ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

スワミ・マハデヴァナンダ師WS「瞑想と祈り」

e0184598_2147345.jpg


シヴァナンダ・アシュラムでも中心的存在であるスワミ・マハデヴァナンダ師による瞑想と祈りのワークショップ開催です!

東京にあるシヴァナンダヨガ・ヴェダンタセンターの開所式のため、スワミジが来日が決まり、その後初の関西訪問が決定しました。

TTC卒業生(横の繋がりを広げましょう!〉、そして今後TTCを検討している方、また流派を問わず、どなたでもご参加頂けますので、ぜひ足を運びにきてくださいね。

パワフルなスワミジのキールタンは、その場の振動がすごいですから!

-------------------------------------
スワミジWS 大阪&京都 「瞑想と祈り」

◇日時と場所

大阪…2011/6/27(月)
    
エルおおさか
    
京都…2011/6/28(火)

ヨガスタジオTAMISA 三条寺町スタジオ

1) 18:30-20:00 「瞑想と祈り」講話
2) 20:15-21:00 サットサンガ(瞑想・キールタン) 

※大阪・京都共に同じスケジュールです。

        
◇講師 スワミ・マハデヴァナンダ / Swami Mahadevananda
    ※日本語の通訳が付きます

◇費用 1)・・・¥3000
     2)・・・無料

◇持ち物 座りやすい服装、座布団代わりにヨガマットをお持ち頂くのがお勧めです。

◇ご予約 大阪…ヨーガ堂・tsuchi 山口さんまで
     072-628-3309

     京都…ヨガスタジオTAMISAまで
     075-212-0776
     studio@tamisa-yoga.com

     
--------------------------------------------------------------------------------

第1部では、ヨガを実践する方にむけて、瞑想と祈りについて、深い真実をスワミが語ってくださいます。

天変地異など自分ではどうしようもならない事に、どのように向き合っていけばよいのか、今のこの時期に、スワミから、わかりやすく紐解いてくれる事でしょう。

そして第2部の「サットサンガ」
サットサンガとは、サット(真理、純粋なもの)、サンガ(集まり)を意味します。

アシュラムでは1日2回、このサットサンガが行われています。

今回は、実際にスワミのガイドに沿って、瞑想を行い、その後マントラをメロディに合わせて歌うキールタンによって、心と身体の浄化を図ります。

ヨガはアーサナをとる事だけが目的ではありません。

スワミジと一緒に神聖な時間を過ごしましょう。

第2部は無料となっていますので、お仕事の帰りや、お時間に都合がつく方は第2部だけでも、どうぞお気軽にご参加ください。

〈講師紹介〉
スワミ・マハデヴァナンダ師は、1970年代初頭より長きに渡りスワミ・ヴィシュヌデヴァナンダ師の門弟として学ばれ、自らも出家して多くの生徒を導いてきました。

スワミ・ヴィシュヌデヴァナンダ師のマハーサマーディー(死去)の後もその遺志を引き継ぎ、1978年から南インド、ケララ州のニヤルダム・アシュラムの主任を務め、現在インド全土のアシュラムやセンター、カナダの本部のあるアシュラムなどシヴァナンダ・ヨガ・ヴェーダンタ・センターを総括するアチャリア(先生)です。
日本のセンターのNPOの理事でもあります。
インドをはじめ各国で行われるシヴァナンダTTC(指導者養成コース)で、ヨーガの世界をわかりやすく説き明かし、多くの生徒達に慕われています。
[PR]
by miyuki_om | 2011-05-31 19:55 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

雨林舎

e0184598_18502044.jpg
雨が似合う喫茶店「雨林舎」
e0184598_18504253.jpg
ひとり読書がしたくなる喫茶店「雨林舎」

ご近所にまたいいところ発見。
雨の日の楽しみが増えました。

京都の町屋は、雨が似合うね。

今朝も朝から雨がざーざー容赦なく降っていて、

「こんなに雨の音って大きく聞こえましたっけ?」とシェアメイトなおちゃんがポツリ。

たしかに。たしかに。

しばし二人ベーグルをもぐもぐ食べながら、雨の音に耳を澄ましてみる…。

車の音にかき消されたり、マンション生活では、屋根にあたる雨音が聞こえないから、そう感じるのかもね。


ひとりで過ごす時間は、頭の中の整理ができてよいです。

ただ「考える」という思考はお休みさせたい。

考えれば考えるほど、人はよからぬ方向に走ってしまうから。

考えても10分まで!

