ブログトップ

Om to Om

miyuki77.exblog.jp

<   2017年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

4月のスケジュール

e0184598_17583693.jpg



さぁ! 春です。

肩甲骨に羽が生えているとイメージして、寒さで縮こまっていた背中や胸を広げて深呼吸しましょう。

花粉症でツラい鼻も、ヨーガが終わる頃には、スムーズに呼吸ができていることに、小さな感動を感じるかもしれません。

薬になるべく頼らず、自分が持っている自己治癒力を高めていくこと。

でも、ほんとにツラいときは、医学の力に頼ったっていいと思います!

要するにバランスですね。

等身大の自分を知ってあげること。

自分を整えるための時間として、ヨーガが気づかせてくれることがたくさん。

わたしはいろいろと自分で実験しながら、自分に必要なもの、やりかたを足したり引いたりしてます。

セミプライベートクラスだからこそできること。

ヨーガ以外に、日常生活の過ごし方、食生活、まわりとの関係性など、いろんな角度からサポートさせていただきます。


それでは4月のyoga house Leelaのスケジュールです。

+++++++++++++++++++++++++++++++

4/1(土)~9(日) 関西出張のため休講
4/13(木)10:00~
4/15(土)10:00~
4/16(日)10:00~
4/20(木)10:00~
4/22(土)10:00~
14:00~祈りと唄~マントラ&キールタン講座①~
15:30~キールタン会
4/23(日)10:00~
14:00~祈りと唄~マントラ&キールタン講座②~
15:30~キールタン会
4/27(木)10:00~
4/29(土)10:00~
4/30(日)10:00~


【4/22,23 祈りと唄2days~マントラ&キールタン~について】

ヨーガを実践するにあたり、マントラは切っても切り離せないもの。
わたしの経験から、マントラを唱えることは、多くの恩恵が降り注いでくる言葉の魔法のような感じ。

2日間にかけて、マントラについての種類や意味、そして唱える練習をじっくり行います。
そして「歌うヨガ」といわれ、関西や関東ではすでに多くの方が実践しているキールタンについてのお話もシェアします。
単発受講も可能です。

詳しくはこちら




※レギュラークラスを受講するにあたっての詳細はこちらをご確認ください。

※ご予約・お問い合わせ先
lakshmiyuki77アットマークyahoo.co.jp
(メールが戻ってきたり、迷惑メールに振り分けられるのを防ぐため、このアドレスからのメールを受信可能設定にしていただきますようお願いします。)

※ご予約は前日までとなります。


+++++++++++++++++++++++++++++++

〈4月以降の県内外スケジュール〉

4/7(金)〜9(日) 滋賀・蓬莱
春の蓬莱山リトリート
※詳しくはこちら

4/14(金)・5/26(金) 香川・三豊 @暮らしの森BOUTON
朝と夜のヨーガ
※詳しくはこちら

4/18(火) 香川・高松 @Kula yoga
シヴァナンダヨーガ・ビギナー
※詳しくはこちら
[PR]
by miyuki_om | 2017-03-25 17:58 | 最新スケジュール(yoga house) | Trackback | Comments(0)

祈りと唄の2days~マントラ&キールタンWS~

e0184598_1762544.jpg
香川県内でリクエストがありましたので、がっつりと音ヨガワークショップします!

土日開催なので、県外からのお越しも大歓迎!

声という唯一無二の楽器を使っていくことの、大切さをシェアできたらと思います。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【祈りと唄の2days ~マントラ&キールタンWS~】

音が織り成す世界に浸る2日間。

音の旅へともに出かけましょう。


マントラとは、日本語に置き換えると「真言」

つまり聖なる祈りの言葉。

サンスクリット語を用いて唱えることにより、心の静寂が深まり、わたし達の元々備わっている優しさや慈悲の心が花開くことができるのです。


そしてキールタン。

キールタンとは、メロディにのせたマントラを繰り返し唄っていく、インド古来から伝わる「唄うヨガ」とも言われています。

自分の声と、そして音に宿るエネルギーをあわせると、浄化と癒しの効果が存分に味わうことができます。

ワークショップ前半は、座学となります。

マントラの種類や意味を知り、実際に唱えてみる練習を行います。

後半は、キールタンを唄っての実践編です。

初めての方、そしてヨガの経験を問わず、誰でも参加可能です。

音の世界に興味がある方。

身体を痛めていて、ヨガクラスには参加できない方。

唄うことが好きな方はもちろんのこと、唄うことが苦手な方。

自分の声に自信がない方にもおすすめです。



◇日 時: 2017年4月22日(土)、23日(日)
      
