ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

<   2009年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

108

太陽礼拝108回、今年も無事終了っ!!

sivananda yogaの太陽礼拝は、1ポーズに1つ、マントラがあるのですが、今年はそれに合わせて行いました。

去年より静かに、行えた108回。。
どんなに体が動いていても、意識と呼吸は乱れず、常にマントラが響き…

「静寂がやってくる」

と聞いたことがありますが、

少しだけ感じとることができたような気がします。


あっという間にやってきた最後の1回は、

グル・シヴァナンダ師、ビシュヌデヴァナンダ師の顔と、私が初めてsivanandaの太陽礼拝を行った時の様子が頭に浮かんできたと同時に、一気に涙腺ゆるんじゃった…。ほろり。笑

帰り道。

今年最後の夕日に知り合い?って思われるほど、大きく
「バイバーイ!!ありがとー!!」
と手を振り…
その後電車から、満月に近いお月さまを発見!!

なんだかとっても幸せな大晦日を過ごせました。

全てに感謝。

あ り が と う

e0184598_21503865.jpg

シメは年越しそばで、もっと温まりましたとさ。
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-31 22:03 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(3)

振り返ってみよぅ

e0184598_12244452.jpg
あさってには、もう年が明けますよ、皆さん。

ステキな年の瀬を過ごしてますか?

今年を振り返ってみようと、過去の記憶をたどってみることにしたんだけど…
この出来事がベスト1っていうのが思いつかない事に気がつきました。

やっぱり漂々と生きている人間なのかしらー、なんて思ったんだけど。

いーえ。

全て起こったことがベスト!ってことです。

もちろん色んなイベントを行ったし、旅にもたくさん出ました。

それらが思い出として色濃く残っていると同じ分だけ、日常や仕事をしている中でも、瞬間瞬間を楽しんでいたなぁって。

そしてたくさんの繋がりが生まれた年であった事。
この年にして、yogaを通じて幅広い年齢層の方と知り合い、そして国内外のコネクションも急激に広がりました。
私を通じて、知人同士が友達になったり…。

自分が 今 している事や考えている事、そして口にする事が、全てに繋がっている。

踏み出した一歩は大きかったなぁと。

ぶっちゃけ、年を重ねるごとに収入は減ってます。笑 あはははー。
もう、今住んでいるオサレなエリアの家賃払うのもしんどいです。笑 あはははー
yogaばっかりしているからか、逆に疎遠になってしまった友人もいます。
だけど、お腹まわりが立派なオーバーサーティ風(?)になってきました。
(なんだか、自分のお腹がやけにかわいいぐらい。)

そんな、カナシキ現実もありますが、数年前に比べ遙かに幸せだと感じています。

本当に静かな心でいられる時間が増えたなぁって。


実はわたし「明日死ぬかもしれない」(やや強引だけど。苦笑)という言葉を何かの時には思い出してました。
自分が決断しなければいけない時とか、時間を無駄にしがちな時とかね。
だとしたら、少なくとも笑っていたいし、大切にしたいし、祈っていたい。

来年も「明日死ぬかも!」をなんとなく口癖に生きてみます。

…表現が生々しいか…

数年前の口癖は「明日は明日の風が吹く」でずーっと過ごし、ほんとに何があってもケロっとした人間ができあがっちゃいましたからね。笑
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-30 13:24 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

おいしい発見

昨日からたっぷり休暇をいただきましたー!



何をしたらよいかわからず、家で久し振りにぐでぐでしてました。

あまりにもぐでぐでしてたので、思い立って大好きなグラノーラ作ってみました。
e0184598_22241160.jpg

オートミールにオリーブオイルをちょちょいっと加え…
粗く刻んだナッツ類に、ハチミツもたらたら~。
三温糖もちょちょいっと入れて、全体を手早く混ぜ混ぜっ!

