ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

<   2015年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

久高島のこと ~おきなわリトリート~

e0184598_1348954.jpg
沖縄にある全ての島をめぐった知人に、

「どこの島が一番良かった?」

と聞いたら

「久高島」

と即答されました。

女性として生を受けたなら、行っておくべき!という知人からの言葉も印象的でした。


今でも島で行われる祭祀を先導するのは島の女性、おばー達。

琉球王朝では神の声を聞くことができるのは女性であり、この島は女性が男性を守る島と言われているそうです。

そしてその島自体の土地は、神様からお借りしているもの、と考えられていて

「誰のものでもない」

という思想が、島に入る瞬間に、伝わってくる不思議な感覚があります。


e0184598_13584089.jpg

島の中は自転車でぐるっと短時間でひとまわりできる、とても小さな面積。

前回訪れたときは、ペダルを少しこいでは、立ち止まり。

こいでは、立ち止まり。

を繰り返していたような記憶があります。

というのも、島に生息する植物たちのエネルギーがすごいこと、すごいこと。

立ち止まっては、自分の呼吸を押しとどめ、植物たちが発している何かに、アンテナをめぐらせていました。



e0184598_14323100.jpg


リトリート中は、「アマミキヨ」が降り立ったと呼ばれる聖域に、みんなで訪れる予定です。
そこで、しばし坐り、瞑想に入ります。

そう、久高島を訪ねる日はちょうど浄化のパワーが宿る新月。

厳かに、言葉のリードがなくても、ただそこに坐るだけで、充分。

そのあとは、それぞれのインスピレーションにしたがって、島の中を散策してみてください。
(※立ち入り禁止の区域もありますので、その点だけ注意しましょう。)

久高島は、インドのように、呼ばれなくては行くことができない場所。
どうか、島の神様がわたし達をお呼び立てしてくださいますように・・・


そうそう。
フェリー乗り場付近にある食堂の金時ぜんざい、ひそかにオススメだったりもするよ!笑



前回訪れたときの様子は→こちら

そして『新月の星空おきなわリトリート』
お申込&詳細は→こちら
[PR]
by miyuki_om | 2015-07-29 13:06 | retreatのこと | Trackback | Comments(0)

8月のスケジュール(yoga house)

e0184598_1042440.jpg

葵空の下、日に向かい咲く、向日葵。

ひまわり。

ヨーガをする前のわたしは、夏が苦手で、遠回りをしてまでも、日陰日陰を求めて歩いていました。
今では、日を求めて求めて、夏を満喫するまでに。

夏は特に夜が好きでして、だからといって夜更かしするわけではなく、

ガーゼのタオルケットの肌触りとか。

お風呂あがりの扇風機とか。

ひんやりとする夜風とか。

心地よいものが夏の夜にはたくさんあるな、と。


さて。yoga haouse Leela、8月はお盆期間も開講します。
人ごみから離れて、静かにヨーガなひとときを共にしましょう。

++++++++++++++++++++++++++++

8/1(土)10:00~
8/2(日)10:00~
8/6(木)10:00~
8/8(土)10:00~
8/9(日)10:00~
8/13(木)10:00~
8/15(土)10:00~
8/16(日)10:00~
8/20(木)10:00~
8/22(土)10:00~
8/23(日)10:00~残1
8/27(木)10:00~
8/29(土)10:00~
8/30(日)10:00~

※8月は室内の温度調整が難しいため、新月と満月クラスのナイトクラスをお休みさせていただきます。
※クラスを受講するにあたっての詳細はこちらをご確認ください。

※ご予約・お問い合わせ先

lakshmiyuki77アットマークyahoo.co.jp
(メールが戻ってきたり、迷惑メールに振り分けられるのを防ぐため、このアドレスからのメールを受信可能設定にしていただきますようお願いします。)

※ご予約は前日までとなります。

++++++++++++++++++++++++++++

【お知らせ!!】

9月、10月の新月は日常から離れ、リトリートで自然とともに過ごしましょう!
新月は浄化とアファメーション(新たな決意)の力が最大限となる特別な日です。

9/12~14 『新月の星空おきなわリトリート』
少人数のプライベートリトリート。
新月の日には神の島と呼ばれている、神聖な「久高島」へ訪れます。
詳しくはこちら

