ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

修・破・離

e0184598_9124464.jpg
めっきり秋…というか、寒くて今日はフリースをひっぱり出して着てます。

京都へ移住しようとしているのに、大丈夫か私!!??

今住んでいる(というか居候中)場所は大阪市内に出るのにも1時間。
京都へ行くなら2時間弱はかかるというところ。

収入が交通費で飛んでいく~ ひゃぁぁぁ~

まぁそんな場所に住んでいることもあり、大阪市内に住んでいた時と比べてレッスンを受けに行くことがなくなりました。

自分が教える回数よりも受けに行く回数の方が多かったかな。

環境ががらりと変わった今では、もう自宅で練習の日々。

実はこれが、意外といい!

自分自身で練習することは、まさにサーダナ(霊精修行)。
クラスのようにリードをしてくれる先生がいませんから、すべては自分次第。

毎日同じ事を繰り返しやるので、変化を求めたい心とどう付き合っていくか。

たまに今日はこれやらんでもいっかー、とスキップする時もありますが、その時の心の状態が手にとるようにわかりますねー。

また、昔友人から薦められた本の中の言葉を最近思い出しました。
e0184598_9512723.jpg
沖 正弘先生の『ヨガの喜び』

--------------------------------------------------------

「修・破・離(しゅう・は・り)」の原則について
  

修……よい先生のすることをすっかり真似て自分も同じようにできるようになる

破……それはあくまでも人の借り物だから、否定して自分のものを生み出す

離……考えた末に瞑想すると良い考えがひらめくのと同じように、他人のものも捨て自分のものも捨てると、宇宙と直結した感じ方、行い方、考え方が生まれてくる。

これが学びの原理である。


---------------------------------------------------------

別にヨガの世界だけの話ではなくて、音楽にしろ、絵画にしろ、自分の師からの教えを受けて、まずはそれを真似てみますよね。

私もクラスをするにあたって、私の先生がレッスンで言っていた言葉を借りてリードする時もあります。
最初の方は物マネかいっ!ってほどだったかも。苦笑

でもいつしか、自己練習の時間が多くなってからは、練習中での気付きや発見をクラスで伝えることが中心となってきました。

やっと今、私に「離」への時期がやってきたのかもしれません。


自己練習をしてます、なんて言うと

まぁ、ストイック!って言われるし、思われるんだけど。

結局のところ、これを習慣にすると大してストイックなことをやっていわけではないんです、これが。

お風呂入るのと同じ!
歯磨きするのと同じ!


でね、たまーにみんなと練習をすると、エネルギーを交換・共有できるので、さらによいのであーる。

こんな人がいっぱいいたら、きっと「スタジオ泣かせ」になっちゃうので、困るんだろうけど…
[PR]
by miyuki_om | 2010-09-30 10:09 | あんなこと | Trackback | Comments(2)

Kali Ma

e0184598_2151717.jpg
Ommm!!
25日、キールタンにご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

ただただ楽しい時間で。

そして無邪気になれた時間で。

着飾らず、素になれた時間だったなぁと。

回を重ねるごとに、キールタンへの関心度が高くなっていることがひしひしと伝わってきます。

これはYoga界の革命とも言えるんじゃなかろーか、と勝手にひとりで、にやにやしております。
はい。笑

前はね、キールタンと言えば「神様に呼び掛け、讃えるもの」って思っていたのが、ここ最近はもう少し『こちら側』の世界のバイブレーションと繋がる楽しみ方をするようになりました。

…ってマニアックすぎますね、この表現。

要するにリスポンスしてくれる人たちがどんな音を出しているのかを感じてみようということです。
自分が歌っている間、その神様の事を想うというのは、その次の段階にして…。

でね、できるだけ目を閉じて、視覚から入ってくる情報を遮断してみると、いつも使っている思考器官が静まって、なんとなーく感覚器官が優位になって目に見えない、バイブレーションが感じやすくなるわけですね。

1曲を、何度も繰り返し歌うキールタンですが、歌の途中のある瞬間からエネルギーが切り替わる時があるんです。

そして歌い終わった後の余韻がなんとも気持がいい。
しばし静かな時を味わう…

進行してくださった、Noriko先生も言ってましたが、まるでシャバアーサナしているみたいです。
ぽわわわわ~ん。って。

最後はやっぱり「Kali Ma」で締めくくり。
これ歌っていると、おかぁさんの顔が浮かびます。
「Ma」=motherという意味があるのでね。


参加した方からこんな情報を頂きましたヨ。

最近では、こーんなアプリまで登場!!