そして、予熱したオーブンへgo
e0184598_22342542.jpg

最後にドライフルーツ投入して、でっきあっがり☆

わずか15分で作り終わっちゃったス。
分量は得意の目分量で、全然おうけぃ。
(一応レシピあったんだけど、私にはあってないようなもんデ)

これがまた…

最高においしす~~~。

グラノーラは、ヨーグルトにトッピングしたり、牛乳かけたりするけど、私はそのまま手でつまみながら、お菓子のように食べるのが好き。

一番おいしいオートミールの食べ方発見できましたですー!
(ミルク煮はどうも口に合わず、クッキーはちょっとずっしり過ぎて、消費に困ってました)

で、あまりにも早くできたので、カレー作りました。
e0184598_2251590.jpg

大豆とキャベツを使ったタイ風カレー。
ちゃんとお米もタイ米なのです。
ほほほー!!!

しかも、普通に食べず…
e0184598_2257252.jpg

インド気取り。笑

ちゃんと冷ましてから食べないと、指が熱いのです。
爪も短く切らないとね…。
そして右肩、リラ~ックス。


まだまだカレー残ってるけど、明日は普通に食べようっと。
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-29 23:35 | eat!! | Trackback | Comments(0)

奈良やな Narayanaya

Narayanaya とは牛飼いを意味し、クリシュナ神の別名でもあります。
で、奈良やなぁ。

ふと、頭に浮かんだタイトルです。
ハハハー
e0184598_13162174.jpg

先週クリスマス前に行った、奈良の信貴山でのSivananda yogaリトリート、熱かったです!
講師のシータ由美子先生がエネルギーに充ち溢れていて、しかもとても気さくで…。
私たち生徒との距離が自然に近くなれる力をもった素敵な方。
(ほら、たまに「先生先生」しすぎていて、近寄りづらい人っているじゃないですか…)
e0184598_13164047.jpg

東京から来たシータ由美子先生ですが、標準語で話しながらもノリはかなり関西です。

太陽礼拝の最後にアーチバックからタダアーサナ(スタンディングポジション)に戻る時の注意点で、腰の力で戻すのではなく、お腹を締めるように戻ると腰を痛めないと教えて頂きました。

もちろん、この言葉だけで十分理解できるのですが、シータ由美子先生の場合…

アーチバックのデモンストレーションをした後、「マッチョ!」と言いながらマッチョポーズを見せて腹筋で戻ってきてね、と言ってました。笑

わざわざ、そこまでアーサナやってる時にやんなくても…なんて思うのですが…
いえ、きっとシータ由美子先生にすれば、一番伝わりやすい方法だと思ってらっしゃると思います。
ごめんなさい。

そんな彼女の指導が大好きです。

福岡から参加していたKumari先生も言っていましたが、最後のシャバアーサナでは、足裏から腰にかけて、めちゃくちゃ熱いものを感じました。
それまで、上半身や顔ばっかり熱くて足先が冷たかったのに、真逆!!

ほんとに不思議でした。

不思議と言えば…

なんと、前の職場の同僚が今回のリトリートに参加していたこと!

お互いyogaを始めたぐらいに同じ時期に二人とも退社し、さよならの挨拶を交わして以来、それっきり。
約3年ぶりの再会がここになるとは夢にも思ってもいませんでした。
毎回思うことだけど、sivanandaの繋がりの深さに、感動と更なる広がりを感じずにはいられません。
e0184598_13171152.jpg

あぁ、やっぱり何かの使命や何かのサインがあって、みんなここにいるんだなって。



e0184598_13173530.jpg
ちなみに、今回宿泊した信貴山の玉蔵院という宿坊は、旅館並にきれいなところです。
そしてここの精進料理はお料理が美味しいことでも有名で、日帰りでもお食事も予約すればいただけます☆
精進料理にしては、品数と量も多くて…さすがの私もまんちきちんデス。

e0184598_13184956.jpg
信貴山寺の本尊は毘沙門天さま。
毘沙門天さまは福徳を持ち、現生利益の神様だそうです。
しかし、合宿メンバーみんなyoga話に夢中で本堂へお参りすることなく…下山したのでありました。
(あんまりお金や出世に興味ないってことでーー。あひゃひゃひゃー)

また来年もsivananda family(?)と来れたらいいな!

