ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

<   2016年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

11月のスケジュール

e0184598_1405784.jpg

天然のアロマ。

ヨガルームの窓を開けると、金木犀の香りが漂って、どこか麗しい気持ちにさせてくれます。

大阪や京都の都会で住んでいた頃、街を歩く人たちのスピードの速さに、びっくりしつつも、ヨーガに出逢う前のわたしも、そのうちのひとりでした。

加えて、話すスピードも速かったみたいです。

当時は「金木犀」って存在は知っていたけど、いつ頃花を咲かせるのか、この香りが金木犀か、なんて知ることもなく生きていたように思います。

都会はストレスフルで、なにかと調子悪いと、「ストレスだ、ストレスだ」と言い聞かせたり、言われたり...

だけど、香川の田舎に戻ってきてからも、田舎(というと、失礼ですが)の人たちだって、それなりにストレスを抱えていること、この地でヨガを伝えてから、気づきました。

ヨーガに出逢えたことで、大爆発する前に救われることって、大いにあると思います。

ストレスでも何でも、「発散する」という時代はもう終わり。

根元をみつけて、許し受け入れ、そーっと手放す。

わたしもまだまだ根元探しがうまくできない時、あります。あります。

さ。過ごしやすくなったこの季節に、ヨーガで心を風通しの良い状態へと導いてあげましょうね。

yoga houseのクラス前では「こころのヨーガ」という本の中から、一説ずつみなさんにシェアしています。

ぜひ目を閉じて、言葉を染み込ませていうように、耳を傾けて聞いてみてくださいね。

では、11月のyoga houseのスケジュールです。
(週末の休講が多くなり、申し訳ありません! )

++++++++++++++++++++++++++++

11/3,5,6,関西出張のため休講
11/10(木)10:00~
11/12(土)10:00~休講
11/13(日)10:00~
11/17(木)10:00~
11/18(土)10:00~リトリートのため休講
11/19(日)10:00~リトリートのため休講
11/24(木)10:00~
11/26(土)10:00~
11/27(日)10:00~

※クラスを受講するにあたっての詳細はこちらをご確認ください。

※ご予約・お問い合わせ先
lakshmiyuki77アットマークyahoo.co.jp
(メールが戻ってきたり、迷惑メールに振り分けられるのを防ぐため、このアドレスからのメールを受信可能設定にしていただきますようお願いします。)

※ご予約は前日までとなります。



[PR]
by miyuki_om | 2016-10-25 13:59 | 最新スケジュール(yoga house) | Trackback | Comments(0)

Blanket for Autumn & Winter

e0184598_17465484.jpg

ヨーガクラス用のあったかブランケット、届きました!

※一度使ってみたのですが、ちゃっとゴワゴワし過ぎているので、新しいものを別で買い直しました!あしからず!

個人的にもオススメのこのブランケット。

広げると、すっぽり身体を包んでくれる充分な大きさと程よい重みがあるから、シャヴァーサナでほんとに沈んでいくような感覚になります。

ウールだし、今まで色んなヨガスタジオでブランケット試してみたけど、やっぱりこれが一番です。

(カリフォルニアのシヴァナンダアシュラムでは、これを使っていて、その時から既に虜になっていたのですけどね。)

ヨーガで使うブランケットって、寒さ対策だけの用途じゃなく、アーサナ中にも出番があるから、わたしはブロックやベルトなどのプロップを使ってのアーサナ補助はあまり好きじゃないのだけど、唯一ブランケットは受け入れています。苦笑

ショルダースタンドのとき、首が弱い方には肩の下に敷いてポーズを行うと、首への負担が軽減されたり。

前屈苦手な方も、お尻にブランケット敷くと、骨盤が立ちやすくなったり。

というわけで、何かと出番があるのです。

今までは、みなさんにブランケット持参してもらってたので、少しでも身軽に来てもらえると思うと、ほっとしています。

寒くなっても快適にヨーガができる環境を少しずつ整え中。

冬の晴れた日のクラスでは、最後日向ぼっこしながらリラクゼーションできるから、それも楽しみなんだよね〜
(わたしもみんなと横になって寝転がっているという...)

もともと寒いのが大の大の苦手だから、こうして寒さからすてきに守れるアイテムは、優先順位が高いんだよな。

そんなyoga house Leelaでお待ちしてまーす。








[PR]
by miyuki_om | 2016-10-21 17:56 | lessonでおもうこと | Trackback | Comments(4)

昼顔と夜顔

e0184598_13035848.jpg

ある日の昼顔。
ヨーガを鳥取のみなさんにお伝えしてきました。

離れていても、会いたい人に会える、私のライフワークが自分でも好きです。

完全にノマドな生活はできないけれど、移動は苦ではありません。

今回の鳥取遠征でも、オーガナイザーのマイマイのおかげで鳥取の中を東から西へ、南から北へ、ワープワープ。

住んでいる香川と同じぐらい、鳥取にも知り合いが多くできて、お互い、久しぶり〜!と声を掛け合うほどです。

朝一で、七輪を使って焙煎したカカオ豆を一粒食べたおかげで、マイムーンデーと重なったヨーガのワークショップも、丁寧に言葉を重ねることができました。

そしてその日の夜顔は唄って食べる大人の集いを開催。

Naoさんが大切に営むアトリエda-na さん。

飾っているもの、置かれているもの、すべてが美しくて、うまく足し算と引き算が空間の中で演出されています。

e0184598_13035908.jpg


e0184598_13035954.jpg

このステキな空間に、素朴なハルモニゥムの音色と、みんなの声がうまく調和していました。

そして、ちょうど終わる頃に、みきちゃん作るヴィーガンディッシュコース!

