ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

<   2013年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

弓田ごはん

e0184598_11284965.jpg


最近、弓田式ごはんが、密かにシェアメイトと周辺の仲間で話題となってます。

そのうちの1人が作ってくれた、グリンピースごはん。

おかぁちゃんの味がしたよ!
うまかったー!

お腹空いてなかったから、小鉢に入れて食べたけど、結局おかわりしたもんね。

弓田ごはんの特徴、塩味と野菜の甘さとだしのバランスがとてもいい。

贅沢な美味しさではなく、素朴な美味しさ。


murmurマガジンの春号で特集されている、この弓田ごはん。

ルネサンスごはんとも通称言うらしいけど、洒落た名前より弓田ごはんという呼び方の方が、親近感湧くよね。

弓田 享さんが研究に研究を重ね、生まれたという弓田ごはんは、まさに田舎飯なのです。

murmurマガジンより抜粋すると...

●出汁をしっかり丸ごと食べる

●あく抜き、下ゆでしない

●砂糖とみりんは使わない

●海塩、岩塩を使う

●一日二杯の味噌汁!

●添加物入りを選ばない

●冷凍保存、電子レンジと決別!

●ごくごく弱火(☜でた!)

●米は洗わない

●ナッツ、豆、乾物で味にふくらみを

というのが、基本のようです。


味噌汁一日二杯という項目だけ、実践できずともバリから帰国後、家でのごはんはこの基本に沿っています。


それにしても、基本おかず一品と玄米ごはんだけで、わたしの食事は事足りていたのですが、味噌汁があるのとないのとでは、ごはんの美味しさが変わるなぁと思ったのです。

一汁一菜ね。

以前の記事に登場した、綾部の若杉おばぁちゃんも、毎日の味噌汁は推奨していたし、砂糖は抜いて塩分ガンガン摂れ!って本にも書いてました。

減塩なんて、するものじゃないって。
ちゃんとした塩を摂っていれば、むくみもないし、新陳代謝が良くなるとのこと。

それ以外の項目も殆ど同じことを若杉おばぁちゃんも言ってました。

やっぱり毎日米を食べていると、どっしり安定してきます。


パンもパスタもそして、うどんも大好きだけど、食べても食べてもまだ、食べ足りない感があるのも事実かな。

私の身体は長年陰性に偏っていたので、これからしばらくは陽性の食卓で調整してみよう。

もっともっと内側から潤いたいから。


というわけで、ごちそうさまでしたー!


でもおととい食べた久々のタルカさんカレーに悶絶しちゃったよ。笑
[PR]
by miyuki_om | 2013-05-31 11:30 | eat!! | Trackback | Comments(0)

弱火で過ごす

e0184598_2145412.jpg

湿度を欲していたら、例年より10日早く梅雨入り。

いぇい!

気温はグッと下がったけど、湿度があるから、のびのびしやすいのだ。

今日は一日中小さな雨音を、家の中で聞いていました。

雨音に耳を傾けようとすると、自分の行動も静かに、音を立てずに、そしてゆっくりになるのです。

ただいま、弱火生活実施ちゅう。

勝手に私がそう呼んでいるだけだけど!

たとえば。

話す声。
大きくバンバン言わず、小さな声で。

小さな声と言っても、安心感を与えるつもりで、ゆっくり丁寧に話す。


熱い湯船じゃなく、低めの温度で本を持ち込みゆっくり浸かる。


料理も、ぐつぐつ煮ない!
ことこと弱火。


一日に予定はひとつだけ。
詰め込まない。


大勢との付き合いでもなく。
また、疲れきっている人と逢うのでもなく。
エネルギーをシェアできる人との付き合いを優先する。


弱火生活。



写真の芍薬みたいに一気に咲き、一気に散るという大胆且つ可憐な生き方も、憧れるけどね!
[PR]
by miyuki_om | 2013-05-28 21:46 | あんなこと | Trackback | Comments(4)

