ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

<   2016年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

唄とともに生きる

e0184598_14084371.jpg

岡山の人たちと、響き合い、繋ぎ合ったキールタン。

音の世界観、そして唄の楽しさ、よろこびをたくさんの人とシェアできたことに、私の魂は光を取り戻したようです。

PMのおかげで、喉から鼻にかけてのデトックスがすごくて、約3週間ほど、唄えない状態が続き。

身体もあちこちが張っていて、ずっと鳥かごに入れられたような感覚。

岡山キールタンの4日前に、ようやく終息をみせたデトックスにホッとしつつ、改めて唄える幸せをひしひしと感じながらキールタンの練習をしていました。


わたしが唄うことで、自分自身をふるわせ、そしてまわりにいる人たちのエネルギーをふるわせ、繋げていく役割。

決して、自分が「やろう」とするのではなくて、

ただただ、唄うのみ。

そこに、意味や目的を追求することは、かえって邪魔になってしまう。

わたし達が見出す「意味」とは、ほんとにちっちゃいちっちゃい「無意味」なこと。

それよりも、感じるままに音を出し、唄うのです。


唄うことに関して、わたしはプロでもないし、師匠について学んだ経験もありません。

今のところ練習をしながら、迷ったりスランプに陥ることもないのは、自分を信じて唄っているからかもしれません。


いつかは、みんなを置きざりにして、ひとり悠々と唄っていたりして。苦笑

でもそういうのも、大切かなとも思います。

誰のために唄うのではなく、すべて自分のために唄うこと。




唄うことは、わたし達自身の人間くささ、みたいなのが出てくる、とってもわかりやすい方法です。

何が苦手なのか、何を気にしているのか、自分自身知らないことがどんどんと見えてきます。

どうして子供たちは唄うことが好きなのでしょうか。

ハートが開いているからです。

ハートを開くためには、唄うことなのです。

キールタンを一度だけ経験した方は、もっともっと回数を重ねるてほしいなぁと思います。

唄うたびに、本来の自分に近づきながらも、それと同時に静寂もやってくる、あの感覚。



人間として生まれてきた、とてつもなく美しいことを、唄うことによって知ってほしいと思うのであります。


世界を広げる最初の原動力になるもののひとつが、唄うことであるように。









[PR]
by miyuki_om | 2016-04-30 20:08 | eventれぽーと | Trackback | Comments(0)

5月のスケジュール

e0184598_1127082.jpg


日に日に太陽と空が高くなってきました。

yoga houseのスペースも、ぽかぽか。

ハンモックでうとうと・・・気持ちよい季節です。

こうして、些細ではあるけれど、わたしにとっては大きな幸せごとに、毎日手をあわせ

「生かしていただき、ありがとうございます」

とちゃんと口にして、ヨーガの練習を終える毎日。


「明日はどうなるかわからない」

というときが、本当にやってくるかもしれない。

身にしみて思う、この頃です。

ゆがんでしまった日本の政治社会にあれこれ憤慨するエネルギーを使うよりも。

後悔なき人生を。

本気で生きよう。

太陽が照らしてくれている、そして笑っていられる今に感謝しよう。

そんなことを想いながら・・・



それでは5月のyoga houseのスケジュールです!

5月から月に1度、ベジランチ付ヨーガクラスを行います。
詳しくは「お知らせ」欄でチェックください。
それと、県外出張やヨガイベントのため、休講が多くなります。
yoga house以外のクラスもありますので、ご都合があえばぜひぜひご参加ください。

++++++++++++++++++++++++++++

5/1(日)10:00~
5/5(木)10:00~
5/7(土)10:00〜ベジランチ付ヨガクラス限定3名
5/8(日)10:00〜
5/12、14、15 出張のため休講
5/19(木)10:00〜
5/21、22 出張のため休講
5/26(木)10:00〜
5/28、29 ヨガイベントのため休講


※クラスを受講するにあたっての詳細はこちらをご確認ください。

※ご予約・お問い合わせ先
lakshmiyuki77アットマークyahoo.co.jp
(メールが戻ってきたり、迷惑メールに振り分けられるのを防ぐため、このアドレスからのメールを受信可能設定にしていただきますようお願いします。)

※ご予約は前日までとなります。

++++++++++++++++++++++++++++

《お知らせ》

「ベジランチ付ヨーガクラス」

5/7(土)限定3名・¥2,500(ヨーガクラス代含む)
クラスのあとに、ベジタリアンランチを囲み、yoga houseで食のヨーガも学びましょう。
cooked by miyuki