ぅわお!

i Padを使って色んな楽器(打楽器系も)がバーチャルで練習できます!

実際、このハルモニゥムバージョンをやってみましたが、鍵盤をタッチした後のレスポンスが速いし、和音(一度に3つ以上の鍵盤弾いて出す音)も忠実に再現できます。

液晶画面で、もちろん鍵盤は立体的ではないので、やや弾きにくいのと、音がやっぱり電子音。
そしてハルモニゥムの最大の特徴である、片手で

ふ~か ふ~か

することができないのがオシイですが。

これなら音を気にせず、どこでもキールタンできそう。


次回は10/24(sun) 14:30~ 京都ヨガスタジオTAMISAさんでのキールタンクラスです。

みなさんの参加、お待ちしてます。

Jai !
[PR]
by miyuki_om | 2010-09-26 23:27 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(2)

早起きさーん!

e0184598_15265532.jpg
まだ完全に起きてない顔、あきやん。

でも私。
今朝4:30起床!!

ATTC以来の早起きです。

今日は満月のため、アシュタンガマイソールがお休みということで、その場所をお借りして、シヴァソール(マイソールを勝手に文字ってマス)に参加してきました。

しかも6:30スタート!!
しかもしかも、早朝から雷と雨…。
そして、涼しいじゃなくて…さむ~いっ!

ま。
こんな状況であっても、いいんです、いいんです。

雷と雨と雲の向こうにはいつも太陽はいますから。


この自主練習。
上級者向けの内容でインストラクションしているCDに合わせてアーサナを進めていきます。

2時間半かけてたっぷり行ったのは本当に久しぶり。
いつも自分ひとりで練習しているので、自分の判断で何もかも決めてやっているせいか、あまくなりがち。
キープする長さも、日によってバラバラ。
シャバアーサナで白目むいてる時もたまにあるし。笑

何をやっていようが、ヨーガはヨーガであーる。
(要するに、良い悪いという判断をしないこと)

なんでしょうけど、こんな感じなので、自分ひとりだけの練習で、エネルギーまで高めていくのはなかなか至難の業。

みんなとたまに練習を共にするといい感じに、温かさが跳ね返ってくるようです。

ひとりひとりのエネルギーが集まって、風船みたいに大きくなって、そのエネルギー風船が最後のシャバーサナの時に一気に弾けて、エネルギーの粒子が、ぶわーっと上から注がれる…

っていう感じかな。

通常のクラスの倍近い長さだけど、最後まで集中が途切れずにできてしまう所がいつも自分でもびっくりします。

大阪の本町ですが、満月・新月の日の朝にこれからもやる予定なので、エネルギー風船を作りたい方。

一緒に作りましょー。

ヨガをするから早起きをするんじゃなくて
早起きするからヨガをする、って方が本来は自然な感じなんだろうけどね。




そうそう。
家に帰る前に、あそこの、あんな形した、あれを、あれしたかったので、寄ってみました。

全然わからんね。

e0184598_154872.jpg

カトマンドゥの

どないしたん!笑 ってぐらい大きい(ターリーから余裕ではみ出てます)

ふわふわナンを

むしゃむしゃ食べたかった…ので。

ちなみにカレーは里芋といんげん。
組み合わせがおもしろスね。
里芋がとろっとして、予想よりも遥かにおいしかった!これ!

もちろんすべて 手 で頂きました。

だって。
しれ~っとフィンガーボール出してくれるんだもん。

挑戦したいかたは「フルナン」でオーダーできます。
私が注文したこのナンで、ハーフサイズですから!!