満月の夜だから

5月の満月は一年で最もパワーがあると言われています。

e0184598_1954544.jpg

「砂漠のリズムと不思議な踊り」

満月の夜に、リズムと踊りにどっぷり酔いしれました。

ノージャンル、即興スタイルって、好き。

枠に捉われず、やりたいように、好きなように表現してゆく。

なんか、私の人生のようだ...ハハハ。


今回の踊り子だったericaさん。
彼女の踊りは、土っぽくもあり、水っぽくもある。

女性のような、男性のような。

これ!っと断定できないところが、まさに彼女のオリジナリティなんだと思います。

本当に素晴らしいという言葉に尽きる。

パーカッション担当の牧瀬さんとの即興具合もぴったり。

しっとりericaさんの踊りだけを見たかった方、ゴメンなさい。

最後は乱入?しちゃいまして、楽しく弾むように踊ってしまいました。苦笑

いやー、上手い下手はさておき、だって吸い込まれちゃうんだもんね、彼らの世界に。

身体が勝手に反応してました。

こういうのは、外の自然の中でやると、さらに「開きそう」な気がしません?

ということで、

音と踊りとヨーガと自然との戯れ

みたいなざっくりしたテーマですが、9/14〜16に長野でスペシャルな方たちと共にリトリート行う予定です!

気になる方は今から予定空けておいてくださいねー。

まぁ、そんなわけで、満月に踊り、波動を昂らせた状態で眠れるか⁈と心配しながら家路につきました。

が、即寝でぐっすり!

そういえば、満月をあんまり長く見れないのは私だけ?

ぞわりとしちゃうんだよねー
[PR]
by miyuki_om | 2013-05-25 19:14 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

Kyoto Yoga House 6月のスケジュール

e0184598_15291542.jpg

サマー ハズ カム!
(と、その前に梅雨がやってきますが)

半年、湿度たっぷりのバリにいたからか、実はこのカラッとした気候に物足りなさを感じていたりするのですが。

そろそろ京都も、盆地の力発揮する湿度となる頃でしょうか。


京都という土地はやっぱり私にとって特別。

特に人との繫がりが想像以上に拡がった場所だなぁ。

それと同時に、皆さんから私の愛のエネルギータンクはいつも満たされていました。

6月でYoga Houseのクラスは終了となります。
その後は、四国の高松で、次は自然のエネルギータンクを満たすべくゆっくりとのびのびぃ〜!っと暮らしてゆきます。

これで、最後かな?!
ということで、Kyoto Yoga Houseの6月のスケジュールです。


6/1(土) 10:30〜 満席
6/5(水) 10:30〜 満席
6/8(土) 休み
6/12(水) 10:30〜残1
6/15(土)10:30〜満席
6/19(水)10:30〜残2
6/22(土)10:30〜満席

※ご予約は直接私のメールにお願いします。

lakshmiyuki77@yahoo.co.jp


そして、6/23(日)にはカレー仲間でもある大好きなyumikoせんせぃによる、アーユルヴェーダ講座がKyoto Yoga Houseで行われます!
私もこっそり参加予定。
yumiko先生のブログで詳しく内容など書いてますので、ご覧くださいね。
http://icigiku.exblog.jp/17748805/


Kyoto Yoga Houseについてはこちらをどうぞ。

http://kyotoyogahouse.jimdo.com/
[PR]
by miyuki_om | 2013-05-22 15:29 | 最新スケジュール(yoga house) | Trackback | Comments(0)

スケジュールってなぁに?

e0184598_13284533.jpg

実は実は、根が真面目な人間なもので、きっちり予定を立てる方なのですが。

帰国して判明したことは、立てたのはいいけど、その予定を全く覚えられなくなっていました。

ということで、ダブルブッキングの予定とか、知らない間に…。



「○○日、空いてますか?」

とか

「ヨーガクラス、何日にしてますか?」

とか聞かれても、

…ポカン…としてしまいます。


すっごく頭をフル回転させて、記憶を辿り、えーっと確かー…

という感じで応えており、多少いらいらされる方もいらっしゃると思います。

この場を借りて、謝罪!