お料理の基本は・・・
動物性(卵・乳製品含む)のものは使用しないヴィーガン。
小麦粉、砂糖不使用。
調味料は有機製品を使用。
電子レンジ不使用。

ハーブや香草を使った料理がありますので、苦手な食材、その他アレルギーがある方は予めご予約の際に、お申し出ください。

プラーナフードをいただきながら、レシピの紹介や食にまつわるお話などをシェアします。
14:30頃解散予定

通常どおり、ヨーガクラス受講のみも可能です。


「月1スペシャル~シヴァナンダヨーガとマントラの会~」

5/20(金)12:30〜14:00
平塚中央公園内コミュニティースペース
参加費¥2,000

シヴァナンダ ヨーガの練習の際に必ず唱えられる、マントラの練習を行います。

マントラを唱えることは、数千年前より心身の成長のために実践されており、言葉を発することで、音のバイブレーションを全身に巡らせて、精神の浄化や安定、静寂をもたらしてくれるものだと実証されています。

マントラの色々な「音」には、ひとつひとつに大切な意味と特殊な効果が宿っています。

唱える人や聴く人にさまざまな恩恵のあるヨーガの練習法のひとつとして体験してみましょう。

お問い合わせ&ご予約
mattngogo@softbank.ne.jp
(松岡あきこさん迄)


「ヨガノワカガワ」

5/28(土)、29(日)

県内外の講師を迎えて行う、香川では初のヨガイベント。
28日は前夜祭ライブ。
29日は計5クラスの様々なスタイルのワークショップ。
わたしはキールタン、バリのオーガニック雑貨を販売します。
詳しくはこちら!
[PR]
by miyuki_om | 2016-04-27 11:25 | 最新スケジュール(yoga house) | Trackback | Comments(0)

ヨガノワカガワ

e0184598_12464643.jpg

香川で2dayのヨガイベントを開催することになりました。

ヨガイベントといっても、がっつりとしたアーサナクラスはなく、楽しさとゆるゆるとした雰囲気で、気軽に参加できるアーサナクラスだったり、あとはインドの伝承医学・アーユルヴェーダの座学だったり、インド音楽のライブ、そして土地と季節にあったお料理だったりと、幅広い内容になってます。

わたしは、キールタンで音のヨーガを担当します。

キールタンでは、3ヶ月過ごしたバリの滞在中、練習していた美しいメロディのキールタンを唄う予定!

唄うこと、音に浸れる機会を大人になってもどんどんと経験してほしいな、と思います。

キールタンは自分でも気付かない、心の琴線に触れ、クリーニングと自身の成長を促してくれるものだから。



それと、バリで仕入れた衣料雑貨もちょこっと販売する予定です。
数量少なめの販売なので、お早めに~


まるまる一日くつろぎながら、ヨガある時間を過ごせるイベント。

そして、なんてったって、会場となる場所が、素晴らしいのです。

そこに行くだけでも価値ある時間とでもいえるほど。

県外の人も参加しやすいように、宿泊も可能な施設ですので、ぜひぜひお越しくださーい。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『 ヨガノワカガワ
~私から広がる 時 と 空 ~』


「 音のヨーガ・キールタン
i sing, you sing ]

◇日時:2016年5月29日(日)
     17:00~18:30

◇場所:宇多津古街の家 背山・臨水
香川県綾歌郡宇多津街2126-1
宇多津駅から徒歩約15分
※お車でお越しの際は、宇多津町役場の駐車場をご利用ください。

◇参加費:¥2,500(事前入金となります)

◇ご予約・お問い合わせ
yoganowakagawa@gmail.com
080-3922-6417
(みねとしさん迄)

お名前、ご連絡先、参加人数を明記の上、メールを送信ください。
ご返信にてお振込先等のご連絡を差し上げます。

その他の詳しいワークショップ内容は、こちらをクリック↓
e0184598_1323053.jpg

e0184598_13232982.jpg

[PR]
by miyuki_om | 2016-04-24 09:45 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

鳥取でヨーガとキールタン

e0184598_111599.jpg
初上陸。
鳥取でのワークショップのお知らせです。


鳥取在住のヨーガティーチャー、マイマイがオーガナイザーとして、開催してくださることになりました。

マイマイという人物は、決断力と行動力が男前であるところが、とにかくかっこよい。

ヨーガと同じほど、いやそれ以上に?山を愛してやまない。

カレーをちょちょいと手早く作ることができる。


あ、マイマイを宣伝してしまいました…

(自分より他人の宣伝は大の得意なので、つい・・・)

そんなわけで、すてきなオーガナイザーのマイマイのもと、鳥取のすてき処で、ヨーガとキールタンのワークショップを行います。

ちょうど新緑が深まる初夏の時期です。

そして行う両日ともに「一粒万倍日」という吉日&満月。

小旅行気分で、ぜひぜひ鳥取へ!

