ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

9月のスケジュール

e0184598_1202032.jpg


お盆過ぎた頃から、夜に虫の音が聞こえるようになりました。

命尽きた蝉たちも、道端に転がっているのを多く目にしたりと、日常の色彩も少しずつ変化があらわれています。

夏の疲れが出ないよう、ヨーガでちゃんと調整しましょうね。


9月から、新たな試み。

満月の日にyoga houseでキールタンします!
満月が平日の場合は夜に。
土日祝の場合は午後に。

そういえば、今までyoga houseでキールタンしたことがなかったなぁと、友人から聞かれてはじめて気づいたという...

yoga house、音の響きがとてもとてもよくて、いつもひとりで練習しながら、その響きに自分でさえ、うっとりしてしまうほど。

まだ経験されていない香川のみなさん、ぜひぜひお越しくださいね。

では、9月のyoga houseのスケジュールです。

++++++++++++++++++++++++++++

9/1(木)10:00~
9/3(土)10:00~
9/4(日)10:00~
9/8(木)10:00~
9/10(土)10:00~
9/11(日)10:00~
9/15(木)休講
9/17(土)レギュラークラス休講
    14:00~フルムーンキールタン◯

9/18(日)10:00~
9/22~9/25関東出張のため休講
9/29(木)10:00~


※フルムーンキールタンについて

キールタンとは、歌うヨーガともいわれていて、インド版の賛美歌のようなものです。
神聖なマントラを、美しいメロディーにのせて唄っていきます。
上手く唄う必要はなく、ただ心地よく、リラックスして唄うことで、ハートを開き、心身の浄化を促してくれます。

通常のヨーガクラスとは違い身体は、動かすことはありませんので、座ってリラックスできる服装でお越しください。
ヨガマットも不要です。
90分
参加費2,000円(お茶つき)


※クラスを受講するにあたっての詳細はこちらをご確認ください。

※ご予約・お問い合わせ先
lakshmiyuki77アットマークyahoo.co.jp
(メールが戻ってきたり、迷惑メールに振り分けられるのを防ぐため、このアドレスからのメールを受信可能設定にしていただきますようお願いします。)

※ご予約は前日までとなります。

++++++++++++++++++++++++++++

≪9月WS、イベント、他レッスンスケジュール≫

9/22(祝木) 鎌倉 古民家スタジオ イシワタリ

『 ととのえるヨーガ×うたうヨーガ 』

9/25(日) 高円寺 東京シヴァナンダセンター

『ハートをひらく・音の波動をかんじるキールタンWS』


9/27(火) 高松 KULA YOGA flow arts

『シヴァナンダヨーガ』
19:30〜20:45
※7月に新しくオープンした高松のヨガスタジオです。
月1回夜のクラス!
一日の自分へのご褒美として、過ごす静かなクラスです。
詳しくはこちら

9/29(木) 岡山 山口邸

『キールタンナイト』
[PR]
by miyuki_om | 2016-08-27 11:58 | 最新スケジュール(yoga house) | Trackback | Comments(0)

白い王妃と徒然なるままに

e0184598_19394856.jpg

早くも新米、いただきましたー!

2年ぶりに「ミルキークィーン」という高級米の、しかも新米を。

男子中学生並みに、おかわり連発。

このミルキークィーンというお米は、むちっとした粘り気があって、つややか。

冷めても美味しいらしいです。


ところで。
炊きたてごはんをたくさん食べられる一品って、なんでしょうね。

わたしは、梅干し、海苔の佃煮、鯖の味噌煮ってとこでしょうか。


どうしよう、食欲の秋がすぐそこまでやってきてます。

ばっちこーい!食の秋!