おーーーーーーーーいっ!!
[PR]
by miyuki_om | 2010-09-23 15:32 | あんなこと | Trackback | Comments(2)

夏の終わり…キールタンの夕べ

e0184598_10311780.jpg
朝夕に秋の気配を感じるようになりました。

ギラギラしていたお日様も少し表情を和らげたような…。

行く夏を引き止めたい人も

秋を待ち望む人も

季節の巡りをも司る偉大な力を賛美する''キールタン''を味わって

心地良いひと時を過ごしませんか?

キールタンとはBhakti Yoga(信愛のヨーガ)のひとつです。
神々を讃えるマントラをメロディーにのせて皆で歌います。
特定の神を信じなければならない訳ではありません。
何か偉大なものの前に身を投げ出し、賛美することで、日ごろ我々を縛り付けているEgoを手放すことが出来ると言われています。

…が、難しく考えないで、とにかく楽しく音に浸ってみて下さい。
きれいに上手に歌う必要は全くありません。
経験も知識も要りません。

何か小さい楽器があればお持ち下さい。

■と き  2010年9月25日(土)17:30~19:30

■ところ  studio yoggy心斎橋

■参加費  2,500円

■お申込み studio yoggy心斎橋まで(06-6258-3930)

■リード  関西で活躍中のヨガインストラクター Nitya-Noriko先生
     キールタンをこよなく愛するお気楽ヨガインストラクター
     Lakshmi-Miyuki
     この二人で当日ご案内役をいたします。


-------------------------------------------------------

昨年12月、yoggy京都さんで行ったキールタンが好評だったため、次は心斎橋にて開催することになりました。
感謝。感謝。

先日のTyさんとコラボレーションしたキールタンと音の世界(ナダヨガ)を少し学んだことから、これまでとは違うバイブレーションが今回は生まれそうな予感がします。

大阪で久しぶりのキールタン!
新しい出会いや再会をにやにやと、楽しみにしてまーす。


e0184598_10583419.jpg
南インド最南端・聖地カーニャクマリから望んだ夕日。

Om Shanti.....


 
[PR]
by miyuki_om | 2010-09-18 11:09 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(3)

グリーンスムージーのすすめ

もうはや私の朝ごはんの定番になりました、グリーンスムージー
e0184598_954313.jpg


サンフランシスコ滞在中に、そこに住んでいた若い男子二人がミキサーを朝からガンガン使って…何やら緑色のどろどろした液体を作ってたのを横目で見ていた私。

それがグリーンスムージーと出会うきっかけ。

「飲んでみる?」

と言われて、「緑色の液体といえば青汁!」としか考えがなかったので

「あ…うん。少しね」

と返事をして一口ごくり。

あひゃー!!なんだこれー!!
おいしすぎるー!!

「す、す、すいません。もっと飲みたいです!」

とこっちからオネダリしたぐらい、衝撃の美味しさでした。


帰国後、あのスムージーが忘れられず即効ミキサー購入に走り…

かれこれ1か月半は毎朝スムージー生活です。

作り方のコツは野菜40%、果物60%が基本です。

野菜は葉野菜で小松菜、水菜、レタス、セロリの葉、パセリ、など
果物は熟したバナナは必須!で、あとは好きなものでOK
私はアボガド半分は必ずいれます。(植物性の脂が摂取できるのでお肌も健康になる!)

水分はお水だけでもいいし、豆乳をいれるとコクがでます。

これをミキサーでガガガガーーーーーとミックスして、おわり!
(とろっとした感じだと、噛みながら飲めるので満腹感がでます。
なので、水分の量はわりと少なめにー)

ここまでが、基本の「き」ですね。

ここからはバリエーション。
はちみつ、ドライフルーツ、ヨーグルト、無塩のナッツ類、ココナッツオイルorミルク

特にドライフルーツやナッツ類を入れると歯触りもあって、より美味ですのー。


なんでグリーンスムージーがいいかっていうと、理由はたくさんあります!
まず人は、朝4時~12時までが排泄の時間なんだそう。
(うん、確かに朝に飲む少しの水分で、めちゃめちゃトイレの回数多い気がします)

だから、その時間に消化に力を使うんじゃなくて、排泄を促す効果のあるものがいいようです。
葉野菜や果物は繊維質が多いですし、わりと硬い繊維は消火するまでに時間がかかるんだけど、ミキサーを使うと簡単に破壊できて、口に入れた時から吸収が始まります!