※5/23(月)に、大山へ山登りを予定にしています。
マイさんの知人でプロのガイドさんと一緒に同行してもらいます。
興味ある方、行きたい方おられたら、ご一緒しましょー。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『風薫る音楽会
~一緒に歌おうキールタン~』


初夏の夜風を感じながら、音に歌にゆらゆら揺られましょう。

鳥取では初の「キールタン」
音のぴょーが、歌うヨーガともいわれるキールタンは、とても美しいメロディーや言葉を繰り返し歌っていくもの。
受け身で聴くライブとは違い、参加される方も一緒に歌っていくキールタンは、そこにいる人たちのエネルギーがひとつになっていく不思議な音の世界。
太鼓やベルなどの鳴り物を持ち寄って、みんなでキールタン音楽会を作りあげましょう。

◇日程 2016年5月21日(土)
     18:00~21:00

◇会場 野原のcafe ぽすと
八頭郡智頭町早瀬271-3

◇参加料 3,200円(お食事付き)
※キールタン音楽会だけの参加の場合は2,200円

◇ご予約&お問い合わせ
toriyoga108@gmail.com
090-4895-4492
(ニシダマイさんまで)


『シヴァナンダヨーガとキールタンWS』

◇日程 2016年5月22日(日)

・part ① 15:00〜17:00
『シヴァナンダヨーガ~マントラと共に行う太陽礼拝~』
心と身体の調和をはかる、インドの伝統的なシヴァナンダヨーガ。
初心者からヨーガの指導者まで経験に関係なく味わうことができます。

ヨーガの基本となるものが1つのクラスの中に散りばめてられており、古典的な流れでありながら、現代に生きる私たち、そして日本人の持つ繊細な感覚に向けて、アレンジしたリードを行います。

また太陽礼拝は太陽を讃えるマントラにあわせて行います。
マントラが持つ音のエネルギーによって、いつもより深く深く瞑想的な太陽礼拝を行うことを目的にしています。

風薫る初夏のもと、「癒しのヨーガ」とも言われるシヴァナンダの世界にどっぷりと浸かってみてください。


・part ② 18:00〜19:30
『歌うヨーガ・キールタン』
キールタンとは、マントラ(真言)を繰り返し唄っていく歌のヨーガのこと。
音のヨーガとも言われています。

私たちのまわりにあるものすべてに、波動は存在しています。
より直接的に、より豊かなエネルギーを感じるために、1番身近にある自分の声を使って、キールタンを体験してみましょう。

キールタンは内側をクリーニングし、自己ヒーリングに繋がります。
難しいテクニックは必要なく、初めての方、自分の声や唄うことに自身がない方でも大丈夫です。
気軽な気持ちでご参加ください。

◇会場
moco lifestyle store
鳥取市千代水2-111

◇料金
part ① 3500円
part ② 3000円
①と②両方 6000円

◇参加申し込み
toriyiga108@gmail.com
090-4895-4492
(ニシダマイさんまで)
お名前、電話番号、参加クラス名、参加人数、ヨガマットレンタルの有無をお知らせください。


※尚、こちらのイベントに関してのお問い合わせはmoco lifestyle storeさんの方ではなく、ニシダマイさんの方に直接お願いします。
[PR]
by miyuki_om | 2016-04-19 11:15 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

タコライス for vegetarian

e0184598_18081431.jpg

2週間近く鼻と咳風邪が続いています。

昨日半日ほど外に出ていたら、ぐったり疲れてしまい、一気に肌がガサガサして、呼吸も苦しかったー。

PM2.5です、完全に。

もう、何もかも敏感に反応してしまう身体になってしまいました...

