ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

手と手

e0184598_174998.jpg
その手をちゃんと握ったのは、たぶん30年ぶりぐらいかもしれない。


入院中のおばぁちゃんに会いに、両親と一路徳島へ。

わたしに何ができるかな、と考えて

「やっぱり唄ってあげることか!」

と曲まで決めていたのだけど、いざ会ってみたら

『違う』

という直感がおりてきて、結局ハンドマッサージをすることに。


ヨーガと出会う前に、実はセラピストになりたくて、アロマの勉強をしていた私。

カウンセリングと施術を学ぶ前に、あることに気がついてしまいました。

私の手。

薄っぺらくて、どこか頼りなさげな手と指。

どっちかっていうと、ピアニストのように ひょろり としている。

セラピストになりたくて、当時の販売の仕事も勢いにのって辞めたのに、それに気づいて、あっさり断念。笑
(昔から、決断は潔かったらしい)


とりわけ、マッサージの技術を持ち合わせているわけではないけれど、自分が受けた施術で気持ちよかった感じを思い出しながら、おばぁちゃんの病室にあったハンドクリームでやってみました。

人の肌に触れる、特に意図してマッサージをすることは、相手のエネルギーがダイレクトに入ってくるし、逆にこっちからの伝えたい意思をダイレクトに注ぎ込むことができるもの。

おばぁちゃんの手をマッサージしながら、

この手で、うちの母さっちゃんや大好きな叔父さん、叔母さんたちのほっぺをいっぱい触っていたんだろうな。

とか

この手で、じゃがいも入りの美味しいお味噌汁を作ってくれてたな。

とかそんなことがパっと目の前に広がりました。

わたしよりも、うんとやわらかい手。
そのやわらかさは、おばぁちゃん自身のやわらかさでした。


最後は手のひらの中心を意識的にぐぐーっと押してあげました。

知人のレイキーヒーラーの方から教えてもらった

「氣」の作り方と練り方。

手のひらの中心を押して、その場所を意識しながら氣のボールを両手で作っていくのです。

そのボールを自由自在に感じるまま大きくしたり、小さくしたりする感じ。

手のひらの中心には「ハンドチャクラ」があって、ハートセンターとつながっているらしいです。

それは後から知ったことなんだけど、その氣のボールを、たとえばヨーガのクラスの最後のリラクゼーション中に、よくみんなに向けて飛ばしてみたりしています。(実は!!)

そうすると、やった時とやっていない時の、みんなの表情や言葉が全然違うこと。

これ、ほんとに驚きだったことなんだけどね。

だから、ハートチャクラとつながっている手のひらの中心あたりを、おばぁちゃんにも念入りにマッサージ。


どんな状況、環境になったとしても、どうかおばぁちゃんの心の平穏と、しわくちゃのかわいい笑顔が続きますように。


そして次こそは、唄ってあげよう。
[PR]
by miyuki_om | 2014-11-30 12:21 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

消えない灯火

e0184598_1147881.jpg
赤と黄色に包まれるこの季節。

そして

「中国の人に、この空の色をみせてあげたいわ。」

とタクシーのおぃちゃんが何度も言っていた青い青い空。

寒さに臆病な気質なもので、湯たんぽ荷物に入れていたけど、結局登場せず・・・。

それぐらい、朗らかな陽気に包まれた京都の滞在でした。

Thank you so much, GOD of nature!!


キールタン3日間集中講座と、ハルモニゥム個人レッスンを終え、故郷の香川に戻って今ようやく一息ついています。

半年間あたためてきた3日間の講座中、ひとつ呼吸をするにも、私にとっては眩しすぎる時間だったように思います。

みんなのまなざしが優しくて。

唄っている表情が美しくて。

真に自分と向き合っている姿に感激し。

音が持つ神秘の力も然りだけど、それ以上にわたし達人間にも宿っている神秘の力、影響力というのを目の当たりにしたような、そんな3日間。


わたしがキールタンを始めた7年前。
その当時の1ミリずつ広がってゆくような速度と比べて、ここ1年で広がる速さの違いを肌で感じながら、そのプロセスこそが、わたし自身の悦びや至福なのです。