そして私の場合、朝ごはんの定番といえば…

パーン!

でしたが、グリーンスムージー生活を始めてからまだ2回しかパンを口にしてません。
これ、前の私にしてはすごいことです(→過去の私のパン人間ぶりはこちらで)
パン食をやめたわけではないんだけど、パンを食べると油分や塩分、炭水化物が過多になりがち。

で、ガネーシャのようにぽっこりお腹、になった私。笑

ということで、以前と比べ、一日に摂取する野菜の種類や量も増えたので、増して健康になったような気?がします。
(でも、おいしいハード系のパンはいつまでたっても大好きです。はい。)

グリーンスムージー広がれ広がれ。

GS! GS! GSsssss!! (ただ略しただけです。ははは)


トップの画像のスムージーの中身はというと

水菜・小松菜・アボガド・バナナ・リンゴ
豆乳・ヨーグルト・無塩アーモンド・レーズン


(※この日はグラノーラ付きという超デラックスなスムージータイムでした)
[PR]
by miyuki_om | 2010-09-15 11:02 | eat!! | Trackback | Comments(4)

ガネーシャちゃん

e0184598_10224360.jpg
Om Gam Ganapataye Namaha...

9/11は…ガネーシャの誕生日でしたー。

おめでとうさん。

そして昨日9/12は、TAMISAさんで初のキールタンクラスをさせて頂きました。

キールタンクラスの内容を考えている時、あ!これもやりたい! あ!こういう話もしたい!ってポンポン浮かんでくるのが、不思議です。

日頃、ボケーーーーっとしてて、回路がほぼ止まりそうなことが多いのにね。
こういう時はなんだかフル稼働してます、私の脳。ふふん。

月1回ペースでキールタンクラスをすることになったので、毎回キールタンばっかり歌うのではなくて、神様のお話だったり、音の世界についてだったりのお話を織り交ぜて、クラスを進めていきたいなぁと思ってます。

初回は、まずはガネーシャからスタートでしょ!と思って、色々ガネーシャの事を調べていると、たまたまキールタン前日の9/11が誕生日という、

なんともgoodタイミング。

まぁ、ぴったり誕生日と同じ日にちじゃないので、こじつけっぽいですが。


でね。ヒンドゥの神様って、話が異常にふぁんたすてぃっく❤でおもしろい。

ガネーシャの牙がなんで折れてるのか…とか。

ガネーシャは色々な神様がいる中で、どうして一番最初に帰依するのか…とか。

内容はというと…かなりブッっとんでます。

仏教の神様のこと、殆ど知らない私がヒンドゥの神様を語ってどうするんだ、てめぇって感じですが、このマンガのような神話だからこそ、親しみがあって、それこそマンガ本を読む感覚で楽しく勉強できるわけなんですよね。

だってね、ガネーシャって、おかぁさんのパールバティの体の垢から誕生したっていうぐらいですもん!笑


さて、キールタンの方はというと、第1回ということもあり2曲だけ。

ガネーシャのキールタンが少ないのも理由のひとつですが。
(人気ある神様やのに、なんでやろね?)