時としてそれが、苦しく感じることもあるけれど、仕方あるまい。

今世はそういうお付き合いのもと、心身をピュアにしてゆく義務があるのだと思います。


さてさて、気温も高かった本日は、見た目も鮮やかに、食欲そそるタコライスを作ってみました!

バリにいる時もよく作ってたのですが、これからの季節、日本でも手に入りやすい食材ばかりなので、試してみてくださいな〜


『ベジタコライス』

〜材料〜
・トマト1個
・玉ねぎ1/2個
・セロリ茎の部分のみ10㎝ほど
(苦手な人はなくてもOK)
・人参1/3本
・にんにく1片
・大豆ミート1/2カップ
・パクチーお好きなだけ
・ルッコラもしくはキャベツ、レタス(彩り用に)
・クミンパウダー大さじ1
・塩、こしょう少々
・チリパウダー少々(なければ七味や一味唐辛子でも)

※大豆ミートが手に入りづらいは、水に戻した高野豆腐をみじん切りにして代用することもできます。
(その場合は、水気をしっかり切ってからみじん切りに!)

〜作り方〜
①大豆ミートをお湯で戻す

②熱したフライパンにオイルを入れ、みじん切りしたにんにく→玉ねぎ→セロリ→人参→トマト→大豆ミートの順に炒める。

③トマトが煮崩れてきたら、塩こしょう、クミンパウダー、チリパウダーを入れてさらにぐつぐつ炒め煮る。

④お皿にご飯を盛り、その上に③をのせて、まわりに好みの葉野菜などを散らして、出来上がり〜!


来月5月から、yoga house Leelaでベジランチ付きヨガクラスを行う予定にしてます。

ベジ料理でもちゃーんと満足できるものでおもてなししたいと思ってます。

みゆき飯に興味ある方は、来月からのスケジュール要チェックでーす。

今日も大地の恵み、太陽の恵み、海の恵みに感謝して、いただきます☺︎





[PR]
by miyuki_om | 2016-04-17 17:16 | eat!! | Trackback | Comments(2)

キールタンOKAYAMA

e0184598_07202535.jpg

岡山から、ここyoga houseに通ってきてくれている生徒さん。

3月には共通の知人がバリにいることもあって、バリにも遊びに来てくれた彼女。

バリ滞在中に、ハルモニゥムレッスン、そしてヴォイスワークを受けてくれて、彼女の奥の奥の奥に宿っている光が、ポッと彼女の内側を照らし始めたようです。

特にヴォイスワークは、ありのままの姿を堂々と見せている大自然を目の前に、声を出すことでどんどんと殻が剥けていく、そして本来の自分を探る貴重な体験だったようです。


声はお腹や感情に直結しているもの。

だから溜まった感情をクリーニングしてあげるには、声を使って癒してあげることが時に必要です。

たとえヨーガの経験がなくても、誰でもそれができること。

さて、今月は瀬戸内を渡り、そんな大切な生徒さんが住む街、岡山でキールタンします!

たくさんの人達と、心の底から声を出しあい、音が織りなす神聖な力をシェアできたらと思います。

香川からも、関西からもアクセスがよい場所なのでぜひぜひいらしてください☺︎

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『 響きあう音 ・ 繋ぎあう音
〜キールタンOKAYAMA〜』


私たちの内側と外側に絶えず流れている音。
その音が生みだすバイブレーションによって、内と外の世界を繋いでくれます。

それはまるで私たちを囲む、天と地のような関係性。
あなたの声が、その天と地の柱となり繋いでいく役割となるのです。

音のヨーガ、音の瞑想ともいわれるキールタン。
神聖な言葉をメロディーにのせ、そして声を使うことで、この音の神秘が次第に明かされていきます。

特別なテクニックは何も要りません。
初めての方、自分の声や歌うことに自信がない方でも気軽にご参加いただけます。
あるがまま、本当の自分の姿と声へ、キールタンによって導きます。

◇日時: 2016 / 4/29(祝金)
14:30〜受付
15:00〜17:00 キールタン、ティータイム&シェアリング

◇会場: 「ハマはうす」
妹尾駅より徒歩3分
岡山市南区妹尾249-7
※駐車スペース5台分有 1台500円
GW期間ということもありますので、できるだけ公共交通機関をご利用いただく事をおすすめします。

◇参加費: 2,000円(ハーブティー付)

◇ご予約&お問合せ
sanae.yogalife@gmail.com
(さなえさんまで)



[PR]
by miyuki_om | 2016-04-06 14:50 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

ただいま、ジャポン!

e0184598_19054177.jpg


3月はとてもとても濃い一ヶ月でした。

バリに来てからの1月と2月の記憶がほとんどありません...