何かを獲得することや、結果じゃない。

それまでのプロセス。

「波及する星」の元に生まれたから、きっとそう思うんだろうね。



そしてハルモニゥムと共に唄い続けたこの3日間の音の記憶が、ずっと灯火し続けていて、アーサナ後の心地よい余韻よりも、濃厚であることは間違いありません。

目を閉じると、いつでも音雫の世界が身体じゅうにひろがるのです。



初めて人前でキールタンのリードをした方たち。

私なんて、初めてのリードはキールタンのCDにあわせてリードしたぐらい小心者でしたから、それに比べると、みんな堂々とひとりでリードしていた姿をみて、先生心で感涙していたですよ。

そしてそんな勇気ある方のリードで、レスポンス側になって唄えた喜びは、それはそれは宝物を独り占めしたかの気分でした。

すみません、みなさん。


声を使うだけに、1日3時間の3日間が限界だったけど、5日間のリトリートという形で繰り広げられたら、また世界が広がるだろうなと今構想中・・・。

あかん、にやにやがとまらない。



消えない灯火が、今でもあたたかい。

わたしはそんな灯火を、これからも灯していく着火材なんだろうな。
[PR]
by miyuki_om | 2014-11-27 17:38 | eventれぽーと | Trackback | Comments(0)

キールタン~霜月の集い~in KOBE

e0184598_1327209.jpg


みなさんへ冬のお便りです。

今年最後となるキールタンをロマンチック神戸(なんか、神戸ってそんな雰囲気なんですけどー)で開催させていただきます。

いつも90分のキールタンですが、

「120分唄う!」

と宣言してしまいまして。

声大丈夫か?という心配よりも、実はわくわく感しかありません。 


おひとりひとつ、キャンドルお持ちくださいるとうれしいです。

灯火を囲んでのキールタン。


聖なる集いとなることを願って・・・。


『キールタン~霜月の集い~in KOBE』

かさかさ

しんしん

冬めく季節がやってきました。

冬の到来とともに、木々たちがどこか小さく見えたり。

朝日の輝きが、いつもより透明に感じたり。

また夕日は、長い光を放ちながら茜色に空を染めたり。

そんな冬の顔が深まっていくこの季節に、音のヨーガ「キールタン」で、心からあたたかくなる時をともにしましょう。

キールタンとは、インド版の賛美歌のようなもの。
神秘の言葉・サンスクリット語と、音の波動によって、わたし達の内なる輝きに触れると同時に、自身をクリーニングしてくれます。

キャンドルを灯し、ゆらめく炎と音に包まれながら過ごす冬の暮れ。


たくさんの方とシェアできますように。



日時:2014年12月7日(日)
   15:00~17:00

場所:スタジオ ネムの木
(神戸元町駅より徒歩3分)

持ち物:キャンドルおひとつ
(どんなものでもOK。お持ちでなければ大丈夫です)
ブランケットやクッションなどの座れるもの。

参加費:2,500円

ご予約:ネムの木さんまで
nemunoki2014@gmail.com

その他:キールタン終了後18:00~夕食会に参加希望の方は、ご予約の際にあわせてお知らせください。
みんな大好き!南インド料理のお店を予定しています。
[PR]
by miyuki_om | 2014-11-16 11:11 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

Hareの国でうたう

e0184598_10514385.jpg

そこに集まった人というのは、

「繋がる」

ことを大切にしたい方たちでした。

ある意味、本当の集い。

"Heart Gathering”