さて、秋を目前として、日々の生活にフォーカスしすぎて、なかなか先の計画や行きたい場所、やりたいことなどが、ぽやんとした状態の最近です。

今日のヨーガのプラクティスは何しようかな。

ごはん、何作ろうかな。

ハルモニゥムでこの曲久々に唄ってみよう。

今日は何を断捨離しようかな。

どこを掃除しようかな。

と、たいしたことではないのですけれど、そんなことをその日その日思っていたら、2ヶ月先のことが、半年先のことのように思えてくるほど、、、

わたしのようなライフワークをしている人種にとってはある程度、集客あってのお仕事ゆえ、前もって告知や情報提供が大事なわけでして。

あはは

なんて、呑気に笑っている場合じゃないのでしょうけど。

我ながら丁寧に暮らしてはいるけれど、それなりに待ってくれている人もいるわけで。

だけど、今はもう時代が変化している最中。

計画していても、急速な流れが世の中、というか宇宙をとりまいているので、変化球が起こりうるのです。

だからこそ、それぞれの人たちのインスピレーションやアンテナがピピっと働いたら、集まってきてくれるのだろうと思います。

で、タイミングが合わない、波動が合わないときは、集まらないですしね。

秋はどこでもたくさんのイベントが目白押し。

インスピレーション大切に、みなさんもわくわくする選択、行き先をつかんでくださいねー

というわけで。

9月から10月にかけてのイベントのお知らせ、そろそろアップしますので、ピピピッとどこかで鳴ったら、日本のどこかで会いましょう。





[PR]
by miyuki_om | 2016-08-25 20:40 | eat!! | Trackback | Comments(0)

続: 毎日のおやつ 夏編

e0184598_17331974.jpg

暑い〜 幸せ〜

残暑お見舞い申し上げます。

一ヶ月もしたら、この暑さもないのかと思うと、すでに今からしんみりしちゃうのですけど、、、

夏はとぅるんとした舌触りの葛ゼリーなんてものをおやつに作っていますが、今日紹介する甘酒シャーベットもおすすめ。

朝のうちに準備しておくと、午後の暑いときに美味しく食べられます。

『 甘酒シャーベット 』

〜 材料 〜

・甘酒
・豆乳
・きなこ、黒すりごま、抹茶パウダーなど
・クコの実などのドライフルーツ(お好みで)

〜 作り方 〜

① カップに、甘酒と豆乳を同量をいれる

②きなこなどお好みのパウダー状のものを小匙1程度、クコの実数粒いれる

③ 全体をよーく混ぜて、冷凍庫に4時間以上冷やして、できあがりぃ〜


完全にカチコチにはならず、フラペチーノ風のやわらかさです。

甘味料を加えなくても、甘酒のあまさで充分満足!









[PR]
by miyuki_om | 2016-08-22 16:49 | eat!! | Trackback | Comments(0)

夏に舞う

e0184598_1124315.jpg

久々に本場で見て、踊りました。

阿波の国の阿波踊り。


「ヤットサー」

と誰かが掛け声すると、まわりの人は

「ア、ヤットヤットー」

と必ず返してくれる。


あの軽快な二拍子のリズムが、勝手に身体を揺らして、いつの間にか踊りの輪の中に入ってしまう阿波踊りマジック。

桟敷席で、眺めるのも良いけれど、街のあちこちで「連」と呼ばれるグループが流しで踊っているときに、混じって浮かれて踊るほうが格段に楽しめますなぁ。

e0184598_11412155.jpg

盆踊りの脱力系の、でれんとした感じとはまた違って、阿波踊りは汗びっしょりになりながらも、自然と陽気になって踊ることが、醍醐味。

多少壊れるぐらいで、ちょうどいい具合です。


「同じ阿呆なら、踊らにゃそんそん」

いい言葉です。
[PR]
by miyuki_om | 2016-08-16 11:16 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

鎌倉でヨーガ×キールタン

e0184598_10191781.jpg

関東に足を運ぶのは、オリンピック3回分ぐらいぶり。

関東からキールタンを歌うためにいつも駆けつけてきてくれている石ちゃんがオーガナイズをしてくれて、古都鎌倉のすてきな古民家でヨーガとキールタンをさせていただくことになりました。

