ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

靴下という文字が見当たらない。

e0184598_165567.jpg

先日数カ月ぶりに靴下をはいてみたけれど、なんだか足の指が靴下の中でもぞもぞしてしまい…

結局すぐに脱いでしまった。

永遠にサンダル希望っス!!

「足指相撲」ってのがもしあったら、わたし勝つ自信があります。笑
(どうやってやるか、よくわからんけども…)

冷え取り女子が私の靴下の数を聞いたら、きっとびっくりするでしょうに。

はい、4枚ほどしか持ってません。


そして引き続き、断舎離継続中です。

デジカメを捨て。

もう絶対に誰も読まないであろうヨーガの本を捨て。

よれっとしたTシャツを捨て。

欠けていたコップを捨て。

捨て捨て捨てーーーーる!!

捨ててしまうには、もったいないモノはKyoto Yoga  Houseの

『ご自由にお持ち帰りくださいBOX』

に入れてありますので、遠慮せずにホント持って帰ってください。

その小さなBOXに入らない

たこ焼き器とか、ホットサンドメーカーなどなどあるので、欲しい方は声かけてね。笑


で、なんの話だったっけ? 靴下話?

そうそう、トップの写真は「ドラゴンフルーツ」という南国の果物。

沖縄の西表島からのお土産をいただきました。

ドラゴンフルーツって農薬を使わなくても育てられるとか。

マンゴーなどと比べて甘みはそれほど強くなく、かと言って酸味もなく、
淡白な味だけど、みずみずしくて、私は大好きです。

フルタリアンで、これから生きていけそうなほど、フルーツすきだなぁ。

でもちょっと糖尿病が怖いので、ほどほどにせねばな…。

これから行くバリはちょうど雨季。

雨季の醍醐味と言えば…そう! 

フルーツがわんさか!
そしてうまいーー!

らしいです。


これからのこと、にやにや考えてますが

今の秋風がさらーっと吹いてくれる京の秋も好きだなぁ、やっぱり。

空が高い。

空が抜けている。

雲が全くない空の下にいるだけで、どこにいようと、心が澄みわたる。

e0184598_18113474.jpg

どこまでも続くこの青い空の延長上に、その場所があるだけ。

同じ地球に澄んで住んでいる。

同じ地球を歩いている。

私という人間は、もっともっと裸足でいて、大地と繋がっていたいのです。

足の指一本一本で、大地をぐぐっとつかんで歩きたいのです。
[PR]
by miyuki_om | 2012-09-27 18:25 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

これからのこと

e0184598_1856046.jpg

加速している…。


「嘘をついたり、ごまかしたり、飾ったりしていると、

自分の身体の中に 自然 があることがわからなくなってしまう。

細胞がおかしくなるに違いない。

嘘をつくと嘘の電流が身体のなかに

流れるんだと思います。」


ある本に綴っていた文章をメモっていたので、シェアします。

この文章の中にある「嘘をつく」「ごまかす」というのは自分に対する行為のこと。

つまり、自分がやるべきことや、やりたいことを嘘つきながら、ごまかしながら、なんや理由つけながら、生きているといつまでたってもその流れがやってこないのダ。

我ながら驚いている。

今、実は超特急で、押し寄せている流れ…。
加速してます。

京都を離れた後は、バリ島のウブドで滞在することが決まりました。

星読みによると、わたしのキーワードは

「スピリチュアル、健康、芸術、音楽」

バリ島のウブドという場所そのものが、このキーワードに当てはまる。

薄々気づいてはいたが…。

そう決まった途端、そうだなー、厳密にいうと航空券を手配した後から、バリ島の情報がまわりからたくさん入ってくるようになったのです。

そしてバリと繋がっている人とも急接近し始めた。


うん。

自分の決断がこれでよかったんだと、再確認してます。

現地でもキールタンやヨガクラスをやりたくて、そして太陽礼拝108回をハルモニゥム弾きながらKumariと共にWSをやりたくて、そう願っていたら、本当にできそうな流れになってきました。

「ポータブルのハルモニゥムが欲しいよぅ」

(バラしちゃいますけど)先月の新月の願い事にそう書いたら…

ご縁あって、あっという間にバリで手に入ることになりました!

こわっ!