      両日共に14:00~17:00
      14:00~マントラ&キールタン講座
      15:30~キールタン実践
      17:00 終了

◇場 所: yoga house Leela
高松市鬼無町
      JR予讃線・鬼無駅より徒歩8分
      (ご予約いただいた方に詳細お伝えします。)
     

◇参加費: 両日すべて参加 9,000円
      1日のみ参加   5,000円
      キールタンのみ  2,000円 / 1回
               3,500円 / 両日

◇持ち物など: 筆記用具(前半の座学を受ける方のみ)
        ゆったり座りやすい服装でお越しください。


◇ご予約・お問い合わせ
lakshmiyuki77アットマークyahoo.co.jp
(miyukiまで)
[PR]
by miyuki_om | 2017-03-20 16:19 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

calm and smooth

e0184598_11442137.jpg

耳をそばだてないと、波の音が聴こえないほど静かな瀬戸内の海辺。

まるで湖のよう。


西へ西へ車を走らせ、月に1度の暮らしの森BOUTONさんでのヨガクラス。

そのクラス前の楽しみというのが、海におちていく夕陽を見にいくこと。

この日は、風もなく、晴天だったこともあり、絶好の夕陽日和。

少しずつ陽も長くなってきたから、赤く染まる夕陽を見る前にクラスに行かなくちゃいけなくなったのが、残念ではあるけれど。

それでも惹きつけられるこの景色に、惚れ惚れとします。

何も特別なことをしなくても、このなめらかな波を眺めているだけで、遠くから静けさがやってくるかのよう。

とはいえ、こういう場所に来ると、無性に唄いたくなっちゃうんだよね。

カウアイ島でよく唄っていたE ho maiを。

E ho maiって、不思議だけど室内で響かせるよりも、外で響かせたほうが、格段に心地よい。

一ヶ月前に訪れた、カウアイ島をこの瀬戸内の海で、思い出させてくれました。

繋がっている。

あなたは、わたしの中に居ます。



次来るときは、ウクレレ持ってこよう!

そうしよう!


+++++++++++++++++++++++++++++++

〈3月以降のスケジュール〉

3/21(火) 4/18(火)香川・高松 @Kula yoga
シヴァナンダヨーガ・ビギナー
※詳しくはこちら

4/7(金)〜9(日) 滋賀・蓬莱
春の蓬莱山リトリート
※詳しくはこちら

4/14(金) 5/26(金)香川・三豊 @暮らしの森BOUTON
朝と夜のヨーガ
※詳しくはこちら

3月の香川・高松 @yoga house Leela
自宅セミプライベート・ヨーガクラス
※詳しくはこちら

4/22(土)、23(日) 香川・高松 @yoga house Leela
祈りと唄の2days~マントラ&キールタンWS~







[PR]
by miyuki_om | 2017-03-19 12:15 | Kagawaのにちじょう | Trackback | Comments(0)

救世主

e0184598_18202521.jpg

相棒のハルモニゥム。

ご存知の方も多いと思うけど。
約8㌔弱ある巨大を、肩掛けのケースで持ち歩きをしていました。

首筋から肩がちぎれそうになりながら、身体傾けて、よっこらしょ。よっこらしょ。

で、わたしの肩よりも先に紐がちぎれかかっていて、毎度毎度はらはらしながらの移動でした。


前にウクレレの先生が、工具セット用のバックに、アンプやマイクコードやらを入れて持ち運びしている事を教えてくれたので、何気に最初は「工具セットバック」でネット検索していて、辿りついたのが、、、

「バックパックハーネス」というもの。

小さなスーツケースを背負う用らしく、まさにハルモニゥムにぴったりやーん!

結構強気の値段だったけど、ハルモニゥムのことを考えると、紐が切れてからでは手遅れだし、わたしの身体のこともあるから、お金には変えられないよね、と即決クリック◯

いざ、装着したらサイズぴったり!

心の中でひっかかっていたのが、ひとつ解決して、はー!すーっきり!

しかし、ずっしりと重みは足腰にかかって、鍛えられそうだ、、、。


+++++++++++++++++++++++++++++++

〈3月以降のスケジュール〉

3/17(金) 4/14(金) 香川・三豊 @暮らしの森BOUTON
朝と夜のヨーガ
※詳しくはこちら

3/21(火) 香川・高松 @Kula yoga
シヴァナンダヨーガ・ビギナー
※詳しくはこちら

4/7(金)〜9(日) 滋賀・蓬莱
春の蓬莱山リトリート
※詳しくはこちら

3月の香川・高松 @yoga house Leela
自宅セミプライベート・ヨーガクラス
※詳しくはこちら

4/22(土)、23(日) 香川・高松 @yoga house Leela
マントラ&キールタンWS


[PR]
by miyuki_om | 2017-03-13 18:10 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

春の蓬莱山リトリート

e0184598_11150896.jpg

『 春の蓬莱山リトリート 』

昨年大好評頂いた『蓬莱山リトリート』が、季節を春へと運び、第二回が開催される運びとなりました。

今はまだ雪積もる蓬莱山が春に瑞々しく、桜咲き山菜達が顔を出して皆様をお待ちしていることでしょう。

Tamaki Erika miyuki がお届けする、ほんわかゆるゆるリトリート。

ヨガあり。
キールタンあり。
ダンスあり。
登山あり。
まだまだいろいろ練りながら…

皆様のご参加をお待ちしております!


