback | Comments(0)

毎日のおやつ

e0184598_15183752.jpg


どうしてくれよう。

つまみ食いがやめられない・・・


友人が、前々から教えてくれていた「炒り玄米」


コツなど何もないのですが、クッキーよりもせんべい派、という方にはおうちで簡単に作れます。

手順その1:玄米を洗う

手順その2:フライパンでカラ炒りする

火加減は中火で15分ぐらいかな。
焦げないように、つねにかき混ぜます。

以上!

途中、「ポンポン」と音がしてきます。

が、もう少し辛抱して、炒り続けること。

醤油せんべいぐらいの色になればOKです。

塩を振ってもいいけど、そのままでじゅうぶん美味しいです。


ひとつぶ、ひとつぶ、ちびちびと、

よーく噛みながら味わえる、炒り玄米。


驚くほどの抗酸化作用があるそうで。

癌・アトピー性皮膚炎・生活習慣病ほか、 シミ・ソバカス・シワなどにも有効があるとネットで発見。

腸内環境も整えてくれるみたいです。


うちの2歳の姪っ子も大好物~。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

WS・イベント・レギュラークラスのスケジュール

7/2(土)大阪 Shoka
「Shoka opening ceremony KIRTAN」

7/3(日)京都 安楽寺
HANGE SHOU/半夏生1Dayリトリート

7/4(月)京都 壺沙
新月のキールタン音楽会

7/5(火)~8(金)関西エリア
ハルモニゥム個人レッスン
※7、8(残1)のみ可能

7/9(土) 京都 ヨガスタジオFive Elements
キールタンのリード&ハルモニゥムWS

7/18(日) 岡山 ハマはうす
キールタンWS
~キールタンの基礎知識から、本来の自分の声を探るヴォイスワークまで3時間にわたる音の旅~


レギュラー・ヨーガクラス 香川
yoga house Leela
[PR]
by miyuki_om | 2016-06-17 15:15 | eat!! | Trackback | Comments(0)

タコライス for vegetarian

e0184598_18081431.jpg

2週間近く鼻と咳風邪が続いています。

昨日半日ほど外に出ていたら、ぐったり疲れてしまい、一気に肌がガサガサして、呼吸も苦しかったー。

PM2.5です、完全に。

もう、何もかも敏感に反応してしまう身体になってしまいました...

時としてそれが、苦しく感じることもあるけれど、仕方あるまい。

今世はそういうお付き合いのもと、心身をピュアにしてゆく義務があるのだと思います。


さてさて、気温も高かった本日は、見た目も鮮やかに、食欲そそるタコライスを作ってみました!

バリにいる時もよく作ってたのですが、これからの季節、日本でも手に入りやすい食材ばかりなので、試してみてくださいな〜


『ベジタコライス』

〜材料〜
・トマト1個
・玉ねぎ1/2個
・セロリ茎の部分のみ10㎝ほど
(苦手な人はなくてもOK)
・人参1/3本
・にんにく1片
・大豆ミート1/2カップ
・パクチーお好きなだけ
・ルッコラもしくはキャベツ、レタス(彩り用に)
・クミンパウダー大さじ1
・塩、こしょう少々
・チリパウダー少々(なければ七味や一味唐辛子でも)

※大豆ミートが手に入りづらいは、水に戻した高野豆腐をみじん切りにして代用することもできます。
(その場合は、水気をしっかり切ってからみじん切りに!)

〜作り方〜
①大豆ミートをお湯で戻す

②熱したフライパンにオイルを入れ、みじん切りしたにんにく→玉ねぎ→セロリ→人参→トマト→大豆ミートの順に炒める。

③トマトが煮崩れてきたら、塩こしょう、クミンパウダー、チリパウダーを入れてさらにぐつぐつ炒め煮る。

④お皿にご飯を盛り、その上に③をのせて、まわりに好みの葉野菜などを散らして、出来上がり〜!