と、開催するはいいけれど、関東方面の知人は限りなくゼロに等しく、集まってくれるのかどうかわからないのだけど、、、

こうして新しい土地でキールタンを唄える機会があることだけを思うと、わくわくで仕方ないので、宇宙からはGOサインが出てるという意味なんでしょうね。

海辺近く

てくてく散歩

幸せのカケラがありそうな鎌倉

旅行気分でぜひぜひいらしてくださいな。



『 ととのえるヨーガ×うたうヨーガ 』
~鎌倉の古民家で過ごす初秋の一日~

秋めく空と虫の音たち

そして風に、かろやかさが増しはじめる初秋の頃・・・

古都の風情を今も色濃く残す鎌倉の古民家で、ヨーガとともにうららかな時間を。



【ととのえるヨーガ】

畳のうえでごろんと横になるだけで、わたし達日本人は、落ち着きを取り戻していくことができます。

小さな力みも見逃さすに、ぜんぶぜんぶ手放してゆく方法を身体で体現してみます。


「緊張」と「弛緩」を繰り返していくこと。

そうすることで、プラーナ(気のエネルギー)が整いはじめてゆくのです。


そして五感を使いながら、感じていくこと。

呼吸の音に耳をすまし、空気に触れている感覚、目に映る樹木たち、風にのってやってくる香りや味。

自分とまわり、そして季節に調和したヨーガをじっくりと味わいましょう。


最後はほんの少し瞑想タイムをもうけます。


【うたうヨーガ】

唄うヨーガ、音の瞑想ともいわれるキールタン。

コール&レスポンス形式によって神秘の言葉・サンスクリット語をメロディにのせて唄っていきます。


私たちの内側と外側に絶えず流れている音。

その音が生みだすバイブレーションによって、内と外の世界 を繋いでくれるキールタンの世界。

それはまるで私たちを囲む、天と地のような関係性のようなもの。

自分自身の声が、その天と地の柱となり繋いでいく役割となるのです。

また声と音の波動によって、わたし達の内なる輝きに触れると同時に、自身の浄化にもつながります。

ヨーガで身体と呼吸を整えたあとのキールタンは、ゆるまったハートへ音の波動がダイレクトに響きわたります。


特別なテクニックは何も必要ありません。

初めての方、自分の声や歌うことに自信がない方でも気軽にご参加いただけます。

あるがまま、本当の自分の姿と声へ、キールタンによって導きます。



【プラーナランチ by Aya】

〜天然酵母パンと新鮮野菜の愉快なベジプレート〜

天然酵母で作る体にもやさしいもちもちパン。
新鮮な野菜や、秋の食材を使った色鮮やかなおかずたち。ほこほこあったかいスープなどなど…

こころもからだもよろこぶプラーナランチをお届けします!

◯1日のお供に…洋間スペースにて。

・ランチを担当してくれるAyaさん手作りの焼き菓子やおやつの販売

・nina(ニーナ)さんによる、自然のエレメントをイメージしたポストカードの販売

【プロフィール】
nina(ニーナ) 西麻里奈(Nishi Marina)

自身の身体の不調、心のバランスをヨガを通して改善したことをきっかけに、凝り固まっている部分を解放し、ココロと身体にスムーズにエネルギーが巡り、生きやすくなることを目指したヨガの学びをシェアしている。

一人ひとりのお悩みに合わせたレッスンを開催しながら、イラストレーターとしても活動中。



こちらも合わせてお楽しみください。


みなさまの参加をお待ちしております!

e0184598_12104162.jpg


e0184598_12104212.jpg


e0184598_12104297.jpg


e0184598_12104356.jpg


e0184598_12104329.jpg


e0184598_12104362.jpg



【日程】

2016年9月22日(祝木)

【場所】

鎌倉 古民家スタジオ・イシワタリ
神奈川県鎌倉市長谷1-1-6
江ノ電由比ヶ浜駅から徒歩約3分
JR鎌倉駅より徒歩15分

【スケジュール】

10:30 OPEN

11:00ー13:00 ヨーガクラス

13:00-14:30 プラーナランチ

14:30-16:00 キールタン


【参加費】

A)ヨーガ+ランチ+キールタン ¥7,000

B)ランチ+キールタン ¥4,500

・当日お釣りのないようご協力ください。


【持ち物】

・ヨーガクラスご参加の方・・・ヨガマット、またはバスタオルでも可、お着替え、お飲み物

・キールタンご参加の方・・・お持ちの方は音の出る打楽器、座りやすい服装でお越しください。

(別室に更衣スペースを設けています)


【ご予約・お問い合わせ先】

polomaki@hotmail.co.jp
(いしづか まきこさん宛)

※お名前、連絡先番号、AプランかBプランか明記のうえ、メールにてご予約ください。
e0184598_12104489.jpg


[PR]
by miyuki_om | 2016-08-10 10:40 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

魂は永遠にいきる

e0184598_15360094.jpg

覚悟はきめていた身内の死。

もうその固くなった肉体に、魂は宿っていないとわかっているつもりでも、語りかけずにはいられませんでした。


零れ落ちる言葉は、

「ありがとう」

しかなく、

「ありがとう」って、この世界にある言葉の中で最高峰の言葉であり、それ以上表現できる言葉は他にないと思うのです。

そして、最後の最後、火葬の際に口から出た言葉は

「いってらっしゃい」

と。


光にあふれた精神世界の入口に向かったことへの言葉として。

そして、ふたたび地球上での新たな契約を結び、戻ってくるまでの旅路がよいものでありますようにと。




[PR]
by miyuki_om | 2016-08-01 17:39 | あんなこと | Trackback | Comments(0)