10/9~13 『新月のキールタン・リトリート』
タイのチェンマイ郊外にある自然豊かな場所で、音に包まれる5日間。
毎日行うキールタン、音遊び、五感の開き方など、日常でも取り入れられるヒントをシェア!
海外の経験がない方でも、安心してご参加いただけます。
詳しくはこちら
[PR]
by miyuki_om | 2015-07-27 15:30 | 最新スケジュール(yoga house) | Trackback | Comments(0)

guider 〜おきなわリトリート〜

e0184598_521351.jpg

今回、4年ぶりに一緒にリトリートのガイドをつとめるのは、kumariさん。

何ひとつ、カッコつけることもなく、誰の目を気にすることなく、ズバっと率直にモノが言える彼女。

「見据える力」がありながらも、インスピレーションに従って生きているところ、お手本になります。
(彼女にしてみると、ただ好きな事や場所を、インスピレーションどおりに選択したら、結果素晴らしい環境の中で生きていた、生きている、という事のようです。


そして、同じ自由人のわたしと違うところは、瞑想で坐る時間が、圧倒的に多いということ。
一年の半分はインドで暮らしている彼女ですが、その暮らしの中でも坐ることに比重を置いています。

だからといって、「インドでガチ修行!!」という人柄でもないところが、いいところ。

だからわたしは、小難しく書いているどんなヨーガの哲学本よりも、彼女の言葉の方が、身体に染み込みやすいのです。

彼女の瞑想を通じて、ストンときた言葉のほうが、視界が広がる感覚があります。

ていうこともあり、わたしにとってはある意味「先生」。

今回のリトリートでは、瞑想のガイドをはじめ、アーサナクラス、あと、希望者にはオラクルカードを使ってみてもらえる特典もあり。

インド行きたい、興味あるという方は詳しく話しが聞けると思います。

彼女の人柄がわかるブログ、読みごたえばっちりなので、リトリート興味あるないに関わらず、ぜひ読んでみてくださいな。

こちら

『新月の星空おきなわリトリート』
お申込&詳細は→こちら
[PR]
by miyuki_om | 2015-07-26 05:01 | retreatのこと | Trackback | Comments(0)

宿のこと~おきなわリトリート~

e0184598_1123255.jpg
9/12~のおきなわリトリートの宿泊先について今日はご紹介。

せっかく沖縄にいくのだから、沖縄らしい雰囲気もありつつ、だけど背伸びしすぎない程度の宿。

大型系じゃなく、小型系。

元々、旅で「ホテル」というカテゴリーは、どこでも好きじゃなくて。

だからといって、沖縄ならよくある、夜ゲストの人たちとわいわい「ゆんたく」する民宿も苦手。


今回リトリートの宿泊先に選んだ「海坐」さんは2年前に一度宿泊したことのある宿。

そのときの様子はこちら

わたしの好みばっちりストライクでして、ぜひぜひみんなにも泊まってほしいな。


昨年、今帰仁でリトリート決定する前に、この海坐さんで開催の候補にあがっていたけど、人数の都合上、見送ったという場所でもあります。

タイミング合って、今回こちらで開催することができて、

「好き好き」と想っていたら、やっぱり引き寄せるものなんですね。笑


e0184598_11241532.jpg

宿の裏山には、小さなツリーハウスへと繋がる、森の散歩道があります。

沖縄の色濃い植物たちが、そこかしこに自生していて、力強さを感じます。

そして、海まで徒歩5分~

海と山とに挟まれて、そして広い空に見守られ・・・

もう、そこに行くだけで、リトリート終了~!ってなりそうなところです。笑

那覇からのアクセスもよいし、神宿る島と呼ばれる「久高島」に行くにも港までも近いという好立地。
e0184598_11262233.jpg
この部屋でヨーガします!


あ、ここであんまり紹介しすぎてしまうと、行ったときの

「わ~!!!」

っていうのがなくなるかな・・・

とも思ったのですが、大丈夫。

想像以上にすてきなところですから。


[ 静かに 佇む ]

そんな言葉がぴったりきます。



『新月の星空おきなわリトリート』
お申込&詳細は→こちら











[PR]
by miyuki_om | 2015-07-23 11:28 | retreatのこと | Trackback | Comments(0)

新月の星空おきなわリトリート

e0184598_1856586.jpg


美しい景色をみたり
美しい自然に触れたり
美しい土地のものを食したり

そんな経験をすると、なぜかその「美しいものたち」をみんなで共有したいという想いにかられます。

沖縄。

そんな美しいものたちが、たくさんつまった場所。

尊敬し、そして信頼のおけるヨギーkumariさんとともに、すてきな企画が急遽決定しました。

そして強力な助っ人は、沖縄に宿る自然のカミサマたち。
太古から沖縄を見守っている地のカミサマたち。

「セミプライベートリトリート」ともいえる、少人数の募集です。

インスピレーションにしたがって、お早めのご予約をおすすめします!