す、す、すみません。



バリでの生活の中で、人と会う時などは

「今日空いてる?空いてなかったら、明日は?」

てな具合で、今日明日の予定で動いていました。


いい意味で、その日を生きていたのですね。


会うべき人、会う必要のある人とは、right timeで会える。

だから無理やり予定をがっちり決めなくても、会えてしまう流れになっているわけです。




だから、1週間先は?と言われると、すっごく先のような気がしていたのです。


予定以外に、スーパーでの買物も、今日作るごはんの食材だけを買うようになっていました。
前までなら、あれもこれもーなんて、欲張ってまとめて買っていたけどね。



帰国してから、真面目な人間のわたしですから(何回も言う…)、こんな感じになるとは思っていなかったので、正直笑っちゃう。


まぁ、そんな感じで相変わらずふわふわしてますが、毎朝のヨーガのプラクティスの最後には山のポーズ長めに、足の裏意識してグラウディング心がけている次第です。


ふっふっふーーーーー。
[PR]
by miyuki_om | 2013-05-20 13:53 | あんなこと | Trackback | Comments(2)

帰国

e0184598_21185858.jpg

日本に帰国して、数日は私にとって震える寒さでしたが、ようやく夏日到来!

いぇい!

なんせ、半袖とビーサンしかもってないものですから、街中で既にビーサン履いてる私の足元を道行く人が、必ずちらりと見て行くわけですよ!

その度に

『もぅ、ほっといてー!』

と心の中で叫んでました。苦笑

そして昨日は歩いていたら、次から次へと人に抜かされていく...

身体のリズムがゆっくりになっているみたいです。


ま、そんな感じで、今バリバリのバリシックではありますが、日本だって大好きです。

もちもちの玄米が美味しくて、たまりません!
みかんも、酸っぱくなくて甘くてジューシー!
何食べても、それなりに美味しいところが、ありがたい。

(って、食べ物のことばっかりだけどー。)


ふらふら歩いて、飛んでいる私の人生ですが、ヨーガが日常にある限り、どこに行っても生活自体は変わらずにいます。

それなら、一ヶ所に留まってそこにいればいいやん、という声が聞こえてきそうだけど...

どうも、そういうタイプの人間ではないようです、私。

しばらく京都にいますが、その後は実家があるうどん県へ。

そして、やり残してきた事があるバリにまた再び戻る予定です。

バリでは、その日その日を過ごしていたので、こんなに先の事を決めていること自体に、大丈夫か?と思ってしまう。

普通の人なら、きっと逆で。
先の事を決めていないと不安なんでしょうけどね。


トップの写真は奈良!
この辺り一帯、フィンランドにでも来たかのような森が広がってました。

あぁ、やっぱり緑好き。

日本もすてきなところが、たっくさん!
[PR]
by miyuki_om | 2013-05-14 21:16 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

6/2 シヴァナンダヨーガ & キールタン in 名古屋

e0184598_11152542.jpg

はいっ!
名古屋でも特別クラスさせていただきます!

とっても気さくな愛知の人達。
好きですよーっ。

と、叫んでみたところで、愛知のどれだけのヨギーがこのブログを読んでくれているか、わかりませんが...


波及の星に生まれた役目として、シヴァナンダの教えとキールタンを東海地方にむけて、「私」という道具を使いながら、広がるきっかけになるといいなと思っています。


詳細はこちら!☟

シヴァナンダヨーガ&キールタンWS in 名古屋

【日程】 6月2日(日曜日)

【場所】藤が丘 e-style yoga studio

Yoga studio HP
http://www.e-style-yoga.jp/


【スケジュール】

12:30-14:30
初めてのシヴァナンダヨーガ
(参加費¥3,000)

15:00-17:00
シヴァナンダヨーガ アドバンスclass
(参加費¥3,000)

17:30-19:00
音のヨガ キールタンクラス
(参加費¥2,000)

