ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

初夏のヨーガとキールタン@名古屋

e0184598_1271251.jpg

今年も去年に引き続き、名古屋で初夏のヨーガとキールタン会を開催します。

去年は雨女全開の年だったせいか(今年も?)、去年はハルモニゥムのリーラを雨の中、だいじにだいじに運び、あまりにもリーラにばかり意識が向いていたのか、リュックのチャックを開けっ放しでいたようで、ヨガパンツがリュックから落ちて、水たまりにボチャン! という始末。

その状況を、ヨーガを担当したyumikoせんせと雨の中名古屋駅前で大笑いした記憶あり。笑

今年は青空になるといいな。いいな。

新緑の季節、緑あふれる名古屋の郊外に遊びにいらしてください。

キールタンをまっていてくれている方も、
そして、ヨーガが初めて、キールタンってなんでしょうか、というかたも大歓迎です。

キールタンは、音のヨーガ。
自分の身体から、声をだしたり、歌ってみる、
そこから心が開いてくることを感じてみてください。

ヨーガでは、
老若男女だれもが取り組めるやさしいポーズと呼吸法を練習していきます。
呼吸と心と身体を感じるて精一杯じぶんを大事にしていく時間にしていきます。


自身の伸びやかさとあるがままの可能性を存分にさぐる半日ワークショップ!

-初夏のヨーガとキールタン2012-

日程: 5/3(木・祝)14:00スタート (受付は、13:45より)

場所: 愛・地球博記念公園モリコロパーク内
   「地球市民交流センター」学習室3  (愛知県長久手市)

内容: ヨガ90分(yumiko)、キールタン60分(Miyuki)

参加費: 4000円(ヨーガだけ、キールタンだけのご参加希望の方はご相談ください)

持ち物: ヨガマット・動きやすい服装・タオル・飲み物など


お問合わせ・ご予約は
lakshmiyuki77※yahoo.co.jp
(※を@に変換して送信ください)

ヨーガ案内人:yumikoせんせについてはこちら

e0184598_1221358.jpg

e0184598_12212444.jpg

e0184598_12214284.jpg


・・・会場について・・・

リニモ「愛・地球博記念公園駅」下車 5番出口・徒歩5分です。

<公共交通機関アクセス・駐車場案内>
http://www.aichi-toshi.or.jp/park/park(HP)/morikoro/accesse/index.html

*駐車場は、北駐車場が最寄です。
*お車でもお越しいただけますが、連休中で混雑が予想されます。
 時間に余裕をもってお越しくださいませ!

e0184598_12223386.jpg
モリコロとやらも、まってるらしい…!
[PR]
by miyuki_om | 2012-03-31 12:26 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

4月のスケジュール

e0184598_2050324.jpg

今朝、家の前の神社から、うぐいすの鳴き声が聞こえました。
もうすぐ4月だというのに、もっこもこの服を着なくてはやってられない!程の寒さの中で、うぐいす君はなんとも小さな声だったけど、鳴いていたのですよ。

音をはずしながら…。

お世辞でもキレイに鳴いている声ではなかったんだけど、その音程ずれたうぐいすの声にくすくすと心がほぐれたのでした。

こんなはずじゃなかった3月の末。
寒くても、鳴いて春を知らせてくれて ありがとうね。

では4月のKyoto Yoga Houseのスケジュールです。

------------------------------------------------------

◇1(日)10:30~12:00
◇4(水)10:30~12:00 (担当:Kumariせんせ)
◇7(土)16:00~17:30 
◇8(日)10:30~12:00
◇11(水)10:30~12:00
◇14(土)16:00~17:30
◇15(日)10:30~12:00
◇18(水)10:30~12:00
◇21(土)16:00~17:30
◇22(日)10:30~12:00ヨガクラス 
    13:00~14:30ベジタリアンランチ
◇25(水)10:30~12:00(担当:Kumariせんせ)
◇28(土)、29(日)安曇野リトリートの為お休み   
 
クラス定員は6名です。
ご予約は前日までにお願いします。


【お知らせ】

◇4/22(日)のYogaベジクラスについて

ベジタリアンランチを私の方で用意します。
クラスの後にほっこり一緒にいただきましょう。
食べ物にアレルギーや苦手な食材をお持ちの方は、予めご予約の際にお申し付けください。
Yogaクラスのみの受講も可能で、通常クラスと同じ¥1500となります。
e0184598_2181690.jpg

前回のメニュー
●トマトと野菜のキビ入り雑穀スープ
●菜の花の塩麹和え
●フルーツリーフサラダ
●ごぼうの味噌胡桃
●大根のカナッペ
●野菜のロー海苔巻き

写真では上手く伝わりにくいですが、前回はこれまでのメニューよりもライトな仕上がりに。
繊細に野菜の味を味わってほしくて、あまり長時間加熱したものは極力控えてみました。
とんがった味ではなくて、薄味(良い風にいえば?マイルド)
我ながら、美味しかったですわー。

来月もこんな感じで、ロー的ランチを中心におもてなししたいと思ってます!