以下、詳細はkumariさんがすてきな言葉で綴ってくれました。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

地球の浄化エネルギーが高まる新月の日、ゆったりとした時間の流れる沖縄にて、海と山のエネルギーを感じながらおこなうリトリート。


場所は、那覇空港からアクセスしやすい沖縄本島南部、玉城。
神聖なエネルギーを宿すパワースポット久高島へも、島の神様が呼んでくれたらお邪魔したいと思います。


ヨーガや瞑想、キールタン(音のヨーガ)を通し、自然のエネルギーと同じ力、わたし達の内に在るシンプルな自然性を感じていきましょう。


地球と同様に、心身の浄化力も促される新月、いつもより小食、美味しくてやさしいベジタリアンの食事、身体の声がよぉく聞こえます。
お天気が良ければ、満天の星空がやさしく照らしてくれるでしょう。

星の瞬く音なき音、
源である母なる海、その波の音、
南の島のみずみずしい緑、
それを揺らす風の音、

今この瞬間、ただここに在る、
それだけで良いのだということをそれらは体験でもって教えてくれます。
その教えは、日々の暮らしに活力を与えてくれることと思います。


太陽(火)と海(水)と山(土)と風、この地球の完璧なハーモニー∞調和∞バランスを
一緒に感じていきましょう。

e0184598_1856631.jpg
あるがままにある。 
それだけで良いのです。
e0184598_1856750.jpg





∞ 新月の星空おきなわリトリート ∞

日 時: 2015年 9月12日(土)、13日(日)、14日(月)  2泊3日
*9/12(土)15:00現地集合
9/15(月)午前中解散予定

場 所: 沖縄本島南部 玉城

案内役: miyuki & kumari

定 員: 8名

対 象: 女性限定となりますが、カップルやご夫婦であれば、男性のご参加も可能です。  

持ち物: ヨガマット、三日分の着替え、水筒、ビーチサンダル、虫よけスプレー、おやつ等

参加費: 40,000円


[参加費に含まれるもの]
二泊三日の宿泊・食事代金
リトリート内のヨーガ・キールタンなどの講座参加費


[参加費に含まれないもの]
現地までの渡航費や交通費
旅行保険料
久高島までの交通費、島内レンタサイクル料
用意する食事以外のおやつ・飲み物類
(おなかが減った時のために、自然のおやつの販売も予定)


[リトリート内容]
●1日目 一粒万倍の吉日 
15時 現地集合 ∞ 海座
ウェルカムドリンクを飲みながらオリエンテーション
   
しばし自由時間。荷解きやお散歩など。
波の音を聞いたり、海にひたって身体を癒すのもいいですね。。
   
17時~ 早めの夕食 ∞ 山の茶屋 
20時~ 身体を芯からほぐす夜のヨーガ ∞ 海座
早めに就寝。
ゆったりと身体をやすめ早起きにそなえましょう。
  
●2日目 新月
6時~ 歩く瞑想
小さな森をサイレントウォーク。
朝の神聖な氣をたっぷり取り入れます。
7時半~ 朝のヨーガ
呼吸法と太陽礼拝 ∞ 山の小屋
(ガジュマルの木の下※天候次第)
9時~ 朝食 ∞ 海座
10時~ 久高島に向け出発(※天候次第)
自転車でエネルギースポットを訪れ、氣をいただき自然と瞑想いたしましょう。
17時~ 早めの夕食 ∞ 山の茶屋
18時半~ 音のヨーガ
キールタンの夕べ ∞ 山の小屋
歌と音を深いところに響かせ、心と身体を自分自身で癒し浄化します。 
20時~  新月の星空瞑想 ∞ 海辺
新月のエネルギーで心身の浄化がうながされ、内なるエネルギーを感じられるでしょう。

●3日目
6時~ 歩く瞑想 ∞ 森の散歩道
サイレントウォークで、自然の声に耳をすませる。
6時半頃~ ほぐしのヨーガ&呼吸法と瞑想 ∞ 海坐の縁側
8時~ 朝食
9時~ クロージング・シェアリング
終了後、荷造り
10時 チェックアウト、解散(予定)
e0184598_1856893.jpg