今、自分がここにいることや、目の前にあるものは、全て自分自身の選択によって現れた現実。

物質的な豊かさ、安心安全な生活、消費の活性化、儲け、名誉、成功するための犠牲が評価されることなどが、ほんとうに人の幸せにつながるのであれば、私たちはそろそろ滅びる運命じゃなかろうか。

この地球の変換期、進化をしなければならない時期にわたし達は「ふるい」にかけられると言われている。
ふるい落とされる前に、それぞれ自分の役割が短い人生のなかで、体現できればいいなぁと願ってます。

人間って自分が持つべき役割、才能を持っていて、それを他人にはどうにもできないこと。
その役割や才能は他人のものと違うのだから。

だから人の数だけ生き方があって当たり前なんだと思う。


安心危険!? 笑
[PR]
by miyuki_om | 2012-09-16 17:24 | あんなこと | Trackback | Comments(3)

追加! sivananda 特別クラス in OSAKA

e0184598_16552382.jpg

約4年前のシヴァナンダTTC時代のダウンドック姿。
いやー、今更こんな写真をアップしてみました。
お恥ずかしい。

お尻は丸まってるし、背中は反り過ぎだし、肩に力みがあり、無理してやってる感じが…。

ま、こういうのを経て、今があるわけですわ。

こんなお恥ずかしい昔のヨギーニ時代をこんなところで見せびらかしている、わたくしなので、いつまでたっても、かっこいいヨガティーチャーには程遠い。

つーか、なりたくないわ! 笑

皆さんがヨガマットの上で、気持良く自分自身と繋がっていられる姿を、そーっと後押しする役割で、いいんです。

地味線で、ちょうどいい。

というわけで、後押しされたい方々(笑)、大阪で久しぶりのシヴァナンダクラスを行います。

10/21、AOZORA YOGAスタジオで行う みゆきーるたん の前に行いますので、ふるってご参加くださいね。

アーサナクラスの後のキールタンは、さいこぅです。
白目むいちゃうよ。



【Sivananda特別クラス
 -太陽礼拝with Live マントラ- in OSAKA】


シヴァナンダ・ヨーガの良さはシークエンスのシンプルさ。
太陽礼拝と12の基本アーサナ(ポーズ)、呼吸法とマントラをバランスよく実践していきます。
その中でも、今回は特別クラスということで、太陽礼拝にフォーカス。

太陽礼拝のポーズひとつひとつにマントラがあり、それに合わせて流れるように行います。
またエネルギーポイントと言われる「チャクラ」を感じながらフローしてみましょう。
マントラの波動の中での太陽礼拝。
チャクラをチューニングしていく中での太陽礼拝。
自然と呼吸と動きが重なりあっていく感覚をぜひ味わってみてください。

初心者から上級者まで、レベル問わず受講いただけます。


◇日時 2012年10月21日(sun)
14:00-16:00

◇場所 AOZORAYOGA スタジオ
大阪市北区東天満 2-9-12 FLATS東天満 402
最寄駅:地下鉄谷町線・南森町 or JR東西線・大阪天満宮

◇参加費 ¥4000

◇定員15名

◇マットレンタルございますが、数に限りがありますので、お持ちの方はできるだけご持参いただきますよう、ご協力ください。

◇ご予約  info@aozora-yoga.com
[PR]
by miyuki_om | 2012-09-13 17:19 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

エコ・スピリット

e0184598_20224825.jpg

街中を歩くとさ。
みんなどこか「秋」を意識した格好をしてますね。

サンダル履いてる人がずいぶんと減った…。
『まずは足元から季節感を!』
ってやつですか。

はぁ~ん。

でもわたしはまだまだビーサンにノースリでいたいのサ。

気分的なものもあるけど、袖のついた服とか、足指かくれる靴とか…
単純にまだ 暑い のです。

我慢してまで、オシャレとかもう無理です。

去年9月末に実家に帰省した時も、ビーサンで帰ったらば。

母に

「あんた、もうサンダル履いてる人、おらんで!」

と可哀想な人を見る目で言われたっけ。苦笑

靴を買うお金ぐらいあるんだけどね。
足の指たちがまだ自由に動かしたいと、言っておる。
だから、ビーサンはいてただけなのよ、母よ。



みんなと同じ輪の中にいる安定感、安心感って時代じゃなくなってきた事に、どれくらいの人が気がついているのだろう。

収入や身なりや、仕事、持っているものによって人を判断してきた時代は、終息し始めている事に早い人は気がついています。

そういうものが、人生で良いものには当てはまらないという事に、既にまわりは気づき出しています。

例えばさ。

物質を生産するためには電力を使い続けなければ、生産ラインが止まってしまう。
そうならない為に、原発稼働賛成!って声を掲げている人は、はっきり言って時代遅れじゃないのかなぁと。