【持ち物】 動きやすい服装、ヨガマット


【クラス内容】

『初めてのシヴァナンダヨガ
〜基本理念と実践〜』

シヴァナンダヨーガとは、インド古来から伝えられている伝統的なスタイル。
太陽礼拝、12の基本ポーズ、呼吸法、マントラ、瞑想がバランス良く組み込まれています。
また、緊張と弛緩をポーズの中で繰り返し行うことで、プラーナ(生命エネルギー)を全身に拡げてゆきます。
初心者クラスではシヴァナンダヨガの基本理念を始めに紹介した後、実践に進みます。
優しく、ゆったりと自分を癒すことに重点を置くクラスです。
初心者の方から、シヴァナンダヨガ歴が浅い方が対象となりますので、詳しく説明を加えながらクラスを行います。

『シヴァナンダヨーガ アドバンスクラス』

クラスは、呼吸法に充分時間を使うことからスタートします。
呼吸法でエネルギーが引き上げられた状態に導き、その後基本のアーサナに加え、バリエーションも紹介します。
バリエーションへの挑戦は、少しの勇気とそれを楽しむ気持ちが大事。
最後はリラクゼーションの時間をたっぷりと持ち、「動」と「静」のバランスを整えてゆきます。
シヴァナンダヨガ経験者から指導者の方を対象としたクラスとなります。

※2クラス共に対象レベルはあくまで目安ですので、ご自分の希望に沿ってご参加ください。

『音のヨーガ キールタン』

全ての音には波動が宿っています。
その発する音の種類によって、そしてその時の心の状態によっても、波動は様々に変化していきます。
"神の話し言葉"から生まれたと言われているサンスクリット語。
ハートセンターを揺さぶるといわれているサンスクリット語。
その清らかな言葉の波動のチカラを借りながら、メロディを重ねて唄っていくのが、キールタンです。
つまり音のヨーガ。
コール&レスポンス形式で、繰り返し繰り返し、同じフレーズを唄うことにより、瞑想をしているような感覚に近づいていきます。


【申し込み先】
Anandi - Ayakaさん迄

anco59510@gmail.com
[PR]
by miyuki_om | 2013-05-09 11:14 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

バリで出会った子供たち

バリで、たっくさんの子供たちと出会い、まんまの姿を見せてくれて、心がいっぱいほぐれました!
どこの国にいても、子供パワーって素晴らしい。
ありがとう。


e0184598_926940.jpg
バリ人とのハーフ、おしゃまなマハちゃん。
自分撮りもばっちりできるもーん。
なぜか、「ゆかり」が大好物!


e0184598_9261387.jpg
最初の宿のオーナーさんのお子さん、こちらもハーフのけいたろう君。
「ヤクルト」と「ポカリ」が大好きです。


e0184598_9261454.jpg
きよらちゃん。通称きぃたん。
一ヶ月の滞在中で、捕まり立ちから、独り歩きができるように!


e0184598_9261840.jpg
広島の尾道から家族で遊びに来てくれた生徒さん一家。
かわいい姉妹の会話に癒されたー


e0184598_9261995.jpg
お祭りの時にちょうど横で見てたイケメンボーイ。


e0184598_926218.jpg
バリではお馴染み、ますみ先生のお子さん、みんなのアイドルまりさちゃん。
こんがり肌がバリ仕様。


e0184598_926233.jpg
ハンモック屋さんのお子さん。
実はよく見ると、白目むいて寝ています。
かわゆ♡


e0184598_9262537.jpg
市場で金魚をお父ちゃんと眺めていた女の子。
きょっとーん。
撮った写真を見せると、にかーっと笑った!


e0184598_926264.jpg
最後にお世話になった宿のお子さんレイナちゃん(ハーフ)と、お隣の部屋のお子さん、ねねちゃん。
一緒に日本の童謡をハルモニウムで歌ったよー


e0184598_9262995.jpg
「ねねちゃん、一緒に写真撮ろうよ。はい、ピースして!」

と言うと、

「ママに写真撮る時は、ピースしちゃかっこ悪いって言われたの。」

と、ねねちゃん。

「.....そ、そっか」

仕方なく、おばちゃんだけ遠慮がちにピース!笑
e0184598_9263044.jpg

この写真はレイナちゃんが撮ってくれたもの。



また次来た時は、みんなちょっとだけ背伸びした子供たちになってるかな〜。
[PR]
by miyuki_om | 2013-05-07 09:22 | Baliのにちじょう | Trackback | Comments(0)