(恋人の喧嘩も10分以上は長引かせない方がいい…なんて聞いたことがあるぐらいだし。
と言いきったところで、そんな喧嘩相手もいませんけど。笑)

その後は、めちゃくちゃ大きな深呼吸!

昔から、

「悩みなんて寝たら忘れる」

と人に言ってたけど、今では寝る前には忘れる…というか、そこまで考えないようになりました。

意外とさっぱりした人間ですかね。


この雨の音と共に、自分の固執した考えを流していけたらよいですね。

雨はなんてったって、浄化ですから!


e0184598_1952288.jpg
アボガドとチーズのとろとろが、女子的食欲をそそります…。

本を一旦閉じて、もうこっちに夢中。
[PR]
by miyuki_om | 2011-05-29 19:43 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

6月のスケジュール

e0184598_22383087.jpg

一足早く梅雨入りしそうな気配!
あぁ、いやだなー、とつい思ってしまうけど、梅雨をどう心地良く乗り切ろうか、考え中。

いい本と出会うといいな。

そして雨の日の瞑想や呼吸法、アーサナはとても集中力が増してやりやすい。
Yoga Houseはそうでなくても、静かな場所なので、雨音を楽しめそうです。

それでは
6月のKyoto Yoga Houseのスケジュールです。

--------------------------------------------------------
◇1(水)10:30~12:00
◇4(土)16:00~17:30 
◇5(日)10:30~12:00 
◇8(水)10:30~12:00 
◇11(土)都合により、休講 
◇12(日)10:30~12:00 Yogaクラス
    13:00~15:00 ベジランチ 
◇15(水)10:30~12:00
◇18(土)14:00~15:30←開始時間が変更になりました
◇19(日)10:30~12:00
◇22(水)10:30~12:00
◇25(土)14:00~15:30 Yogaクラス
※通常とクラス時間帯が異なりますので、ご注意ください。
    16:00~18:00 サットサンガ
◇29(日)10:30~12:00 
 
※クラス定員は6名です。

--------------------------------------------------
【お知らせ・その1】
◇6/12(日)のYogaベジクラスについて
e0184598_20352529.jpg
ベジタリアンランチを私の方で用意します。
クラスの後にほっこり一緒にいただきましょう。
食べ物にアレルギーや苦手な食材をお持ちの方は、予めご予約の際にお申し付けください。
Yogaクラスのみの受講も可能で、通常クラスと同じ¥1500となります。

【お知らせ・その2】
◇6/25(土)サットサンガについて

サットサンガとは、サット(真理、純粋なもの)、サンガ(集まり)を意味します。
アシュラムでは1日2回、このサットサンガが行われています。

参加費は無料で、定員はありませんのでお気軽にお越しください。

瞑想の後、マントラチャンティング、キールタンを行う予定です。

Yogaクラスについての詳しい案内はこちらをご確認ください。

お問い合わせ・ご予約↓↓↓
lakshmiyuki77※yahoo.co.jp
(※を@に変換して送信ください)
090-8456-9657

-------------------------------------------------

そういえば、先月のスケジュールUPした時に「外Yogaやりたいな。」と載せたら…

その後、お話がやってきました!

7月と8月、大阪と神戸方面で外Yoga+キールタンを開催します。
またこのブログで日程や詳細などアップしますので、お楽しみに。


じゃ、次は…

「南の島でYogaやりたいな。」

なんて。欲張り。笑
[PR]
by miyuki_om | 2011-05-24 20:49 | 最新スケジュール(yoga house) | Trackback | Comments(0)