きっと「上の方」で、帳尻合わせしてくれているのでしょうな。

昔から、すごーく時間があってゆったり過ごすことができるのは、その後すごーく時間が惜しいほど足早に過ぎていく前触れであること。

これ何度も実証済みです。

だから、なんとなくそうなるんじゃないかなとは思ってました。

単に忙しいとは違う。

胸の内から溢れ出た泉を、せき止めることなく、わたしの役割に対して正直に選択していたら、濃ゆい濃ゆい一ヶ月となっただけであります。

その引き金になったのは、自分の本質と魂の声を聞く経験をさせてもらえたから。


e0184598_19054121.jpg

ある日。
家に帰ると、こんなかわいい手紙が置いてありました。

「にほんにかえるまえに みゆきさんのうたをききたいから うたってくれますか」

宿のオーナーさんのお子さんから。

一生懸命書いてくれた気持ちが伝わってきて、嬉しくて部屋でしくしく涙流してしまいました。

毎日練習していたのを、聞いてくれていたらしく。

キールタンを聞きながら勉強したら、問題がすらすら解けて、いい点がとれるの〜
って、言ってくれたりして、かわいすぎるやないか。

宿のオーナーさんと子供たち、そしてお隣の部屋のゲストの方もまじえて、夜に即席キールタン会。

そして唄い終わった後は、今旬のドリアン会。
(当たりのドリアンは、目を丸くするほどクリーミーで美味しいのです!)

夏の夜、家族で縁側に座わり、みんなで食べるスイカのようにね。



こうして、3ヶ月弱過ごさせてもらったバリに、感謝以上の感謝を込めて、

生かしていただき、ありがとうございました。

成長を遂げてから、必ずバリ島の神さまにお礼と挨拶をしに再訪します。


日本に帰って最初に口にしたものは、死ぬ前の最後の晩餐で私が食べたいものと同じもの。

母さっちゃんが作ってくれた梅干しのおにぎり。

日本もやっぱり大好きだ!





















[PR]
by miyuki_om | 2016-04-04 18:17 | Baliのにちじょう | Trackback | Comments(0)

Aguni Hotra

e0184598_16152009.jpg

バリは「バリ・ヒンドゥー」という土着の宗教が、人々の暮らしの基盤となっています。

精霊信仰や、善も悪もバランスよく存在しているという人生観からわかるように、インドのヒンドゥーとはだいぶ異なります。

先日、バリでは珍しいヒンドゥー式の火の儀式『Aguni Hotra』が行われるということで、ハルモニゥムでのキールタンを依頼され、唄う機会をいただきました。

ヒンドゥー教でもない、ましてバリ人でもない異国の私が、儀式に協力することを認めてくれる、なんとも寛容なバリ。

Aguni(火) Hotra(癒し)とは、
日本で言う『護摩焚き』
インドで言う『Homa』
なるものです。

そこに住む地域の人たち、そして環境を清め、癒す目的があり、さらには恵みをもたらすものでもあるそうです。

儀式の最後。

僧侶たちがTvamevaマントラを唱えはじめてまもなく、ひとりの女性が肩をふるわせながら、泣いていました。

そのマントラとは

『 貴方は 父

貴方は 母

貴方は 仲間

貴方は 友

貴方は 叡智

貴方は 宝

貴方は わたしの すべて

真実に 導く 存在 』


そしてマントラが唱えられている間、参列者の人たちは、一番年長者の足元に平伏し、また自分の子供たちの足元にも平伏していました。
それは神さまに平伏すことと同じ意味をもつことだ、村の人は語っていました。

気づけば、そこにいたバリ人みんな、子供たちも含めて全員が涙しているではありませんか。

わたし自身、その場は傍観者としてしか居合わせることができず、ただただTvamevaマントラを唱えるのみ。

初めて耳にするであろう、サンスクリット語のマントラのバイブレーションを、バリの人たち何もブロックすることなくダイレクトに受けとっていたんだなぉと。


途中、僧侶のいきなりの「無茶振りキールタン」に焦りながらも、とてもありがたい機会をいただいたことに、感謝しています。
















[PR]
by miyuki_om | 2016-04-03 13:57 | Baliのにちじょう | Trackback | Comments(0)