最初だからちょっと難しかったかな、って思ったのですが、キールタンはアーサナをするのと同じで、回を重ねていく度、歌う度に、内側からエネルギーがぐんぐん細胞全体に満たされていく感覚がでてきます。

なので、少しすつ少しづつ、温めていきながら、練習していきましょう。

最終目標は知る人ぞ知る。
あのなが~い 「Daily Chant」ですから。

まだ来月は日程決まってませんが、(決まり次第、ブログでアップします)次回はガネーシャのおとっつぁん、シヴァをメインで内容を進めていこうと思っています。


e0184598_11145997.jpg
甘いの大好き!ぽってりお腹。
メタボなんて言わせない!(でも絶対に団子を手放さない…)

そしてガネーシャの乗り物はワケあって ねずみ です。
(ふつう逆だろうに!!)
[PR]
by miyuki_om | 2010-09-13 11:12 | lessonでおもうこと | Trackback | Comments(2)

Sivananda Yoga 1day Retreat in 福岡

e0184598_17383366.gif

福岡のみなさーん! 九州のみなさーん!
西日本のみなさーん!関西のみなさーん!

日本全国のみなさーん!

TTCの同期、福岡出身のKumari先生が、東京よりSivananda Yogaの大先輩でもあるSita由美子先生をお迎えして、素敵な1dayリトリートを開催してくれます。

私も4月にKumari先生の住む福岡に行ってきましたが、大阪からめちゃくちゃ近かった…。

飛行機で、ぴょい!っと行ったんだけど、私の家から京都に行くより近かったです。

いや、これは言い過ぎか。

でもほぼ変わらないぐらいでした! ほんと。

福岡に行ったけど、明太子とか博多ラーメンとか、なんじゃい!

って感じで、普通に女子らしくケーキをガツガツ、そしてどこに行ってもインド料理❤、食べてました。

では以下詳細です。

場所も今回は神社で行われるということで、ステキなプラーナいっぱいのリトリートになる予感。
---------------------------------------------------------



『 Sivananda Yoga One Day Retreat in 福岡  』
   ~ 癒しと創造の一日のために ~



◆9月25日(土)  講師 寺崎 Sita 由美子 
 
◆会場:警固神社 神徳殿(福岡市中央区天神2-2-20)
 
◆参加費: 6500円 (当日:7000円 ※空席あれば)
       昼食(ベジタリアン)・お茶とお菓子付き
       ※午前・午後のみの参加(昼食なし)は各3500円
  
◆ご予約・お問い合わせ
  kumariyoga@gmail.com (くまりかなこ宛)  
 件名  9/25  
 本文  名前、電話番号、終日か午前or午後かご記入下さい。
 ※終日参加の方が優先となります。ご了承ください。  
 
  メールにてご予約をお願い致します。確認後、返信させて頂きます。
  銀行口座をお知らせしますので、参加費のお振込みをお願い致します。  

 
 

□ Sivananda Yoga □ 
心身と霊性をバランスよく調整することから、インテグラルヨーガと呼ばれているシヴァナンダヨーガ。その深い知識と洞察力によるアジャストテクニック、教えに対する真摯な姿勢から海外のシヴァナンダヨーガ指導者も絶大な信頼を寄せる寺崎Sita 由美子さんによる入門ワークショップです。
ヨーガはどうして体にいいの?健康ってそもそも何?幸せってどんなこと?
日常的な疑問を、インドの聖人が紡いだヨーガの知識をもって考え、この身体で体験しましょう。
 
前半はインドにおけるベーシックなスタイルのアーサナ(ポーズ)とプラーナヤーマ(呼吸法)、後半は座学を通して、人はいかにして癒されるか、その答えを共に探求していきます。
肉体のみならずチャクラと気の体を意識したシーケンスはよき瞑想の為の準備であり、年齢を問わず、永きに渡って行えるものです。


  
【 スケジュール 】
 
9:30-10:00 受付

10:00-12:30 アーサナ&呼吸法 解説と実践

12:30-13:15 ベジタリアン弁当でランチ&休憩      

13:15-14:15 講義「心の解剖学 in YOGA」 
        「 ヨーガとはマインド(=心)の作用を止めること 」・・・と云いますが、
        心とはいったい何者なのでしょう?
        時に「私」をよろこばせ、時に「私」を苦しめ、そして時に「私」を騙す「心」。
        愛すべきトリックスターの働きとシステムをヨーガの中に紐解きます。
 