GREEN KITCHEN

e0184598_19373857.jpg

空と雲が近く感じる村、Sidemenにやってきました。

360度、そしてどこまでも続く緑の山々と、空に向かってぐーんっと伸びている椰子の木を見ているだけで、ピカっと元気になりそうな感じです。


ニョマンさんが持つオーガニック農園を拝見させてもらいました。
e0184598_19374446.jpg

若い空心菜はサラダに。

e0184598_19374976.jpg
大好きなバリニーズバジル!

e0184598_19375285.jpg
レモングラス。
根に近い部分は、料理のスパイスに。
葉先の方はお茶に。

e0184598_19375525.jpg
年間で3回収穫するお米ですが、収穫後は、同じ畑で大豆を育てて、土に栄養を与えるそう。

e0184598_19375743.jpg
タピオカの木。
まだ若い葉は、これもサラダに。

e0184598_19375966.jpg
ガドガドソースとなる、ピーナッツの畑。

e0184598_1938162.jpg
これはカカオの実。
カカオ一粒ごと、白くとろっとしたものに覆われていて、それを飴ちゃんのように口に入れると、フルーティな甘さ!
まじウマい、これ!
天然キャンディ。

でもカジっちゃうと、カカオの苦さが広がるので、禁物。


という風に、知らないことがたくさんあって、何度ふぇーーー!と言ったことか。

バリに来て、普段口にしているものだったのにね。


森を見て、木を見ず。


木を見て、森を見ず。


そんな言葉が頭をよぎりました。


e0184598_1938486.jpg

農園見学後、バリ料理には欠かせない、料理ごとのサンバルスパイスの作り方を習いました。

今まで私が作ってたカレーはインドのスパイス(クミン、コリアンダー、マスターシード、ガラムマサラなど)を使ってましたが、バリカレーはこういった香辛料は一切使いません。

その代わり、ガーリック、エシャロット、唐辛子、生姜、ターメリック、レモングラス、キャンドルナッツのスパイスに、ココナッツミルクを入れてゆきます。

なので、あっさり優しいカレーがバリカレーの特徴。

その他こんな感じで盛りだくさん作りましたー
e0184598_1938654.jpg



いつかバリ料理付きヨガクラス...できる...か?!
[PR]
by miyuki_om | 2013-05-05 19:33 | Baliのにちじょう | Trackback | Comments(0)

天然ポカリスエット

e0184598_20375128.jpg

kelapa muda(クラパ ムダ)

インドネシア語で生のココナッツジュースのことです。

日中のギラギラした太陽を浴びて、飲みたくなるもののひとつが、このココナッツジュース!

宿のオーナーさんに頼むと7000rp(約70円)で飲めちゃう。

しかもカットして、部屋まで持ってきてもらえるという、ますます引きこもりに拍車がかかります。笑

マイムーンデーなっちゃったし、今日はココナッツジュース飲みたいなー

と思っていたら、ちょうどオーナーさんから、今朝ココナッツ仕入れたよ!と声がかかりました。

ザ・ 夢が叶う島、バリ島!

ココナッツジュースは、デトックス作用を大いに手助けしてくれ、鉄分、ミネラル、カリウムが豊富。

生理食塩水が入手できない、発展途上国は点滴の代わりに使用するのだとか。


インドで飲んだ時は、二度と飲むかボケーっ!!(聞いたことある本のタイトルみたいに)と思うほど、残念な味だったけど、バリのものは甘くて美味しいよ。


でもね、ちょびちょび飲んでたら、蟻ちゃんがゾロゾロやってくるので、ぐびぐびっとどうぞ!


天然ポカリスエット

いのちの水、ココナッツウォーター。

e0184598_20375319.jpg

(CM風にね)
[PR]
by miyuki_om | 2013-05-04 20:31 | Baliのたべごと | Trackback | Comments(0)