ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

初心者からのシヴァナンダヨガ in KAGAWA

e0184598_13125684.jpg

やっと…やっと…
香川で一般の方にむけて初クラスします。
(母さっちゃんやご近所のおばちゃんとの日々ヨーガはやっておりますが)

意外と香川の方もこのブログを検索中にひっかかり、見てくれているみたい。
ということで、告知させていただきます!

京都からのご縁で知り合いになった香川在住のヨガティーチャー、Tomoe先生が今回の特別クラスを主催してくださいました。

カレー作りでいう、まずはオイルをあたためて、スパイスを入れ、テンパリングしている状態かな。
そのテンパリングの作業が、どんなカレーの味になるかを決める最初の大切な工程。

野菜を入れたらば、あわてず、じっくり煮込んでいこう。


さぬきヨギーにお会いできるのを楽しみしています。


〈初心者からのシヴァナンダヨガ in KAGAWA 高松〉

日時:2013年11月19日(火)
   11:30~13:30

場所:平塚中央公園内の集会所スペース
   高松市木太町

●クラス内容

心と身体の調和をはかる、インドの伝統的なシヴァナンダヨガ。
マントラ、2つの呼吸法、太陽礼拝、12ポーズ、リラクゼーションで構成されたクラスは、決まった流れの中で静かに行う瞑想的なスタイルです。
チャクラ(エネルギーセンター)の柔軟性を高めるポーズの順番や、緊張と弛緩を繰り返しながら行うことで、リラクゼーション効果、スピリチュアリティをより高めていきます。

今回は最初にシヴァナンダヨガのガイドラインをお話し、その後実践にうつります。

ヨガ初心者から、指導者まであらゆるレベルの方を対象としたクラスです。


受講料 : 2000円

持ち物 : ヨガマット・飲み物・タオル等・動きやすい服装で。

ご予約・お問い合わせ先

tom_yoginiアットマークyahoo.co.jp
(tomoe先生まで)

もしくは・・・このブログをご覧の方
lakshmiyuki77アットマークyahoo.co.jp
(miyukiでも可です)
[PR]
by miyuki_om | 2013-10-31 13:11 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

宇宙からの呼びかけ

e0184598_19182078.jpg


今年は空梅雨だった頃の帳尻を合わせるかのように、雨、そして台風がおおいですねぇ。

地球自身が浄化を促しているかのよう。



今回の関西滞在の最終日まで、使命を果たすべく大切な生徒さんのところへ。

滞在中、ありったけの愛を遠くから、そして近くからもらったおかげか、移動が続きヴァータが乱れがちな日々も、ココロは安定し、静かに過ごしていました。

新しい出会いと再会、これからの可能性を神様からのギフトのように、次から次へと手元に届き、ほくほくの焼き芋になったかのよう。


今の自分がやりたいことをする事が、あなたの本当の道を歩いていく事につながります。

それがあなたの肯定的な成長につながってゆくのです。

あなたが一番やりたい事、あなたのエネルギーを注ぎたいと思っていることをやる事が、あなたの「真実の道」を歩んでいくことになります。

と、こんな呼びかけが宇宙からありました。

やりたい事は、大きくなくてもいい。
些細で小さなことでもいい。
それを日常のヒトコマから気づいてあげること。

私の場合はヨーガを実践することで、近づいてきたような気がします。

今年の年末から来年いっぱいにかけて、渡り鳥のような感じになりそうだけど、ぼんやりそれを想っただけでも、自分の中のずっとずっと奥の方が、シャキッ!って音をたてています。


地元香川と、バリでシヴァナンダヨーガとキールタンの波風を広げてゆくよ!

そして、定着してきた関西のキールタン。
来年にはキールタンクラスをリードする方のための講座も開きます。
もちろん、まだ訪れていない場所へも少しずつ...


もう、自分がわくわくする事を正直にやってみようね。

恐れ?不安?


今の私は、大地震だけ。苦笑
(たぶん、これ過去のカルマのような気がする...)

それ以外、今のところ怖くありませーん!
[PR]
by miyuki_om | 2013-10-28 19:20 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

gratitude

e0184598_17544795.jpg
雨雲を心配しつつ...11回目となるヨガスマイル、無事終了しました。

ご参加くださった方々、心から感謝、感謝です。

毎回このイベントを終えるたびに、新たな発見や、課題、そしてこれからの事など、伝える側にいながらも、自分への収穫がたくさん。

場所や人数は違えど、レギュラークラスとなるべく同じような雰囲気でクラスをやりたくて。

いつもリードをする時は、その時々に伝えたい言葉が変わるから、もちろんこの時のために用意していたものなど、何もなく...