◇予定は当日の天候などによって変更になることがあります
◇リトリート中は自由に周辺を散策いただけます

[リトリート会場・宿泊施設]
海の見える小さな宿 海座 

e0184598_1856921.jpg
*お部屋は2名の相部屋のみとなります
e0184598_18561060.jpg

さちばるの海を見下ろす心ときめくお宿です。
e0184598_18561142.jpg
リトリート中は貸切りとなります。
※宿の写真は海坐さんのHPよりお借りしました。


[リトリート会場までの移動について]
基本は、現地集合とさせていただきます。
レンタカーかバスでお越しください。

車の場合、高速利用で30~40分、
バスの場合、那覇バスターミナルより約1時間。(玉城下車)


[リトリート案内役]

miyuki
ヨーガと音の世界に魅了され、京都、大阪、香川、バリ+α など、行く土地土地でその輪を広げる活動を行っています。
風吹く所が大好きな風人間です。
日々の暮らしを丁寧に
自然の奏でる音とヨーガに寄り添いながら過ごしています。



kumari
福岡県出身、ただいま南の島に出張中。
日常生活が輝くヨーガをお伝えしつつ、年のはんぶんをインドで暮らし学んでいます。
ヨーガと瞑想、インドでの暮らしを通して知った、シンプルに生きることの楽しさを満喫しています。


[キャンセルポリシー]
開催日2週間前(8/29~)よりキャンセル料金が発生いたします。
ご了承くださいませ。

・2週間前(8/29)~: 参加費の20%
・1週間前(9/5)~: 参加費の50%
・前日(9/11)~当日: 参加費の100%


[お問合せ・お申込]
くまり かなこ
kumariyoga@gmail.com

メールタイトル: 新月おきなわリトリート
本文: 氏名、住所、電話番号をご明記ください。
ご希望の方に、オラクルカードの遠隔リーディングをさせていただきます。
詳しくは返信の際にお知らせします。
e0184598_1856733.jpg

[PR]
by miyuki_om | 2015-07-18 19:00 | retreatのこと | Trackback | Comments(0)

呼吸する音楽

e0184598_1535028.jpg

上質な音楽Liveに浸ってきました。

Liveのタイトルは

『呼吸する音楽』


シルクのように滑らかで、空気を包み込むような声をもつLilyさん

そしてその声にそっと寄り添うタンプーラ。

細胞までもが、ぞくぞくと震えてしまうNaotoさんのタブラ。
インド・ラジャスターン地方のダブルフルート、アルゴザ。

そして19個のクリスタルボウルを操り、倍音の世界へいざなってくれた直之さん。

3人が奏でてくれた、呼吸する音楽。

久々に受け身となり、委ねられる時間を過ごしました。

彼等の音楽が素晴らしいと思ったのは、古典インド音楽にとどまらず、インド楽器を使いつつも、ビートルズの曲や日本語の唄をミックスしていたところ。

国境なく、融合された曲たち。

こうあらねばならない

という、頑なに固定されたものは、わたしにとって少し息苦しさを感じるのだけれど、奏でる人が柔軟であれば、聴いていても、呼吸がゆっくりできて心地よろし。

わたし自身もキールタンで唄う曲は、土の香りが漂うような、インドの旋律から、少し水分を含んだ風のようなメロディラインへと唄う曲が変わってきました。

そういえば、Liveの3人共に着ていた服がインドインドしていないのも、好きでした。笑

(いえ、インドは好きなんだけどもね。)


呼吸する音楽

というのは、聞いたときにどこにも違和感がなく、そして自分の外側と内側の境もなく、すーっと入ってくる呼吸のようなもの。

そしてまた、音楽そのもの自体、生命の源のようなエネルギーがあること。

そんな美しい音楽を、身近で聴くことができ、よき時間でした。

ありがとう!










[PR]
by miyuki_om | 2015-07-07 15:03 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

i sing for Nepal

e0184598_1331697.jpg

集うこと

唄うこと

そして祈ること

ネパールへその祈りが届くことを願って。


実は去年一度は行こうと計画をたてていたネパール。
4/25に発生した大地震により、その想いは儚くも崩れてしまいましたが、いつの日かわたしが訪れたときに、祈り唄ったこの日のことを思い出すことと思います。

「キールタン」という形で今回は行われますが、ただただその場に足を運んでくださるだけでも充分です。

関西以外からも参加いただける方が多くいることを知り、そのことだけでも胸の奥があたたかくなります。

わたしも日帰りですが香川から駆けつけます!