「プラーナを食す」ですわ。



4/28,29に行うリトリートでも、この「プラーナ」がキーワードです。
ヨガのアーサナも結局のところ、プラーナが満ち満ちていなければ、ずばり意味がないのではないかと、最近自分のプラクティスの度に思うのでありました。




Yogaクラスについての詳しい案内はこちらをご確認ください。

お問い合わせ・ご予約↓↓↓

lakshmiyuki77※yahoo.co.jp
(※を@に変換して送信ください)

090-8456-9657
[PR]
by miyuki_om | 2012-03-25 22:23 | 最新スケジュール(yoga house) | Trackback | Comments(2)

日々のくらしYOGAリトリート

e0184598_1857674.jpg
みなさんも既にご存知のKumariせんせと共に、生命エネルギー溢れる自然豊かな場所でYOGAリトリートを開催が決定しました!

私たちが毎日していること、自分で続けられるゆるく丁寧な暮らし。
そんな自分でセルフケアをするようなヨーガ(日常)を紹介するような感じ。

お勉強するよりも、体験し、感じてもらうことを大切にみんなとシェアしたいと思ってます。

からだのなかは 空っぽ に。

プラーナは  いっぱい に。
e0184598_2149113.jpg


-日々のくらしYOGAリトリート-
@北安曇野


体操、早寝早起き、
少食菜食、浄化、瞑想、

ヨーガとともに過ごす丁寧な一日を


◇日程 2012年4月28日(土)・29日(日)

◇スケジュール

≪4月28日≫
14:00      「信濃松川駅」集合
14:30      チェックイン
14:30~15:00 オリエンテーション&ティータイム
15:30~17:00 クリヤ(浄化法)&呼吸法の実践と解説
        (ご希望の方々に5分ずつ程度のレイキ)
17:30~18:30 菜食夕ごはん
19:00~     入浴(近くの温泉施設へ。※入浴料¥500、お宿のシャワー¥100)
21:00~22:20 おやすみヨーガ(担当:Kumari)そのまま深い安眠へ・・・
22:30    就寝

≪4月29日≫
5:30 起床
6:00~6:30   モーニングウォーク
6:30~7:00   日光浴&ティータイム
        (ご希望の方々に5分ずつ程度のレイキ)
7:00~9:00   おはようヨーガ(担当:Miyuki)朝の大地のエネルギーでピカピカ!
9:30~      スムージータイム&シェアリング、質疑応答etc
11:00      チェックアウト

※お茶と小さなおやつ(健康的で自然なもの)をこちらで用意しお渡しします。
 空腹時には、ご自分で調整して小腹をみたしてください。



◇宿泊
e0184598_20223060.jpg
シャンティクティ
〒399-8602 長野県北安曇郡池田町会染552-1

北アルプスの眺めと田園風景の美しい、安曇野池田町山麓の森の中にあります。
シャンティクティとはネパール語で「平和の家」という意味。
自然農の要素を取り入れた、農的暮らし、シンプルな暮らしも提案しているゲストハウスです。


◇交通

JR松本駅→(大糸線・信濃大町行)→信濃松川駅下車
信濃松川駅から車で宿泊先まで送迎いたします。

※こちらでレンタカーを借り、宿泊先まで送迎する予定ですが、ご自宅からお車でお越しの方がいらっしゃれば、信濃松川駅から参加者を一緒に送迎するお手伝いをして頂けると助かります。
ご予約の際におしらせください。


◇参加費

¥15,000

※クリヤの授業の時に鼻洗浄を行う「ネティポット」が必要になります。
お持ちでない方は¥300でご用意致しますので、ご予約の際お申込みください。
(仕入れの値段により、もう少し安く提供できるかもしれません!)