14:15-14:30 休憩        

14:30-15:15 「マントラと瞑想について」解説と実践

15:15-16:00 お茶とお話(Q&A、他)
 



e0184598_17373667.jpg
講師:寺崎 Sita 由美子
The International Sivananda Yoga Vedanta Centerの認定講師。
NPO法人Sivananda Yoga Vedanta Center Japan理事。
2000年 Hatha Yogaを学び始める。
2002年 友永淳子先生に師事。
2005年 Sivananda Yoga Vedanta Center の講師資格を取得、同組織の講師としての活動を開始。


2008年 同師範資格を取得、インド国内のヨガ教室や小学校などで教える。
以降、日本国内およびインド各地の Sivananda Center、スリランカのヨガ教室や、
アーユルヴェーダ施設などでローカル向けの指導を行うほか、
SYVCでのTTC、ATTCの助手として後進の指導に当たっている。  
[PR]
by miyuki_om | 2010-09-11 17:41 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(1)

ヨガベジぼ いこま会

e0184598_1232428.jpg
Om! こんちはー!
(どうでもいいですがOmって、挨拶代りにも使えマス。)

まだまだお家探し中のMiyukiです。


ところで、先日前の職場の人たちと再会してきました。

「職場の人」っていうと、ややカタイ感じと、どこかよそよそしいイメージがあるけど、私の場合全くそんなことはなくて、(みんなヨガマット持ってるぐらいですからー)先輩や後輩の関係だし、年齢バラバラだけど、気を使わないメンバーなのです。

そのうちのママになった友人は、出産して2か月も経たないのに

「出産は痛かったけど、もうその痛み忘れてもうたわーはははー。」

と笑い飛ばしてました。

おぉ、さすが過去の事は過去の事。
今を生きてるやないの、ママさん!

ってヨガ的なことを思ったけど、いやいや。
よく考えたらそうじゃないんだよね。

出産の時の痛みよりも自分の赤ちゃんが頑張って生まれてきた事の感動や幸せの方が、遙かに超えてるから、そう思うんだろうなぁって。

ツライさや淋しさや痛み。
それらは一時的で、永遠には続かないこと。

でも幸せに感じることは、その人次第で永遠に続いていられるものだと思います。

そんなママになった友人と赤ちゃんを見て・・・

あ。今日のヨガクラスでHappy baby ポーズ、やってみよ!
なんて思いついたんですよ。

というわけで、午後からは大阪市内から奈良の生駒(いこま)へ移動して、新居に引っ越しした先輩のおうちでベジランチ&ヨガレッスンをいっちょやってきました。

ベジランチは私がサンフランシスコのSivanandaセンターでスタッフやっていた1か月、ヴィーガン(卵・乳製品は食べない)ベジタリアン料理を毎日センターにいる人たちに作っていたので、それを少し再現したような感じでおもてなし。
e0184598_22315562.jpg
e0184598_22325050.jpg


その時の様子はこちらです。

生駒の山々に囲まれた静かなおうち。

家の隅々にまで気が流れていて、ヨガが気持ちよくできる場所でした。


そうそう、こんなことやりたいんだよ、私!
なんて思いながら、自分の夢のデモンストレーションをした感じでした。

その日もね、ヨガやりたいけどスタジオは緊張するからもっとこじんまりした所知りませんか?
なんて聞かれて…

私はこういう人たちにヨガしてあげたいなぁってつくづく思います。
そんな場所を早く自分が開かなくては!
と、後押しされた一日でした。


ヨガベジランチとーっとした時間」


こんな感じでまたまた、どこへでも出張しますのでお声かけて下さいましー。


…もうこうなったら、いい物件に出会うまで神頼みじゃ~。
[PR]
by miyuki_om | 2010-09-09 13:40 | lessonでおもうこと | Trackback | Comments(2)

恋におちた?

e0184598_22311368.jpg
@京都・金胎寺 音合わせ中…

先週末のリトリートからなんだか、より一層頭がぼーっとします。

無気力っていうんじゃんなくて、いい映画を観終わった後、ぼーっとしたいっていうのと、なんとなく似てます。

もっと恥ずかしいことを書くと、誰かと恋愛をしていて、あー愛されてるなぁって思ってぼーっとしているのと、似てます。

この前もブログでOTOの世界について書きましたが、先週から1週間ずーっと音楽と関わる時間が続いていたので、きっとその影響が本当に大きい。

私完全にOTOにやられてます。
OTOと恋愛しているような感じです。

(…ってカッコよさげに書いてみました!笑)