人を好きになる

e0184598_212264.jpg
これって、難しいことなんだろうか…。

人間だから、相性が合う合わない、ってあると思うけど、これって、ただ相手のことを「許す」かどうかの問題なんだろうね。


新しいシェアメイトがうちにやってきました。

実はね、全く知らない人なんです。苦笑

初めて会った時、「うん。大丈夫でしょ。」というなんとなくの勘で、シェア生活をスタートしました。

人からは、「よく知らない人と住めるねー。」なんて驚かれるけれど、私にとってシェア生活というのは、自分のネガティブな部分やエゴが現れやすいので、逆にマインドを観察することができて、おもしろいのですよ。

(結構私って頑固な部分があるので、シェア生活でいかに柔軟な思考にできるか、って言う事にも繋がるのであーる。)

カルマの法則により、投げたものは必ず自分に跳ね返ってきます。

人を許すと、相手も許してくれる。
人に優しく接すると、人にも優しくされる。
人に与えると、その倍与えられる。
人を好きになると、人にも好かれる。

私達は、ただ社会の中で働き、お金を稼ぎ、快楽のためにそのお金を消費する生き方ではなくて、人のために生きているということ。

未だ独身の私なので「老後が心配」なんて言葉が遠くから聞こえてくるのですが(苦笑)、それよりも「人のために生きなさい」と言ってくれる人、誰かいないかなぁ…なんて。


あ、もうお気づきかもしれませんが、恋愛の「好き」というお話では今回ありませんでしたね。
(残念?!)

恋愛の「好き」という感覚、もう忘れかけている私ですが、回りには自分が男だったら、彼女にしたい! かわいい女子よ!という人がたくさん。

しかし、こういう人たちも、なぜか独身の人ばっかりなんだよねー。

ねぇ、なんでなん??笑

男女の垣根を越えて、人として好きだと思える人がそばにいれば、それで私の今世としては満足かな。

e0184598_2126930.jpg
 「はちはち」という、ずっしり系のドイツパンを扱っているお店。
このずっしりパンの美味しさがわかる人って好き。

e0184598_21262152.jpg
ゆったり流れる時間を無言で一緒に楽しめる人も好き。
[PR]
by miyuki_om | 2011-05-21 21:32 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

音と場のチカラ

e0184598_21345358.jpg
というわけで、ここでは告知してませんでしたが…Yoga Smileに参加してまいりました。

全く先生オーラがゼロですけど、一応講師で。笑

今回は「音とヨガ」というテーマでクラスを担当させてもらいましたが、強力な助っ人としてケビン・ジェームスさんという、オーストラリアのバイロンベイを中心に世界各国でキールタンコンサートなどを行っている方との共演でした。

このケビンさん。
話し方が、まるで音楽。

全くの初対面で、打ち合わせと言っても、挨拶と私が行うシヴァナンダヨガの説明をちょろっとしたぐらいで、

「まぁ、シナリオなんて作っても、音なんてその場のエネルギーで作り出すものだからね」

と、ケビンさん。

「じゃぁ、本番何が起こるかに任せますかねー」

と、結局私も流されてみることに。

ほぼ打ち合わせなしで本番GO-!!でした。

e0184598_21581380.jpg
でも、それが正解!
最初から既に極上のシャバアーサナで、スタートです。

インストラクションしている私も、心地良かったから、間違いないはず!

ケビンさんの笛とハルモニゥムの優しい音色で、一気に場のエネルギーが柔らかいものに変わり…
e0184598_227358.jpg


こういう方達とは、なぜか言葉なくても、目を見ると、何を感じているのか、何を思っているのかわかるので、自分なりにおもしろいなぁと。
e0184598_22254518.jpg



もともといい空気が流れているお寺なのだから、「どこどこの筋肉をこう回すと、どこどこが広がって…」だの「股関節を緩めるには、どうのこうの~」とか、解剖学的に体に意識を向けるという内容は本当にもったいないと思うのです。

(って、やってた先生がいたら、すみません!)