※信濃松川駅までの交通費は各自ご負担ください。

※4/21以降のキャンセルの場合は参加費の50%を取消手数料、リトリート前日の場合は全額返金できませんので、予めご了承ください。


◇定員13名


◇指導

Kumari & Miyuki

普段のクラスでお伝えしきれない細かい部分や、豆知識をお伝えできればと思います。
同じ時、同じ場所でシヴァナンダヨーガのTTCで学び得たものが、
数年の時をかけて、各々の場所・タイミングで消化し私たちオリジナルのものとなりました。
それらを一緒にして、心地良いエネルギーに満ちた場所で、皆さまとシェアできればと思います。


◇ご予約・お問い合わせ

kumariyoga@gmail.com
090-9471-8488
(Kumariまで)
ご予約の際は①ネティポットの要・不要、②お車でお越しかどうかも合わせてご連絡ください。
e0184598_2136784.jpg


リトリートに関するご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。
ご予約後、追って参加費のお振込案内と詳細をご連絡いたします。


毛穴いっぱい広げて、おいしい空気をからだにいれようね。
[PR]
by miyuki_om | 2012-03-16 14:01 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(2)

おひとりさま時間

e0184598_16301941.jpg
集団行動、集団生活が少々苦手のわたしにとって、おひとりさま時間は貴重な存在。

TTCの間、通訳をするため、いつも以上にしゃべらないといけないので、プラーナが…プラーナが…
朝のサットサンガの前にひとり練習して、エネルギーチャージしていたけど、やっぱりプラーナが流れ出るねー、話すことって。

で。TTCのサポートを終えてから、帰国するまで、ぜったいひとりの時間ほしー!と思い、選んだ行き先が「ホイアン」。

べトナム中部に位置するホイアンは、世界遺産指定都市にされているようで、街並みはベトナム+中国+日本(むかしの)を割ったような雰囲気。

TTCの休日にホーチミンに遊びに行ったものの、もう半日いただけで私にはtoo much!!で、早く帰りたかった…。
(鼻の中まっくろになるし、バイクのクラクションの嵐で頭いたひー)

海外も、もう大きな都市は全く興味がなくて、今回選んだホイアンは歩いてぐるっと回れるほどの田舎町というのが、すてきポイント。

毎日自転車借りて、ちゃりちゃりこいで、ホイアンの田舎道をふらふらと。
米畑が続く道は、なんか地元香川に風景が似ていて、落ち着く落ち着く。
e0184598_1742226.jpg
e0184598_17422168.jpg

今日はビーチに行くか、街にいくか、どっちにいこうか、起きて朝食をとってから決めてみる。

スケジュールがびっちり決まっていたTTCの時と間逆のこの感じが、よい。
ごはんも、お腹が空いてから、好きな時に食べたいものが食べられるっていうね。


e0184598_16522021.jpg
e0184598_1652407.jpg
e0184598_1771694.jpg


現在、全く物欲がないという私なので、服や雑貨などのお店が軒を連ねていたものの、3日間の滞在だったけど、1件ちらっとのぞいた程度。

もっぱら、カフェはしご。
お腹ちゃぷっとしてきたところで、ぶらぶら歩いて短足犬を見つけては、
「顔の大きさ普通やのに、なんで足短いかねー」と思いながら写真を撮る!みたいな時間を過ごしてたのですよ。
e0184598_1761416.jpg

足隠れてるけど、この子も短いのなんのって。

e0184598_1704147.jpg
顔も胴体も中型犬並みやのにサ…

e0184598_1715491.jpg
近づいても、知らんぷりで

e0184598_1724670.jpg
でもインドとは違って、全く噛んだり吠えたりしませんえ。

e0184598_1732882.jpg
やっぱり短くない?


こういうくだらないひとり遊びで十分楽しめるようになってしまった私…。
ホテルの人にも、ひとりでホイアン3日間なんて、どうして?とびっくりされてしまったけど、なんかこう、説明するのも面倒くさくて、「リラックス!リラックス!」とテキトーにね。

ひとりで知らない街を歩いていると、自分にとって魅かれるものがパっと目に飛び込んできやすいのです。
で、そこに思い赴くまま吸い寄せられて、次の行動の流れができてくる、って感じで制限されない本当に自由な旅ができるのがすき。

思えば、よく旅をするKumariは、直感が研ぎ澄まされているのです。

で、その直感がたいていおもしろい旅に導いてくれるという感じ。

よーく計画たてて、旅することも安全でいいのだけれど、ガイドブックをただなでていく左脳型旅行よりも右脳型旅行が、やっぱりよいです。

e0184598_17272752.jpg
e0184598_17274029.jpg
e0184598_17281095.jpg


そういえばベトナムから帰国して、スーツケースあけると、なぜか死んだ蟻ちゃん達がいたのに、これまた「なんで?」と思った私なのでした。

e0184598_1734762.jpg

インドの蟻ちゃんもベトナムの蟻ちゃんも、ビニール袋に穴があくほど生命力あふれる(?)彼らのようです…。

パソコンが壊れる理由として、蟻ちゃんがパソコンの中に入ってしまうから、というのも聞いたことがありますので、次旅をされる方は気をつけて!