Om Namo  奈良やなや♪
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-28 13:52 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

鳩時計の扉が

e0184598_22113967.jpg
スタジオヨギー初のキールタン。
(↑今まではキルタンと言っていましたが、正式にはこう言うそうです)
皆さんのおかげで大盛況で終了しました!
本当にありがとうございました。

やっぱり最後は自然と涙が流れちゃいましたね。

前々日に信貴山でのリトリートもあったので(このレポはまた後日!)自分の中でもいい波動を感じつつ、このイベントを迎えることができました。

たっくさん参加者がいた中で、9割が初キールタン。
今回イベントの進行をしてくださったNoriko先生は
「私、ついていけませーん!って方は、部屋の隅っこで、背中むけて座ってもらっても大丈夫ですからー。笑」
なんて言いながら始まりましたが。

みんな横に揺れ…
そして縦に揺れたり…
無心で楽器を鳴らしたり…

私が感動するほど、エネルギーの高まりがすごかったです。
しかも、ビリビリというより、とても温かいエネルギー。

イベントの時に少しお話しましたが…

「なんで、ラクシュミ(私のことです)はキールタン好きで惹かれたん?」
と聞かれたことがありました。

しばらく考えたんだけど、上手く説明できる言葉がなくて、でてきた答えが

「気持ちいいから」

という超シンプルな言葉でした。

この感覚は実はたくさんの人が既に経験済みだと思います。
それは、アーサナクラスの後に感じる、感覚と同じものです。

「右のわき腹が今日はめっちゃ伸びた~」とか
「肩がすっとした~」とか
色々感じると思いますが、その先には…
「気持ちよかった」
というものしか残らないと思います。

キールタンもアプローチは違いますが、結局のところ同じ。
そして頭で考えながら、アーサナしたって気持ちよくありませんよね。
他の人気にしながらアーサナしても、自分の内に光は感じませんよね。

キールタンには歌詞がありますが、一生懸命歌詞にかじりついても、心はなかなか解放できません。
全身で言葉を感じるようにすることが、深層心理にまで届いていくものなんです。


そして最後のアラティ(火の儀式)、感動的であまりに皆さんの姿が美しかったです。
参加された方一人づつ、祭壇の神様たちの前でキャンドルの灯をまわし、祈りを捧げ、最後にそのキャンドルを祭壇に供えます。
トップの画像は、皆さんの祈りに満たされた祭壇の様子です。


部屋の隅っこで座る人はひとりもいなくて(当り前か…)

「穏やかな川の流れを感じました」
「ガンジス河が頭に浮かびました」
「みんなで祈る姿がきれいだと感じました」
「今すごくあったかい感じがします」
などなど、たくさん言葉をかけて頂き、感無量です。

私は、胸にある鳩時計の扉がパッカーンと開いた感じ(!?)で、最後に行ったOmジャパは(繰り返しOmを唱える)、自分の声が胸から発しているかと思うほどの響きを味わいました。


残すは毎年恒例の大みそかに行う、太陽礼拝108回で、さらに浄化して新年を迎えよう!

自分自身のお掃除ばっかりで、ちょっとは家のお掃除もしなさい!ってね。苦笑

e0184598_1165236.jpg

[PR]
by miyuki_om | 2009-12-27 23:50 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

X’masにしかできない事

e0184598_22155929.jpg
クリスマスにレッスンに来てくれた愛するTAMISAの皆さん、本当にありがとう。

クリスマスの今日は半月でもあります。
(この前から月の話題が多いですが…)

ということで、今日のレッスンでは、アーサナをハーフポジションで長めにキープする内容にしてみました。

ヘッドスタンドは、膝を曲げて胸にひきつけ、両足が床から上がった状態で止めてみる。
ショルダースタンドも、首から足先まで一直線は目指さず、足の付け根を深く折り込んで「く」の字になるぐらいで止まる。
座った前屈では片脚曲げて行う、アルダパスチモッターナ
などなど。
最後は三角のポーズではなく、半月のポーズで締めました!
(これ上級者向けポーズなんですけどね、スミマセン!)