そうしたら、最後のキールタンクラスで、話しをシェアしているうちに、涙が溢れてしまいました。

地球と私たちの人生の美しさについて話をしていると

「そう、そうなんだよ」

と自分が伝えている言葉をどこかで、うんうん、と言ってくれている気がしたからです。

それは、何者でもない絶対的な存在。
(キールタンクラスで、どうしてこんな話しになったのか、未だ思い出せず。笑)

こうして終えたクラスは、初対面の方でも、不思議と距離が縮まっていて、愛おしい人になっていく。

目で見えるものだけを伝えているのではなく、ちゃんとエネルギーワークができたという何よりの証拠。





「すいません、チケット見せてもらえますか?」

と会場の入り口で呼び止められ

「...あのぅ、わたし講師なんです...ははは」

と全く先生オーラがない自分。

これも含め、全部愛してやまない自分。

そして、離れていても愛を感じる大切な仲間や生徒さん。

小さなこの私に課せられた、今世の使命を果たすたびに、自分への歓びとなって、返ってきているような気がします。

まだ成長の過程にいる私に、色んな角度からギフトをもらっているんだなぁと。

再確認。


The paths are many, but the True is one.

Love thy neighbor as thyself.
[PR]
by miyuki_om | 2013-10-21 17:55 | eventれぽーと | Trackback | Comments(0)

恋をしましょう。

やっぱり雨雲と共に、移動するという典型的な雨女は今も変わらず...

昨日から一ヶ月振りの京都入り。
先月京都入りした高松出発の時も、長野リトリートの時も、そして今回も雨。

私が動くと雨になるのか、はたまた自然界の動きに私が引っ張られているのか。

と、ここまで書いてデジタル時計をみると

「11:11」

1が並ぶと「YES!」というサインなので、私が自然界に知らず知らずのうちに引っ張られているということで...ね。


以前住んでいたKyoto Yoga Houseに今回もお世話になっているのですが、玄関入ってすぐに、飛び込んできました。

e0184598_11384982.jpg

愛らしい色の花...

じゃなくてさ、これ!
e0184598_1143948.jpg

奥に飾っていたこれ!

『恋をしましょう』

これを見たときに、ドキリ!としたのは、言うまでもなく。

でもね、最後まで読んでみると、恋の相手は異性の人間であるとは、断定していないのですねぇ。

私の年齢的にドキドキするような恋をするのは、なんだかしんどくて、恋のお相手というよりも、静かに過ごせる「人間」としてのパートナーを求めてしまいます。

はい。

私、男だったらなぁ

と思うほど、大好きになる女性にはたくさん出会うのですが。

そんな、理想のパートナーなんて話しで盛り上がった、京都初日の深夜...

独身女子3人。




という音がどこから聞こえてきそうだな。



『恋をしましょう』

みなさん恋をしましょう。
誰かを好きになりましょう。
そして自分を好きになりましょう。

みなさん恋をしましょう。
それは世界を新しくしますから。
知らなかった歌を好きになったりしますから。
ゴハンが美味しくなったりしますから。
深呼吸の意味を変えたりしますから。
それは嘘の悲しさを教えてくれますから。
たとえそれが終わっても、きっと何かを残してくれたりしますから。

さあ、年齢を超えましょう。
性別を超えましょう。
国籍を超えましょう。
経験を超えましょう。
みなさん恋をしましょう。

地球は愛を救ってくれますから。
[PR]
by miyuki_om | 2013-10-20 11:41 | あんなこと | Trackback | Comments(2)

おばぁちゃん

e0184598_12284154.jpg

家の花畑スペースに咲いていたダリア姫。



さっき、なんとなく自分とつながりのある人たちの顔を思い浮かべてみました。

それと同時に、思い浮かんだその人の顔に注目してみたのです。

ふふふ、勝手に思い浮かべてすみません。

そして時間があると、こんな変なことをして楽しんでいるという…。

で。

思い浮かべてみたらば。

口開けて笑っている人もいれば、微笑んでいる人もいました。

はたまた真顔で口を結んでいる人もいれば、結構様々でした。





徳島に住む祖母。

糖尿病を患っていて、年齢的なこともあり、身体を動かすにも動かせる範囲が、とても限られてきているここ最近。


一日のうち、リビングのソファでほぼ過ごしているおばぁちゃんだけど、話をしているときは目元や口元が穏やか。

「はい、写真撮るよ!」

と言われれば、必ず笑顔でいい顔をしてくれます。


そんなおばぁちゃんのことに想いを馳せていたら、やっぱり笑っているんですよね。

(それで、色んな人を思い浮かべごっこをしてみたわけです。)


薬を投与しながら毎回食事をしているおばぁちゃんだけど、いつも笑っていることで身体の中をアルカリ性に変えて、病気による免疫を自然と刺激し続けているのだと思います。

いつかは、おばぁちゃんもあっちの世界に逝くときがやってくるのだろうけど、きっと私はおばぁちゃんを笑いながら送れるような気がしてなりません。



ある本によると、子供は平均して1週間に1万回笑うそう。

大人になると平均して1週間にたった5回程度…。

(この笑う回数は、お笑い番組を見て笑う、というのは回数に含まれていないとおもいますが)