そこには、何の損得勘定もなくて。

自分たちがそれぞれ大切にしている存在に対して祈る気持ちとか、心からあたたまってゆける、人との関係性とか。

物質的な価値観よりも、目では見えないエネルギーの価値観の必要性を感じているからこそ、はるばるここに集ってくれたのだと思います。

遠くは三重県から。
そして京都や大阪からも。

「ハレの国」といわれている岡山。
珍しくも一日秋雨だったけど、心はとても晴れやかに過ごさせていただきました。

ハレクリシュナのマハーマントラも、最後は口がまわらなくなるほどの(笑)テンポで唄ってくれた、ハレつながりの岡山のみなさん。

同じ時間を共にしてくれた方々、そしてこの美しい空間作りに携わってくれた方々、感謝という言葉以上の感謝をおくりたいです。



e0184598_11124141.jpg
デコレートされたサリーたち。
空間に風が流れているかのよう・・・

e0184598_11104133.jpg
ガンジス川で清めたという草木染めのお洋服たちもあったり。



e0184598_11411552.jpg
久々にレスポンス側で唄ったら、どうしようもなく興奮してしまった・・・。
かっこよすぎます、彼らの演奏。

e0184598_11414053.jpg
今回の岡山でのGatheringを主催してくれたSachiさん。
偶然にもシヴァナンダティーチャーつながり。

e0184598_11463680.jpg


e0184598_1218111.jpg


e0184598_12183477.jpg


e0184598_1219336.jpg


e0184598_12192836.jpg


e0184598_12194658.jpg


手のひらがあたたかいのか。

胸の奥があたたかいのか。

きっと、内も外もほんとはあたたかいのだ。


正直こういう集い、苦手な人もいると思う。
聖なるなんとかー、っていうのは、どこか自分とのギャップがありすぎて、かゆい感じがしたり。


あなたの信じているものって何だろう。

居心地のよいものって、いったい何だろう。

永遠に途切れなく続くしあわせって、何だろう。

小さい頃は、もっともっと純粋に知っていたこと。
恥ずかしさもなく。
恐れもなく。
偏見もなく。

e0184598_12223561.jpg

次の地は、どこだろう。

いつかHeart Gatheringで会いましょう。

e0184598_12313621.jpg

[PR]
by miyuki_om | 2014-11-13 12:41 | eventれぽーと | Trackback | Comments(0)

出張ヨーガクラス(アーサナ編)

e0184598_11592741.jpg

うどん県でのヨーガはまだまだ発展途上。

そんな中でも日々ヨーガを求めている方は少なからずいるわけで。

ヨーガに対して芽生えた気持ちに少しでもお応えできるよう、出張クラスの詳細をまとめてみました。

大勢いるクラスが苦手だったり。
時間的に遠くに行くことができなかったり。

みなさんの問題をなるべく解消できるよう、お手伝いさせていただきます。

気負わず、お気軽にお問い合わせくださいね。






『出張ヨーガクラス(アーサナ編)』

■内容

・インドの古典ヨーガをベースに、マントラ詠唱・呼吸法・ポーズなど、ご参加される方のレベルに応じて、クラスを進めてゆきます。


■対象

・基本的に女性限定ですが、ご夫婦でのご参加など、女性の方がご一緒であれば男性の方も可能です。
・妊婦さん同士でも可能。
・ご自分を癒し、内観する静かなクラスとなりますので、成人の方のみとさせていただいてます。ご了承くださいませ。


■クラスの場所

・香川県内全域
・ご自宅、マンションの共有スペース、コミュニティセンターなど
・場所は、ご参加いただく方で確保くださいませ。


■時間帯

・Yoga Houseでのクラスがない時。
・10:00~18:00(開始)までのご希望の時間。
・1クラス90分となります。


■料金

・1名•••4,000円
・2名•••3,000円/1名
・3名以上•••2,000円/1名
・交通費実費、講師自宅からの現地までの往復距離に応じて算出いたします。
・ヨガマットレンタル100円


■持ち物

・動きやすい上下の服装
・ヨガマット(和室の場合はバスタオルでも可)
・ブランケットなどの羽織るもの(夏以外の時期は、リラクゼーションのときに身体が冷えないようお持ちいただくことをおすすめします)
・お水、白湯などの飲み物


■ご予約&お問い合わせ

lakshmiyuki77アットマークyahoo.co.jp
(miyukiまで)

香川県以外にお住まいで、クラスをご希望の方は条件が多少異なりますので、一度メールにてお問い合わせくださいませ。







[PR]
by miyuki_om | 2014-11-08 11:56 | プライベートレッスンのこと | Trackback | Comments(0)