これまで、そんな世の中だったから、ある程度の大きなショックを地球上で起こして、人々の意識改革をさせないと、地球崩壊、滅亡だって映画のスクリーン上のお話しだけではないかも…。

そのショックというのが3.11だったのかもしれません。
そして今地球上で、あらゆる自然現象が起こっています。

動物の統合診療医&外科医を専門にされている「森井啓二」さんのツィートをシェアしたいと思います。

◇フロリダの珊瑚礁が急激に死滅中
現在世界のサンゴ礁の75%、40年後には地球上大半のサンゴ礁が消滅の危機

◇ニカラグアのApoyeque火山が2000年以上ぶりに目覚めました。最後の噴火は紀元前。

◇パタゴニアの氷河が急速に溶解

◇ビバリーヒルズ直下でまた地震。一週間で二度目。

◇中国最大の川・揚子江がまた真っ赤になりました。

◇パキスタン、ニジェール、ナイジェリアの洪水はいまだ被害が拡大しているようです。

◇マレーシアの野生のカバが絶滅寸前

などなど…

私たちは基本に戻るという時代に立たされているのです。

ちっちゃな私みたいな人間が、地球規模で救済活動やら行動を起こすのは、無理がある…
し、そういう役割でもない気がします、わたしの今世。

ただ人間にだけ備わった「意識する」という力を使って、エネルギーワーカーとしてなら、務まるやもしれません。

そして自分自身を調和・浄化するための方法として、これからもヨーガをしつつ、母なる地球を癒せるワークを実践してみようと思ってます。

うん。

それには、何にもいらないのです。
着飾る必要もなければ、お金も要らない。

ただ、ゆったりと座る場所さえあれば、いいのだから。
[PR]
by miyuki_om | 2012-09-08 21:52 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

美味しい呼吸はランチの前に。

何度足を運んでも、ほっこりしてしまう壺沙さん。

このブログを読んでくださってる皆さんや、Kyoto Yoga Houseに来てくださる方には、根っからアピールしまくっているので、ご存知の方も多いかも。

今日はご縁あって、壺沙さんでYOGAとランチのプチイベント。

畳の上でヨガって、さいこう。

やわらくて、フローリングよりもシャバアーサナ(屍のポーズ)で緩まるのが早い気がします。

e0184598_19464414.jpg

ヨガが初体験の方がいたり、壺沙のオーナーsayocoさんがマタニティということ、そして何よりゆったりくつろげるこの空間だったので、みゆき的ヒーリングハタヨガをやってみました。

(リードしているわたくしが、一番癒されてたな、たぶん。)

呼吸の「吸う」「吐く」のリードをいつもより意識して。
美味しく呼吸を味わってもらっていたら、いいな。


sayocoさんが作るランチを足をバタバタさせ…いや、その気持ちをおさえつつ…。
いつも、月1でやっているYoga Houseでのヨガベジクラスを、今日は生徒さんになった気分で待ってみました。

e0184598_200139.jpg

いつも一工夫、ひと手間かけている様子が、伝わるお料理。
背伸びしすぎていないところが、またいいのです!

毎日食べても、食べ飽きない料理。

毎日呼吸法しても、それに飽きることはない呼吸法。

やっぱり私にとって、ヨガと食は同じカテゴリーだな。


あらゆるものが放射能で汚染されてしまった、今。

デトックス作用を促す食材もあるけれど、それを食べただけでは、本当に解毒されるのか不明。

ヨガだけを猛烈にやっていたとしても、身体に取り入れるものを全く気にしていないのも、疑問。

両者をバランスよく同じカテゴリーで括ってあげると、きっといいのです。

それが、マクロビオテックなのか、ローフードなのか、アーユルヴェーダなのか、それは人それぞれ自分に合ったものであれば、よし!

他者に聞くな!
己に聞きたまへ!
(と、唐突に突き放してしまいました。苦笑)

ということで、わたしの場合はこの壺紗のsayocoさんが作るお料理とヨガがとてもしっくり合うのでありました。

今日もごちそうさまでした。

そして今日も一日ありがとうございました。



とさ。
[PR]
by miyuki_om | 2012-09-01 20:32 | eventれぽーと | Trackback | Comments(0)