みきちゃんが最も得意とする創作料理たちを今回いただきました。

e0184598_13040083.jpg

マイルドな水キムチ。

e0184598_13040199.jpg

グルテンフリーのキッシュ

e0184598_14510515.jpg

野菜と豆のミルフィーユ。
柿と葉野菜のジュレソースで。

e0184598_13040250.jpg

そして感動したのが、このお品書き。
水彩画を趣味で描いているみきちゃん。

この日はキールタンで、のどを使うから、のどのチャクラカラーの青をメインに描いてみたよ、というなんとも嬉しい心遣い。

料理を作る以外にも、こういうお品書きから、テーブルに季節の花やキャンドルを飾ってくれたりと、みきちゃんの人柄そのものが、お料理の味にちゃんと映し出されていました。


『 鳥取 』


訪れたことがないときは、何があるの?
と思っていたのだけど(鳥取のみなさん、ごめんなさい、、、)
そこに住む人たち、そして感性が素晴らしい人たちがたくさん。

移住される方が多いというのも、納得。

今年2回目の鳥取なのに、いまだ鳥取砂丘に行っていないという、むしろ行かなくてもいいか、と思うほどたくさんの魅力が詰まっている鳥取。

来年は、大山にあるグランピングに滞在しようと企んでます。

楽しいことだけチョイスして、生きてきてよかった〜
(20代半ばに、私にとって仕事とプライベートのピーク、身体の疲労を経験し終えたからこそです、、、)

これからも、それは変わらず移動を楽しみながら生きていこう。

宇宙の流れは加速してます。

その流れにのると、宇宙は味方してくれる。

迷っている時間はありません。

何もバタバタ忙しくするというわけではなく、判断から行動を早くするということ。

じーっとあたためているぐらいなら、動いた方が、景色が変わる。

まわりの人をみていると、そう感じるのです。

イベントやワークショップ、リトリート、何度もしているけど、私の場合、同じ場所で同じワークは、ほぼやりません。

それは、そのときに、必要なタイミングで宇宙から掲示されたものだから。

来年のことは、何も決まってなくて、すっからかんだけど、全く怖くもありません。笑

でも、鳥取にはまた行くよ!



[PR]
by miyuki_om | 2016-10-12 16:21 | eventれぽーと | Trackback | Comments(0)

森と唄い合う

e0184598_11450541.jpg

森の中で声を出すこと

自分の中でやりたかったことのひとつ。

知り合いのチャネラーさんに

「あなたは山とか、緑とかの自然と繋がるのは早いのよね」

と言われたことがあって。(だけど、逆に海と繋がり合えるのが遅いとも言われました。苦笑)

今回、鳥取にある芦津の森に足を踏み入れたとき、なんとも言えない安心感に包まれました。

この芦津の森というのは、森林浴セラピー認定の森。
全国のセラピーガイドさんが、この森は日本で一番だと豪語されているという、実は森の中の森!


当日。
もう言われなくても、この日も雨模様。

だけど、雨の日だからこそ出会える、木々たちの営みを見つけることができたり。

近くを流れる渓流の音が森全体に響き渡っていたり。

e0184598_11450666.jpg

これは「樹環流」といわれていている、水の模様。

自分の木の根元に、自ら雨水を流して潤わしています。

e0184598_11450785.jpg

よく見ると、小さな花が咲いている苔たち。

e0184598_11450899.jpg

枯れ木に、生えていた新しい若木たち。

つねに森は 循環 している

木々同士、お互いコミュニケーションをとりながら、この森を守ろうとしています。

今年5月の鳥取遠征のときに、知り合いになった森林浴セラピーガイドのいずみさんのガイドを受けながら、森の生態について改めて知ることがたくさん。

e0184598_11450846.jpg


そして、自分の中で音を響かせたあと、まわりの木々に向かって声を放つヴォイスワーク。

それまで雨で隠れていた鳥たちが、急に鳴き始めたもんだから、おもしろかったー。

仲間に入りたかったのかな。

なんとかわいい鳥たちなんでしょう〜

ずーっとずっと声を使って木々たちと戯れていたかった...