急いでアーサナの完成した形を目指そうとするのではなく、それまでの過程を丁寧に味わう事を大切に、というのは私の師匠からの教えでもあります。

そして体が少しずつ変化していく様子も、このハーフポジションでは感じやすいです。
ベーシックなアーサナと比べると、やりやすいので、いつもより呼吸が全身に行き届いて、意外に体がほぐれたりするんですね。

ファイナルシャバアーサナの時には、サンタのようにキャンドルをそっと灯して、皆さんの足元に。

ゆらゆら揺れるキャンドルと、屍たち。
美しかったです。

クラスの終わりには短い瞑想の時間をもち、いつもより静かに終了。

「クリスマスに来た甲斐がありました!」
という皆さんの言葉と笑顔が、私にはクリスマスプレゼント。

e0184598_22235722.jpg

トップの写真の中身が、これ!!
福岡のKumariから頂いた、手作りスィーツが私の今年のクリスマスケーキでした☆
やさしい味。
漢字で「優しい」じゃなくて、ひらがなで書きたくなるほど。
ごちそうさま。

(…ひとりでむしゃむしゃと、頬張りましたが…なにか?)
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-25 22:38 | lessonでおもうこと | Trackback | Comments(0)

冬至

e0184598_223026.jpg
あわてて今朝かぼちゃ買いに行きましたです。
そして出勤前にコトコト煮て…

…煮すぎました。
お箸でつかめない程っす。

というわけで、今日は冬至ですね。

皆さん夜長を満喫してますか?

どうかこれから1年も健康な日々でありますように。


「寒いのに素足」というイメージがある私。
イメージというよりも、実際そうなんですけど。

だから靴下チェックというのを知人からよくされます。
靴下はいてないと、真剣に怒られます。

今日はなんとなくブ厚めのタイツをパンツの下にはいてみたけど…

か、かゆい。
化学繊維って、やっぱり乾燥しやすいくなるのでかゆーい!
そしてなんだか太ももあたりが動かしにくいゾ。

私の場合、あまりに着こみすぎると、体がなまけてしまって、よけい寒さに弱くなるみたいなので、若干寒っ!ってほうが、体的に快適のようです。

首、手首、足首を暖かく守れば、冷えたりはしないので、冷え性の方はご参考に。
と書いておきながら、きっと私が肩や首の凝りが激しいのは、冬でも襟ぐりあいたトップスが多いからだと思われます。
でも、タートルのつまった感がどうも苦手です…。

1年に1度は熱が出るくらいの風邪をひいた方が、体内の老廃物が出るからいいとも言いますが、ひとり暮らしにはちょっぴり過酷なので(わかる人にはわかる、このツラさ…)、できれば健やかに過ごしたいものです。
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-22 22:57 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

1、2、3、ダーーー!

e0184598_1111575.jpg
2010年1月1日、満月だってこと知ってますか?
19年に1度訪れるらしいです。

年の始めに、なんともエネルギー溢れる一日になりそうです。

といはいえ、家でいつもと変わらぬ「休日」風に過ごしそうな予感。
久しぶりにテレビのスイッチでも入れるかのぉ…。



先週末、大きな告知はしなかったのですが、ちっちゃくキルタン会を行いました。
何の説明もなしに、「ジャヤガネーシャ(Daily Chant)」を歌いだし…
おしゃべりはさみながら、好きに歌って…
そしてみんなそれぞれのの時間にぶらりと来てくれて、自然に輪に入り、自然に歌い出す。

大きな音でハルモニゥムのリーラを弾けて、やっぱり嬉しかったです。
近隣への騒音を気にしながら、細々とスカスカした音でマンションで弾くのは、カナシあるよ。泣

あとは、毎回キルタンを行う時に思うこと。
場所を借りてキルタンを行っている以上、祭壇を準備し、それを撤収しないといけないことに対して、私はなぜか切なく感じる。

みんなから集まったいいエネルギーをバックの中に詰め込んで片付けしてしまうなんて、と思うのですよ。

sivananda yogaのクラスを受けたり自分がティーチングする時もそうですが、なるべく終わった時の余韻を味わいたいので、しばらくその場から動きたくないんです。

キルタンも同じ。

毎回時間を気にしながら、片付けしたりするのがしっくりこないと思いながら、その日はテクテク帰宅。


もんもんと考えることが嫌な性格だから、あっさり結論だしちゃいたかった私。

来年、動こう! これ使命だと思い込もう!(笑)
皆さんなんのこっちゃわからんと思いますが、わたし動きます。
後厄とか関係あらへん。
(でも厄祓いはちゃんとしますから)