…って、最後蟻ちゃんの話で〆てしまいそうになりました。苦笑



とにかく、べトナムでおひとり時間を満喫して日本に帰国して、プラーナ充電完了できてバンザーイ!


おしまい。
[PR]
by miyuki_om | 2012-03-15 18:05 | Sivananda ベトナム | Trackback | Comments(0)

108の祈り

e0184598_2153982.jpg
2011年3月11日は、スタジオTAMISAさんでクラスがあった日でした。

それから1年後に、こんな事をするとはもちろん想像もしていませんでした。


震災日に捧げる太陽礼拝108回。


この震災イベントの特別クラスがある直前までは、いつもと変わらない朝をむかえ、いつもと変わらない時間を過ごしていたのですが、黙祷時間になった途端、一気に自分の感情が身体全体を走っていきました。


恐怖や哀しみ。

そして感謝と喜び。

そんな色々交錯した感情で、合わせた手の指先が震えていました。

その場にいたみんなの祈りやエネルギーが、波動となって私に伝わってきたのかもしれません。


太陽礼拝がスタートした時は、空は曇りでどんよりしていたのだけど、30回を越えた頃からなんと雲の隙間から太陽が!

最近の天気はどんより日和が多かっただけに、この時の太陽が私にとっては、とてもとても輝かしい存在に思えたのでありました。

だけど、実はその太陽というのは、変わらずいつでもそこにあって誰に対しても平等に光を与えてくれている存在。

こんなにも与えてくれているのに、太陽は見返りも求めず、ひたすら与え続けてくれいている。

私ほんとに太陽、大好きです。
e0184598_2139699.jpg


年末に行った108回に引き続き、今回もみんなの素晴らしいエネルギーの集結によって18人全員が108回を無事終えることができました。

感動的な感じでもなくて。

あ、できちゃった…っていう感じで終わったのが、私的にはいい!


達成することを目的にせず、そこに辿り着くまでの過程や、今というその瞬間瞬間をいつも味わっていきたいと思うから。

震災の3.11だけが特別なものでもなく、いつも毎日が輝いている日であるよう、これからも時を刻んでいこう。


また明日、陽は昇ってくれるのだから、だいじょうぶ。
[PR]
by miyuki_om | 2012-03-12 22:09 | eventれぽーと | Trackback | Comments(4)

Taste Of Vietnameze

e0184598_2041132.jpg
ベトナムの菜食事情。
旧暦1日と15日は精進料理を食べるという習慣が昔から残っているらしいです。
だから意外とホーチミンの街中にもベジタリアン料理のお店があったり、レストランでもベジメニューがあるとか。

で、TTCが行われたセンターの食事はというと…。
もちろん朝夕2食、卵・乳製品を使用しない、完全なベジタリアン。
加えて、瞑想の障害となるにんにく、玉ねぎも抜き。
タマシック(怠惰)な食材と言われている、きのこ類もなし!

いわゆるサトビックフード(純粋な)・ベジタリアンなわけですな。
これのベトナムバージョンはどういうものかと言いますと…。

e0184598_201038.jpg
米麺であるフォーはミントやバジル、大葉なんかのハーブをいっぱい使用した、とってもあっさりした味で、一番好きだったなぁ。
e0184598_21211312.jpg

米消費量が世界一らしいベトナムは、白ごはんが毎食でるから私たち日本人には、とっても馴染みがあって総合的にはグットでした。

ただですね、大豆製品がやたらめったら多くて、大豆アレルギーにならんかと心配するほど、これでもかー!いうぐらい、豆腐攻撃に。

e0184598_21215486.jpg
トマトの中身をくり抜いて、その中に味付けしてある豆腐がモリっとね。
トマトをぐしゅぐしゅにして食べると、おいしー。


朝のティータイムにはホット豆乳。
食事には普通の豆腐と厚揚げ豆腐が必ず使われていて、それが毎食だからね…。
全体的に薄味だから、それに醤油とかで味付けして、大豆のオンパレードですわ、これ。

大豆ってね、アレルギーを持っている私には多量摂取は危険なので、ややビクビクしながらも、なぜか日を追うごとにピッタ優勢に!
消化の炎に火がついちゃうと、そうは言ってもバクバク食べちゃうんだよね、これが。

というわけで日本に帰国してからも、しばらくは豆腐No Thanks!という日々が続いておりますー。


もちろん南国ベトナム南部ではフルーツわんさか。
フルーツ女子としては、毎日プラサードで出されるマンゴーに食いついてましたが、ある日唇がピリピリし始め…

何事もほどほどがいいという、ちょっとしたカルマが現れたのでした。ははは。

e0184598_2128389.jpg

生のココナッツ!