ちょっとした未来のビジョンも、森と唄い合ったことで見えてきました。


雨降りのおかげで、途中で引き返してきたので、また来年この森に訪れたいと心に決め、森と一旦お別れ。

またね。
e0184598_12132092.jpg


e0184598_12132135.jpg


e0184598_12132213.jpg


e0184598_12132356.jpg






[PR]
by miyuki_om | 2016-10-11 13:07 | eventれぽーと | Trackback | Comments(0)

世界は狭く広い

e0184598_08302723.jpg

このわたしには珍しく、高松市内で開かれている写真の個展に行ってきました。

その個展のことを知った先というのが、先月訪れた鎌倉にある、とあるカフェでした。

まさか、700㌔も離れているカフェで、しかもひょっこり行ってみたところで、地元の情報を知るとは...笑

興味ある、ないに関わらず、こういうちょっとした交差点って、おもしろそうだから、とにかく行ってみようと思いました。


トップの写真(お借りしてます)は、個展のフライヤーに載っていたもので、雨滲む窓辺からの風景がなんとも麗しいなぁと、その写真に惹かれてフライヤーを手にしたのがきっかけです。

雨の写真で美しい!と思ったのは初めてかも。

しかもその写真は、ひょっこり入ったそのカフェの中から撮ったそうで、それを聞いて小さく興奮してしまいました。

そのカフェに行ったときも雨。

そして、その個展に行ったときも雨。

もう、気持ちのよいほど、わたしが動くたびに雨!笑


写真家のフルタヨウスケさんにも直接話ができて、足を運ぶ経緯を伝えると、もちろん本人もびっくりされてました。

でもね、やっぱりなんにせよ、どこか遠いところでは繋がっていたようで。

高松に住む共通の知り合いがいたり、
わたしが前にもログした、大好きな「寧日」さんのロゴをデザインされていたり(ウェブデザイナーでもあるらしいです)

個展の中の写真には香川で撮ったという写真も数点あります。

個展のタイトルのとおり、すこし「重め」の作品が多いのですが、そのなかでも自分の感性にどんぴしゃのものに出会えるかもです。

香川に住む方、よかったら行ってみてくださいね。

詳細載せておきます!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『 半径2mの断絶 』

移動するアートディレクター・写真家のフルタヨウスケ、初の個展。
フルタがここ数年の間、各地を周り撮りためた写真を多数展示します。
誰にも振り向かれることなく、忘れられた日常の片隅にスポットを当てることで、私たちのすぐ隣りにある、断絶=死を浮き彫りにします。

期間:2016年10月1日〜31日

場所:Kinco. hostel+cafe 2F The Space
香川県高松市花園町1-6-6
TEL:087-887-0747
E-MAIL:info@kinco.jp

時間:10:00〜日没







[PR]
by miyuki_om | 2016-10-08 09:04 | Kagawaのにちじょう | Trackback | Comments(0)

歌う*食べる*祈るじかん@ILcielo

e0184598_12223292.jpg

10月末から11月上旬まで、また関西にまいります!

秋は各方面で、イベント目白押しですね。

最近のワークショップやイベントでは「食」とコラボする機会がおおくて、わたしが食べることも一緒に、楽しみたいだけっていう、ただの食いしん坊。笑

今回は、材料に拘りぬいた、天然酵母のパンを作ってらっしゃるILcieloさんのご協力により、実現しました。

といっても、まだILcieloさんのパンは口にしたことなく、3年ほど前に友人からIlcieloさんのヴィーガンクラッカーをいただき、食べた瞬間からクラッカーファンになったわたし。

素材の組み合わせがおもしろく、例えばみかんピール+カルダモン、野菜+黒オリーブ、みたいな感じで、その季節によって組み合わせも変わるみたい。

ガリっガリっと音がするクラッカーは塩味がきいていて、ほんと美味しいのです。

あ、だめだ。

食の宣伝ばっかりだね。笑


イベントでは、京都在住で同じくハルモニゥムを使ってキールタンを広めている、ひとみさんがショートタイムでできるヨガと呼吸法をリードしてくれます。

そのままキールタンへと続き、最後はほんのりとショート瞑想。

そしてILcieloのsumieさんが作るベジランチをいただきます。
e0184598_1141260.jpg


そういえば、この前ヨガのクラスのリードが終わって気がついたことがあって。

リードをする前とした後、キールタンを唄う前と後、お白湯の味が明らかに違うこと。

「えっ!!」

って口にだしてしまうほど、甘かったのです。

お白湯自体は何も変わらないから、自然と自分の味覚が研ぎ澄まされていたということ。

だから、今回のイベントみたいに、ヨガやキールタンのあとの食事は、いつになく美味しさが増しているはず。

そんな繊細の味覚だからこそ、逆に誤魔化された料理はすぐにわかっちゃうのですね~。

そういう意味でもILcieloさんのお料理は間違いないってことです!

平日ですが、ご縁ある方、ぜひぜひいらしてくださいね。


『歌う*食べる*祈るじかん@ILcielo』

◆日程 2016年10月27日(木)

◆場所
 ILcielo
京都市伏見区向島中島町30
京阪宇治線・観月橋駅から徒歩10分
近鉄京都線・向島駅から徒歩15分

◆内容

10:00-10:30 プチヨガ+呼吸法(hitomi)

10:30-12:00 キールタン+瞑想(miyuki)

12:00-14:00 lLcieloランチ(sumie)

◆料金

5000縁

◆ご予約

lakshmiyuki77アットマークyahoo.co.jp
(miyukiまで)
[PR]
by miyuki_om | 2016-10-03 12:55 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)