言葉にもエネルギーが宿っているので、自分から発する言葉に注力しないとなぁと思っているけど、笑うことも同じくらい、大切にしないといけないな。

誰かが私のことを思い出したとき、その人も同じように「にっかり」しちゃうぐらい笑顔になれるヒトでありたい。
[PR]
by miyuki_om | 2013-10-09 13:09 | あんなこと | Trackback | Comments(2)

jomon

e0184598_11465663.jpg

縄文時代(文化)と聞いて、「土」や「輪」を連想します。

なんか、やさしい時代だったんだなぁというイメージ。

実際、縄文人は武器を持たず、戦うことをまだ知らなかったこの時代。
その人たちこそが、私たちの原点であり日本人の直接的な祖先にあたるそうです。

直接的な祖先なのだから、彼等のDNAが少なからず私たちの中に存在しているということ…か。



今年初めて淡路島で開催された『縄文まつり』を訪れました。

縄で編んだまぁるい輪っかを、国旗のように掲げていて、裸足で走りまわる子供たちや、竹と葉を組みこんで作ったかやぶきの小屋やらを見ながら、

土くさくていい!

と思いました。
e0184598_131038.jpg



その日出逢ったもののひとつが、『虹色草木染め』

沖縄在住のkittaさん
沖縄の色濃い自然がのような草木染めの衣が、ひらひら淡路の風になびいているのを見ているだけで、うっとり。

そして心がほぐれてゆくのです。

不思議だなぁ。


目に優しい草木染めの色は、草や樹皮、実、根などを用いて、そして水や火の力を頂き手染めしたもの。

藍色には防虫・殺菌。

茜色には浄血・保温。

それぞれの植物の薬効を身につけること。

「服用」の語源といわれているそうです。


真っ白な衣も好きだけど、草木染めのカラフルな感じも実は大好き!


e0184598_12474867.jpg

kittaさんと一緒にコラボしていた水円さんが売っていた、沖縄フルーツたち。

バリやベトナムで、わしゃわしゃと食べていたドラゴンフルーツ。
即お持ち帰りしました。


e0184598_12523156.jpg
出店していたお店の数々。
それもクオリティ高し!

e0184598_12525411.jpg
このプレートにお味噌汁と、ほうじ茶がセット。

しかもお味噌汁を木製椀にいれてくれるところが、ありがたや。



e0184598_1257325.jpg

会場の校庭にはこんなアートも。

わかります?これ。
e0184598_1258322.jpg



そしてこの絵のアーティストがこの人!
e0184598_12584871.jpg
…ぼくっ!


jomonすぎるぜ。
[PR]
by miyuki_om | 2013-10-07 13:06 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

アウトドアヨガ祭り2013

e0184598_17201877.jpg

祭りだ 祭りだーっ
わっしょい わっしょーいっ と。

近所から獅子舞を踊る太鼓の音が聞こえます。
小さいころは、獅子舞は人が中で操っているとわかっていても、あの形相でこっちに向かって近づいてきたときには、心臓がどっきーん。

私、もう悪いことはしません!

と毎年心に誓っていた小学生時代。

わっしょい わっしょーいっと。
(↑あ、これ神輿の音頭でした…)


今年は各方面からイベントのお声掛けをいただき、感謝に尽きないわけですが。

そういえば石井ユカリさんの年報の中でも、

『自分の意思で選び取ったわけではないものを受け取り、そこにある豊かな価値や力を用いること。

自分からガツガツ何かをとりにいく、というよりも不思議な風が自分をどこかに運んでいく、という感じが強く感じられるかもしれません。』

と書かれていました。

自分の意思ではどうにもできないギフトが、流れ込んでくるそうですが、そのギフトも自分にとってチャレンジであったり、苦しいものだったりするようです。

何でもこーい!笑
なんか今なら乗り越えられる気がしなくもない。
(ほら、この前SUPで海恐怖症を克服したのでね)


私にとっても初めてとなるアウトドアヨガ祭りのクラス。

実は15年ほど大阪に住んでいたし、会場の中之島も通勤でよく通っていた場所。

懐かしい空気を感じながら、たくさんの人たちと素敵時間をシェアできればと思っています。

イベント自体も、散歩がてらにちょっと寄ってくー的な気軽な感じですので、ぜひぜひご参加くださいませー。
おもしろそうなクラス盛りだくさん。


アウトドアヨガ祭り2013

◇日程 2013年10月26日(土)~27日(日)

◇場所 大阪 中之島公園芝生広場

◇参加費 500円~1,000円で、クラスにより異なります。
※クラスのご予約は不要です。

◇Miyukiのクラスについて

10月26日(土) 
18:00~19:00

『音のヨーガ キールタンの夕べ』

¥1,000

会場内の太陽のゾーンにて行います。



詳しくはこちらへアクセスください。


最近もまだまだ雨女なので、晴れるといいな…
[PR]
by miyuki_om | 2013-10-01 17:54 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)