インドで食べた時は、こんなもん食えるかー!といって、川に捨てたココナッツ。
ここベトナムの生のココナッツウォーターは甘くて、中の果肉もふるっふる。

フルーツだけでも十分テイスティーなベトナム。
e0184598_21383488.jpg



そういえば、パクチーいっぱいもりもりを期待していたわりには、飾り程度にしか料理に出てこなかったのがちょっと残念マイナス点かな。笑
[PR]
by miyuki_om | 2012-03-10 21:41 | Sivananda ベトナム | Trackback | Comments(4)

てぃーてぃーすぃー(TTC)のこととかサ。

e0184598_22124936.jpg
SivanandaのTTCは色々な国籍がいるのが特徴で、お国柄がわかるのが見ていておもしろい。

今年は日本から去年より多い16人が参加。
欧米人(アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス)が15人。
台湾人1人。
そしてベトナム人は35人で、計67人という大所帯のTTCでした。

ベトナム人がこんなにも多いことにびつくり。

そのベトナム人の生徒さんの中にはノートパソコンを使って授業の内容をパチパチ打って、ノート代わりにパソコンを打っている人もいたり…

i padでアーサナのデモンストレーションを録画している人もいたり…

つまりお金持ちさんが多いなぁと感じました。

日本人の皆さんはというと、平均年齢が30後半ってこともあって、落ち着いてましたね。
上手く通訳できなかった時も
「テキスト見れば、わかりますよね~。」
と言ってくれて大人な方ばかりで、逆に私が助かりました。涙

日本語テキストにめちゃくちゃ間違いがあった時も、だまーって訂正箇所を聞いてくれてたり。
きっと私だと、嫌味っぽく不平言っていたに違いない…。

e0184598_22482918.jpg

今まで指導してきたクラスで多種多様な生徒さんがいたおかげか、アーサナに取り組む姿勢を見るとなんとなくその人の性格がわかるようになってしまった私…。

アーサナは、その時の感情も出てしまうというから、やっぱり身体には嘘つけませんな。
(ヨガを始めたころの私なんぞ、涙しながらアーサナした事もあったしね。ひょえ)

ストイックな人。
惰性的な傾向にある人。
頭でアーサナを理解する傾向にある人。
努力家。
楽天的な人。
ただただ楽しんでいる人。

1日2回のアーサナクラス。
私の今回の役割というのは、そのアーサナクラスの通訳でした。

自分のクラスをするのとはワケが違う。
TTCのクラスとは「かっちり!きっちり!」やや軍隊風なのだ。
メインの先生が指導する言葉以外のリードをしてはいけないというのが決まりだけど、色付けした言葉でプラスアルファしたリードをしたこともあったよな…。

今思えば、自分のエゴから起こったんだと思う。

「私ならこう言うのにな。」とか
「もっと生徒さんにこう動いてほしい。」とかね。

日本でやってる一般的なヨガクラスだと

○○を意識して、××を伸ばしてみましょう~

なんて事を言うと思うけど、TTCでは全く言わないのがおもしろい。

とてもシンプルな言葉使いなのである。

「吸って」「吐いて」「リラックス」がほとんど!

始めはそれが私にとって物足りなくも感じたのです、きっと。

だけどよくよく思えば、そのシンプルなリードによって受ける生徒さんのマインドもシンプルになる。

解剖学や哲学の講義で頭の中の回線がただでさえ、混乱ぐっちゃぐちゃ状態なわけだから、アーサナクラスではシンプルに、頭を使わず感覚を大切にするっていうのが背景にあるような気がします。

(た、たぶん…苦笑)

e0184598_012936.jpg


で、ぶっちゃけですけど。

この1ヶ月のTTCのサポートに行く前、きっと復習もできるだろうし自分の勉強になるだろうと、期待をしていた私。

実際TTCのサポートを終えて、達成感というまでの感情は一切なく、淡々と自分の義務を行っていたという感じでした。

こういう割と大きな大役を果たしたところで、自分の感情があまりにもフラットである事に驚きと発見はありましたけど!