私の深い意識をくすぐった 音 は、少なからず、クラスにも影響がでたよう。

今月から始まったSivanandaビギナークラスでは、始めと終わりのマントラをシャバアーサナの時に唱えることにしたのですが。

ひとりの生徒さんが、クラス終わって

「最初のマントラで、もう泣きそうでした」

と言ってくれました。

いや。私のほうこそ、そんなこと言ってくれると泣きそうです。

その生徒さんはマントラはその人の持っているものが影響して伝わる、って言ってくれたのですが。

そんな風に感じてくれたことは、とてもありがたきこと。

マントラシャワー作戦、(やっぱ狙ってたのか!)いい感じに働きかけているもよう。

とはいえ、その生徒さん最後の最後に



「Miyuki先生って新喜劇見て育ちました?」って。


……


めちゃめちゃ四国出身ですけど、私。
[PR]
by miyuki_om | 2010-09-05 22:31 | あんなこと | Trackback | Comments(2)

ハルモニゥム出張レッスン

e0184598_913219.jpg

みなさん! 年末まであと119日です。

ん。あんまりピン!と来ませんよね。
はい。どーでもいいネタです。

さて、帰国後。急にキールタン話があちゃらからやってきてまして…びっくりしている私なのですが。

Sivanada繋がりのYukari先生が最近ハルモニゥムを購入されたってことで、ハルモニゥムレッスン、してきました。

お初にお目にかかった、Yukari先生のハルモニゥムは色が黒いこともあって、めちゃめちゃ凛々しい顔立ちでしたー。
超美形です。

ハルモニゥムもピンからキリまで様々で、私が持っているものはシングル音といって、超ストレートに音が出ます。
なので、ちょっと間違ったりすると、一発でバレちゃいます。苦笑

もうひとつはYukari先生が持っているダブル音のもの。
これは、ひとつの鍵盤でふたつの音が鳴るので、音に重厚感があります。

ハルモニゥムレッスンといっても、子供の頃ピアノを習っていた方なので、聞いた音がどの音なのかキャッチできる「絶対音感」が備わっていたため、ほとんど私が弾いて、歌って…

はい、普通にひとりキールタンやってしまいました。笑

キールタンには特別楽譜がないので、耳で聞いてそれを音にする。

これが基本。

私もピアノ習ってたけど、逆にあの「おたまじゃくし」がもう読めませーん。

どっちかっていうと、視覚から受けとるよりも聴覚から受けとる方が私の場合、圧倒的にストレスがないかなぁ。

それと、自分で歌う時は自分の音のキーが決まっているので、大丈夫なんだけど、他の人が歌う時はそれぞれキーが異なるので、その方の基本の音を見つけるのが、少し大変です。

これぞ、全身の細胞が耳に集中している瞬間を感じますヨ。
(ぞくっ!!)


もしハルモニゥム練習したい!とか、

じ、実は隠れて、私ハルモニゥム持ってるんですー

って人がいらっしゃったら、出張ハルモニゥムレッスン走りますので、連絡くださいね。

うちのリラやん(←ハルモニゥムの名前ね。本当はリーラLila=神の遊び)連れてどこでも行きますから。

で、お知らせひとつ。

キールタン特別クラスを京都のヨガスタジオTAMISAさんで今後月1回のペースでさせて頂くことになりました。

第1回は9月12日(sun)15:00-16:20です。

生リラやんにお目にかかりたい方、真っ黒になって女らしさを失った私にお会いしたい方(笑)お待ちしてまーす。

詳細はこちら

今日も平和で愛ある一日を!

Shanti & Prem
[PR]
by miyuki_om | 2010-09-03 10:12 | lessonでおもうこと | Trackback | Comments(2)