先日こんなフレーズを読みました。

********************************

この道を行けば どうなるものか 危ぶむなかれ

危ぶめば 道はなし

踏み出せば その一足が 道となり

その一足が 道となる

迷わず行けよ

行けば分るさ

1、2、3、ダーーーーー


=一休禅師「道」より=


最後の猪木調でさらにぐっときました!笑
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-21 11:46 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

Look up !!

e0184598_21101291.jpg
今日「寒い!」って何回言いました?
ってぐらい寒くなりましたね。

うちのめだか兄弟の「たかし」と「ようこ」も寒そうに水草にかくれたままで、ほとんど静止しとります。


さて。寒いとどうしても肩が縮こまって、下を向きがちだけど…

今朝の冬空は最高にキレイでした。

雲ひとつなく、スカイブルー。
しばらく眺めていると、飛行機がゆっくり横切っていきました。

その空の青さに白い飛行機が映えて、すごくキレイでしたの。

…て、ちょっとロマンチックすぎますか?わたし。


なんかこれだけの事で、時間にしたらほんの数秒だったのに、心躍る。

全くもって単純な心です。

小さい光景の中に面白さや、温かさを見つけられるには、できるだけ急がず日々過ごさないと見落としてしまいます。
そして自分自身の心と体も同じようによーく観察。

今妊娠している友達がいますが、彼女の話を聞いていると、自分の体や状態が少しづつ変化しているのをよく感じとっているなぁと思いました。
だって自分が感じる変化と同じ速度で、お腹の赤ちゃんは成長しているからね。
昨日まで、ドラえもんみたいな手だったのに、今日は指ができてたりするんだって。


まぁ、まずはつまづかない程度に…上を向いて歩いてみましょっ。
何か心躍ることを感じられるかも。


写真はカリフォルニアアシュラムの敷地にいるやぎちゃん達。
雪の中でもにっこり笑顔。
いとかわいし。
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-18 22:05 | あんなこと | Trackback | Comments(2)

願いと祈り

e0184598_1135915.jpg
昨日は新月でしたね。
新月は願い事を10個手書きすると実現する…っていうのは
皆さん、ご存じの方も多いはず。

新月には願望実現の最も強いパワーがあって、動植物の生育も速くなるそうで、種まきを新月にあわせて行うと、大きな収穫ができると言われてるぐらい。

ま。
私も意外に乙女なもんで、毎月実行してます。苦笑

でも、なかなか10個でてきません。
しかも、これってエゴ丸出しやん!って葛藤しながら書いてます。

「願う」って私の中で今は中途半端な感じで、戸惑いながら願ってます。
(これじゃ、願いも叶わない…か。)

それに対して「祈り」は、何の迷いもなく清らかな心でできてしまう…。

「願い」と「祈り」。
とても微妙な違いですが。
願いは自分の意思を含んでいるように思いますが、祈りはどちらかというと大きな存在の力を借りる感じ…でしょうか。

先日のブログでアップした一枚の絵。
e0184598_10425350.jpg

これはインドに行っていた友人から頂いたもの。
象の愛らしい目が印象的。
絵描きのおじさんと友人は現地で仲良くなり、家に招いてもらうなどお世話になっていたそうです。

でも、先日友人から目に涙を浮かべながら衝撃的な事を聞かされました。
ちょうど1週間ぐらい前に、脳に損傷を負うほどの大事故に遭ってしまったと。
絵描きにとって大切な手が思うように動かせない、まして話すことを医者からしばらく止められているという。

大事故という現実は悲しいけれど、私にできる事は彼への祈りだけ。
その事を聞いてから、彼に対して手を合せて祈る日々です。
彼の優しいタッチの絵を見るたびに、事故の前に友人が彼と出会ったからこそ、この絵が私の手元にあるんだなぁと、奇跡と繋がり、そして祈ることへの意味をひしひしと感じます。


Sarve Bhavantu Sukhinah  
Sarve Santu Niramayaah
Sarve Bhadrani Pasyantu
Ma Kashid-Dukha-Bhag-Bhavet

全ての人が他者の長所を見ますように     
全ての人の身体から障害が無くなりますように    
誰も悲嘆にくれることがありませんように

Om Shanti…
[PR]
by miyuki_om | 2009-12-17 11:35 | あんなこと | Trackback | Comments(0)