卒業式でキラキラした表情の生徒さんを見て、そんな私も安堵と、ちいさなおかぁちゃんのような気持ちでみんなを見守っていましたよ。


だけど。このTTCはただの扉。

この扉の向こう側をどう歩いていくかで、自分の魂の成長が変わっていくんだよね。

1ヶ月のサトビック(純粋)な生活から、世俗に戻った時のギャップにきっと心がぽかーんと一時的になるけれど、頑張りすぎずに自分なりのサトビックなヨガある日常をみんなに過ごしてほしいと願う、ちいさなおかぁちゃんでした。
e0184598_012411.jpg
人生って絶妙なタイミングで
必要なものが目の前に現れる、おもしろいものデス。

TTCもそういうものでしょ。

ね、そうでしょ。


1ヶ月を皆と共に過ごしてくれたみんな ありがとう。

心から。
[PR]
by miyuki_om | 2012-03-09 00:25 | Sivananda ベトナム | Trackback | Comments(0)

追加:3月スケジュール(金ようクラス)

2月中、私にかわってKyoto Yoga Houseのクラスを担当してくれたKumariせんせが、3月中もクラスを行ってくれることになりました!
e0184598_16384196.jpg

2月に来られなかった方もぜひ。
Kumariヨガに魅せられた方もまたぜひ。

クラスに参加してくださいね。

そしてマニアックなヨギーさん、どうぞ。笑


形よりもプラーナの流れを感じることを大切にするKumariせんせ。

シャバアーサナのときに あたたかいもの Kumariせんせから感じるはず。

◇9日(金)10:30~
◇16日(金)10:30~
◇23日(金)10:30~
◇30日(金)10:30~


※クラス参加費は通常の¥1500(お茶つき)です。

※金ようクラスのご予約先は直接Kumariせんせへお願いします。
090-9471-8488
kumariyoga※gmail.com
(※マークを@に変更して送信ください)
[PR]
by miyuki_om | 2012-03-04 16:49 | 最新スケジュール(yoga house) | Trackback | Comments(0)

ベトナム人

e0184598_19252770.jpg

シンチャオ!(こんちゃ!)
わたくし。いつの間にやら帰国してますyo!

一番底冷えする時期の京都を離れ、汗疹ができるほど日中は暑かったベトナムでの日々を少しずつ綴ってみたいと思います。

ベトナム人。

最初はやや人見知り気味で

おしゃべり好き

働きもので 

それでいて、だら~んとタマス的なところもある。

女の人、特におばちゃんは人の世話をするのが好きらしく(インド人とここは似ている!)
同室で滞在していたベトナム人のおばちゃん2人に、色々食べ物を与えられてました。

"私の名前はLakshmi(←スピリチュアルネームです)だよー"

と何度も言っても、どうも覚えるのが難しいらしくいつも

"YOU!!"

と私はそのおばちゃん達から呼ばれてました。

"YOU, Eat?” (フルーツを指さしながら)

片言の英語で、日本人のちっちゃい小娘の面倒をみてもらいながらも、最後の最後まで

"YOU YOU!!”と言われてました。

ちょっとあんた!って感じの呼び方だったから、YOU!と言われる度にドギーっとする私でした。


e0184598_2218253.jpg

おばちゃんが「食え食え!おいしいから!」とすすめてきたのが、これ。
蓮の花の実。

採れたての生の蓮の実は、とっても栄養価が高いのと、一粒食べるだけでもリラックス効果もあるようです(おばちゃんのジェスチャーまじりで話す片言英語の理解が正しければ…)

e0184598_22262194.jpg

でね、べトナム語の響きのかわいさに、いつも癒されてました。

ほわん ひゃん ほふん ふぉ は~ん

みたいな感じで、風船をイメージできそうな発音。

お話好きのべトナム人のおばちゃんらは夜遅くまで何やら話しをしていたけど、発音がやわらかいから、全く耳障りな感じなくてね。

きっとカツカツした中国語とかだと、きっと眠れないんだろうな・・・。

e0184598_2235566.jpg

ベトナム人が話す英語で、おもしろいフレーズがある。

"Cook water"

お湯を沸かすと言いたいらしいです。笑

米国在住20年近いスワミ・シータ講師もcook waterと言うみたい。クスっ
[PR]
by miyuki_om | 2012-03-03 22:41 | Sivananda ベトナム | Trackback | Comments(0)