余計な事は言わず、これまでにしたクラスの中で一番言葉数が少なかったかも。
e0184598_22285578.jpg


「リラ~~~ックス」

「指先は天。足の裏は大地。」

こればっかり。笑

e0184598_22291357.jpg
2時間も枠があったのに、シヴァナンダの12ポーズの内、8ポーズ。
しかも呼吸法もアヌロマヴィローマのみ。

その分ひとつのポーズをじっくりと。
そして何よりシャバアーサナを大切にしたクラスにしたかったから。


いや~。
私もみんなと一緒にシャバアーサナをしたぐらい、音と場のチカラで満たされました。

でね!みんなシャバアーサナしていたので、わからなかったと思うのですが、なんとケビンさんはハルモニゥムを弾きながら、笛を吹くという、すごい技(?)の持ち主です。

はい。手は2本しかありませんヨ。


…答えは…足でハルモニゥムをふかふかしながら、笛を吹いていたんですね~。

今度、私もやってみよっと。

歌いたいから、笛は無理だけど、やっぱ太鼓とか??
どうでもよいような夢は広がります。笑


今週5/22、京都のスタジオTAMISAでケビンさんによる「音とヨガ」のWSが開催されます!
ヨガはYuka先生がリードしてくれますが、私はチャンティング部門でまたまたハルモニゥムで登場しますですー。
ケビンさんの助っ人役、今度はさせて頂きます。

Yoga Smiileに参加できなかった方、ぜひぜひ!!

詳細はこちら
[PR]
by miyuki_om | 2011-05-17 22:44 | eventれぽーと | Trackback | Comments(6)

ふるさと小包便

e0184598_16493422.jpg
届きました!
タイからのお土産がどっさり!
写真奥にうっすら映っている、シヴァナンダ先生もにっこり。

タイも意外とナチュラル志向のものや、オーガニックの食材、売っているんだね!

とほくほく顔してたら、次の日に本当にふるさと高松から、野菜の小包便が届いたし!笑



前も言った事があるかもしれませんが、いつの頃からか食べ物に困る事がなくなりました。

と言うのも、出会う人から色々頂く機会があり、最近は駐輪場のおぃちゃん達からも、頂く事も。(お煎餅とか!飴ちゃんとか!)

駐輪場のおぃちゃんから頂いたお煎餅であっても、一度お家の祭壇に置くようにして、神様にもちゃんと喜んでもらってますよ。


この現象。

シヴァナンダをやり始めてから…?(かどうかは、わかりませんが)

でも同じシヴァヨギーの友人も、同じ事を言ってました。




スワミ・シヴァナンダ先生の言葉で

「他人に気前よく寛大にしたからといって破産することはありません。

他人に与えることによって自分が貧乏になってしまうことなど絶対にありません。」


スワミジは、他人から頂いたものを、すぐ他人に与えていたそうで「Givananda」(=giveする人)というあだ名だったとか、なんだとか…。


「あげたい人には、自分の一番大切なものをあげる」

という言葉もよく聞きますが。


例えば、最後に食べようと残しておいたものを、「それおいしい?」なんて言われたら

「あ、食べる?」

って心の底から素直に言えるだろうか…私。

きっと迷う事なく、あげることができれば、『執着』や『欲望』から切り離されるんだろうなぁ。

ただ自分にとって好きな人からそれを言われたら、「食べて食べて~」ってきっと言えるけど、自分の苦手とする人だったら、どうなんだろう。


よし、今度やってみよ。苦笑
[PR]
by miyuki_om | 2011-05-12 18:02 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

Lokah Samasta Sukhino Bhavantu

e0184598_2263197.jpg
「つながるYOGA」にご参加くださった皆さま、心から感謝します。

「楽しかった!」という言葉はなんだか違う…

「温かかった」という言葉の方が合うかなぁ。


震災から早くも2ヶ月が経過しようとしていますが、今トップニュースは被災地の状況よりも、計画停電や、原子炉の事を中心に取り上げられる方が多くなりました。

もしくは、食中毒問題…とか。

世の中は急速に流れているけれども、被災地の状況は今もなお、瓦礫でいっぱいだという。

今回参加してくれた友人のひとりは、東北へ支援活動に行って帰ってきたところで、過酷な被災地の中でも、手を握り合う事で、人の温もりと繋がりを感じてきたようでした。


全く知らない人達同士が、Yogaのアーサナを同じ空間で行っていくうちに、自然と一体感がこの数時間で生まれていく過程を、不思議だなぁと、思ってみていました。

キールタンの1曲目から、エネルギーがバチー!っと合ったのは、きっとその前のアーサナのおかげだと思いマス。

みんなのエネルギーが同じ方向を向いている時は、私の声もスコーン!って、胸からその響きが出る感じ。

音とひとつに繋がった時、なんとも言えない気持良さと、至福が内側からじんわり。

最後、みんなでうるうるっとしちゃったね。

それでいいのです。

蓋をせずに…。

感動の涙よりも、この至福感に近い涙って、本当に浄化のサインだから。



今後も、定期的にこのようなイベントをしようと思ってます。

その時は、皆さんの力をまたお借りしますね!