来月5月から、yoga house Leelaでベジランチ付きヨガクラスを行う予定にしてます。

ベジ料理でもちゃーんと満足できるものでおもてなししたいと思ってます。

みゆき飯に興味ある方は、来月からのスケジュール要チェックでーす。

今日も大地の恵み、太陽の恵み、海の恵みに感謝して、いただきます☺︎





[PR]
by miyuki_om | 2016-04-17 17:16 | eat!! | Trackback | Comments(2)

無花果

e0184598_13273182.jpg

今が旬のイチジク。

毎日採っても採っても、たわわと実るイチジクたちの消費がおいつきませんの。

素材本来の味が好きなのと、パン食がめっきり減ったのもあり、ジャムやコンポート作ったところで・・・


漢字で「無花果」と書く美しさや、果実の断面のビジュアル、果物だけどサラダリーフやクリームチーズなんかとサラダにしちゃうところなど。

総じてイチジクにはおしゃれさがあるのにさ、

実は、生のイチジクがそれほど得意ではないのですよ(ドライは大好き)


うちの母さっちゃんによると、どうやらイチジクには2種類あるらしい。

市場で売られているほとんどが西洋イチジク。
皮が赤褐色で、果肉はどろんと水分がある食感。

もうひとつは日本イチジク。
皮は緑色で、どっしり感のある果肉とぷちぷち感も強い。
で、西洋イチジクよりも甘い。

トップの写真は日本イチジクなんだけど、食べ比べると全然違う!



しかしです。

今のところ梨に勝るものはないという結論に至るわけです。

ごめんね、イチジクちゃん。
[PR]
by miyuki_om | 2014-09-06 13:27 | eat!! | Trackback | Comments(0)

breakfast

e0184598_1313915.jpg

現在、小麦粉減量生活を実施中。

あんなにパンパンパーン!と叫びたいぐらい大好きだったパンを、朝食に食べるのをやめてみました。

というのも、ご贔屓にしているパン屋さんに買いに行く(自転車で30分くらい)という行為が、どこか億劫になってしまった…。

かと言って、自分でパンを焼けるほどの腕はなく。
パンは好きだけど、焼きたい!という気持ちがなぜか、昔からない。(焼き菓子などのスィーツ作りも挑戦してみるも、やっぱり下手である)

そして陰性に偏り気味の食生活を、排毒したいという気持ちもあって陽性へと切り替えたかったのです。



「一梅 一汁 一にぎり」

自家製の梅干と

自家製味噌を使ったお味噌汁と

玄米おにぎり


これが6月から始まった朝食メニュー。

朝9時ぐらいに食べて、次の食事は15時~16時の間。

もちろんおやつをつまんだり、珈琲飲んだりするけどね。

極端に制限せずに、少しずつ少しずつ。


何より、朝のお味噌汁が抜群にうまし!
今の時期は畑で採れた新たまねぎを入れるとサイコー!!
あと、切干大根や少量のおからを味噌汁に入れるのも私的に流行ってます。

夏が来たら、みょうがいっぱいの冷汁にしてみよう。


あ、でも来週の沖縄リトリートで協賛していただく、八重岳ベーカリーさんのパンは密かに楽しみだったりする。

こんな感じで、ゆるめです。




飽食となった今の世の中に、反比例するような質素な食事で、きっとびっくりされるのでしょうけど。

ま、質素というよりシンプルです。

夕方頃に食べる食事の味付けは、塩麹、醤油がメインで素材が日々変わるだけ。

サラダのドレッシングも塩麹にアマニ油とレモンペッパーをひとふり。

そしてたまにインドカレーを。


一日二食だから、それに使う調味料は高くても、そこはいいのです。
安いと必ず添加物が入っているし(加工品も含め)、それを口にして病気にかかってしまう方が、医療費へとお金がとんでいくからね。

電気を使っての調理もやめました。
電子レンジ、電気ポット、炊飯器などなど。

自然治癒力を高めて、薬に頼らない身体を作るにはやはり食べ物から。


最終的に自分の死を迎えるときは「ころっ」と逝きたいっていうのもあるかも。笑




今日あるお医者さんの書き込みにこう書いてました。



空腹時に本能や生命力が鼓舞されるのは偶然ではありません。


「腹八分目で医者いらず」

「腹六分目で老いを忘れる」

「腹四分目で神に近づく」
[PR]
by miyuki_om | 2014-06-06 14:00 | eat!! | Trackback | Comments(0)