参加ができなくても、この日に少しでもネパールへ手を合わせてもらえるだけでも嬉しいです。

以下、特設ページより抜粋しています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

i sing for Nepal

この日、私たちはネパールで被災された方々のために歌い、祈ります。

今、多くの参加者様を呼びかけています。

一緒に歌いましょう。

参加費となるハートマネーは、ネパールの復興支援になります。

心を寄せてくださっている全ての皆様、ありがとうございます。

そしてみんなのHeart*と歌声を、心からお待ちしています。



経常利益にあたるすべてを、2015年4月25日に発生したネパールの首都カトマンズより北西80km を震源とする大地震の災害に伴う緊急支援募金として、支援活動団体(義援金の受取先参照)へ納めるべく、チャリティーキールタンイベントを「i sing for Nepal.」として開催致します。

多くのリード奏者や音楽家の皆様の賛同により、一日がかりの全員参加型のキールタン・讃美歌イベントとなりました。

※キールタン・チャンティング=インドなどの神様を歌う讃美歌やマントラ(真言)。
近年ではよりポップでシンプルな音楽的なアレンジを自由に加え、宗教的な部分を超えて、世界中で一般的に親しまれています。
例えば、シヴァ神やラーマ神、クリシュナ神のようなヒンドゥスタニの神様の歌など。

e0184598_13404589.jpg



◇日時
2015年7月26日(日)
10:30 開場
11:00 スタート
17:00 終了

◇場所 
永運院 京都市左京区黒谷町33(金戒光明寺境内)
アクセス方法はこちら

◇参加費
Heart Money(お気持ち)

◇定員
80名(予約優先)

◇ご予約方法
こちらのお問い合わせフォームに参加者のお名前と人数をお知らせください。
または
②Facebookのイベントページの参加ボタンを押してください。
または
③メールかお電話にて直接ご連絡ください。

◇主催
Heart Gathering*
heart.gathering@gmail.com
075-201-6440
[PR]
by miyuki_om | 2015-07-02 22:29 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

No Kirtan No Life

1歳4ヶ月の姪っ子が大好きな唄。

「かえるの唄」

その最後のパートが

「ゲロゲロゲロゲロ」じゃなくて

「ケケケケケケケケ」に最近は変わったらしく(ゲロゲロだと、別のものを想像してしまうからか?)、軽く驚いた文月最初の朝。

いつか姪っ子の大好きな唄がキールタンになるよう、一緒に散歩に行くときはガネーシャのキールタンをいつも口づさんでいる、みゆき叔母さんです。


たしか、わたしの小学1年生のときの得意な唄といえば

ヒロシ&キーボーの「3年目の浮気」だったっけな。

7歳児が

「♫ 開き直るその態度が 気に入らないのよ~♫」

と、家族や親戚一同の前で唄っていたのだから、今思えばおそろしい・・・。

でも、音楽一家でも何でもないけれど、思い起こせばいつでも「音楽」や「音」という環境に囲まれて育っていた気がします。

家に親戚が集まれば始まるカラオケ大会

兄と当時はいやいや通っていたピアノ

筋トレが日課だった体育会系の合唱部

言葉のリズム感が好きだったアナウンス部

ケケケケと鳴くかえる達

山や田んぼ、空から聞こえる音の数々...


さて。

今月もたくさんの方達とキールタンをシェアできる機会がたくさんあって、わくわくの毎日です。

自分にとってのライフワークというか、使命というか、そういうものに誇りをもつことができる今、わたしの人生の豊かさはここにあると、唄うたびに再確認するのです。


唄うことで幸福感を感じるエッセンスは誰しも持っているもの。
特に、美しいメロディが織り成すキールタンは、アーサナや瞑想では味わうことのできない恍惚とした光と愛をわたしは感じます。

もうなにも要らない。

と、唄っていると思えるのです。


わたしにとって

料理でもなく、

絵を描くでもなく、

先生という役目でもなく、

母親という役目でもなく、

キールタンを奏で伝える人。


その役目をいただいた今世に感謝して、明日もまた唄い続けます。



No Kirtan No Life.

No Sounds No Life.


e0184598_1818259.jpg

[PR]
by miyuki_om | 2015-07-01 18:29 | あんなこと | Trackback | Comments(2)