「つながり」をありがとう。




Lokah Samasta Sukhino Bhavantu

生きとし生けるもの全ての存在に幸福を…。


Om Shanti, Om Peace,




-------------------------------------------

キールタン、まだまだ歌い足りない方。

キールタンまだ未経験で、その魅力を体験したい方。

今週8日(日)に、大阪でどっぷり2時間キールタンのイベントを行います!

詳しくはこちら

当日参加も可能です。

あ!と思ったら、連絡くださいね。

当日の連絡先はTomokoさんの携帯へお願いします!

080-4304-8108
[PR]
by miyuki_om | 2011-05-05 22:51 | eventれぽーと | Trackback | Comments(2)

かるまよぎに

e0184598_1935093.jpg
ハトとスズメと…リス!!
友人がインド・デリーで撮った写真の一枚です。

上手く共存しているようで。笑


先日、ある先生から

「シヴァナンダの方って、カルマヨガ精神がすごいですよね。」

って言われました。

言われたのですが、「ありがとうございます」っていう返事もおかしいし、結局

「えー、そうですか。」

と、なんともそっけない感じの返答。苦笑

すみません!


いやいや、私なんてまだまだですもん。

たった1ヶ月間半、サンフランシスコのセンターでカルマヨガスタッフをやっていただけなのに、2回ぐらい弱音吐いて、泣いたし。

ストレスで肌も荒れ放題。

チョコレートばか食い。

でしたから。

ストレスに感じるのも、全ては自分の思考次第なのに…。

忙しさに心折れそうな時、いつも最後には「このスタッフ生活はたった1ヶ月だしさ!」って、自分で言い聞かせて、心は未来にあって、今ここにはない状態。


でも本当に、私の回りにいるシヴァナンダの先生方は、みんな真のカルマヨギニである事は事実。



人より先にお尻があがるっていうね。

しかも自然すぎて、スマートさがあるのです。


約2年弱にわたり、インドのアシュラムでスタッフをしていたシヴァナンダフレンドである、Chandrika-Hiromiさんは、私の知っている中でも素晴らしいカルマヨギニのひとり。

ついこの間、インドから帰国し、数日うちに泊まっていた間も私以上に、掃除機かけてましたから…

新しい場所に移転する、東京のSivananda Yoga Vedantaセンターで住み込みのスタッフ(もちろん無報酬です)として任命された彼女は…

「インドに行くお金が溜まらんよー。」

って嘆いていたけど、私はきっとカルマの法則で、誰かの助けによってHiromi-jiをインドに戻してくれる気がするのです。


どなたか東京のセンターにカルマヨガでたまにご飯作りに来てもらえると、きっと大喜びしてくれると!



いつも思う。

人の行動を見ていると、カルマヨガとは何かを考えさせられたり、学ぶことができる。

でもね、実際すごく難しい。

欲深いのが私たち人間ですから。

ただ今の自分がいるポジションで、その人に見合ったカルマヨガがあるはず。

適材適所でカルマヨガができるように、不思議なことにこの世の中なっているみたい。




お金を払って手に入れたモノは、あの世には持っていくことができなくて…

自分がどれだけ今世で、徳を積んだかによって、来世の転生が変わると言われてます。

が。今の現状を満足している私は、全く向上心がないという、だめなヨギニです。笑

まぁYogaに出会えた事で、今世はそれでいいかなと。

来世でもうちょっと上目指して修行してもらいましょかー、なんて。
[PR]
by miyuki_om | 2011-05-01 21:54 | あんなこと | Trackback | Comments(2)