◇スケジュール

4/7(fri) 16:00 蓬莱駅集合
17:00 祈りの踊りと唄 Erika & miyuki
19:00 夕食

8(sat) 8:00 朝食
10:00 yoga
12:00 昼食
14:00 ダンスワーク
17:00 キールタン
19:00 夕食

9(sun) 8:00 朝食
10:00 yoga
12:00 ランチを持って蓬莱山へ
17:00 蓬莱駅にて解散

◇会場 滋賀県大津市JR蓬莱駅近くの一軒家

◇定員 宿泊 6名 (キャンプ可能)
キールタン 15名
Yoga 8名
ダンスワーク8名

◇料金 通し (全て込み) 26,000円
宿泊一泊 5,000円(温泉代込み)
ワークショップ1クラス 2,300円
朝食 /昼食 1,000円 夕食 1,500円

※今回も、1日のみのご参加や単発でのご参加が可能です。
(通し料金は割引されております)

※持ち物などの詳細は追ってまたご連絡致します。

※少人数での開催となりますので、ご予約はお早めをお勧め致します。

◇ご予約/ お問い合わせ
apsarasmoon@gmail.com (erikaさん迄)




[PR]
by miyuki_om | 2017-03-10 11:07 | retreatのこと | Trackback | Comments(0)

もずもずします

e0184598_17281257.jpg

ここ数日、なんだか「もずもず」しています。

静から動へと芽吹く、この時期特有のものなのかな。

そう感じる人いません?


この一年で音や楽器関係に携わる人、始める人が増えてきたなぁと思っていて。

そういう人たちの活動をみていると、キラキラとした何かを発しているようにも思えるし、それが、時にヨーガをやっている人たちよりも強く感じることもあるのです。

やっぱり世界のどこの地域でも、ルーツや歴史を辿ると、そこには歌や音楽、踊り(舞)にいきつきます。

テクノロジーが進む一方で、だんだんと太古の文化へ惹かれる人も増えて、いよいよ二極化してきたな、と。

もずもずします。



ところで。
カウアイ島から戻ってきたのに、まだカウアイ島のことを調べたりしているのだけど...

そうしていたら、もしかしてこれって前世の記憶?という糸口がみえてきたのです。

そうこうしていたら、次の目的(射手座ゆえ、的をすぐに探してしまう性質で、、、)のことにふけっていると。

もずもずしてきた。笑

この先はどうなるかわからないし、どうしたいのかわからないけど、頑張って耐えることが美徳の時代は終わり。

今の世の中どうこうできるものじゃないし、もう気づいている人も多いと思うけど、時代は「解放」そして「循環」へと移っている。

わたしは波風立てずにすーっとまっすぐで、静かな状態が理想なのだけど、魂の成長のためには、穏やかな日々に浸りきっていてはそれで終わってしまう、、、

と、なんとなくここ数日の思うところ。

まわりの人たちの中で起こっていることと、自分の中で起きたことがシンクロしていたり。

まだまだ小さいレベルだけど、自分がこれこれ!って思っている事や、物がシンクロすることが、わたしは啓示だと思ってます。



今はカリフォルニアにある聖山・シャスタ山を訪れることをイメージしています。

シャスタ山は聖なる水が湧き出るところで、あの「クリスタルガイザー」の天然水を生み出しているといえば、おぉ!となる人も多いかな。

地球の第8チャクラに位置するといわれているらしく、精神・意識レベルでの変容が多く起こる場所。


もうカウアイ島で、右側通行での運転にも慣れたことだし、車の運転もクリア!

なんかわからないけど、もずもずした人、もずもずしたい人、ご一報くださいね〜

便乗者、募集中!

もちろん、カウアイ島プライベートリトリートも計画中です◯

+++++++++++++++++++++++++++++++

〈3月以降のスケジュール〉

3/12(日) 京都 @トコ会館
Holy Holi Full moon Kirtan
※詳しくはこちら

3/17(金) 4/14(金) 香川・三豊 @暮らしの森BOUTON
朝と夜のヨーガ
※詳しくはこちら

3/21(火) 香川・高松 @Kula yoga
シヴァナンダヨーガ・ビギナー
※詳しくはこちら

4/7(金)〜9(日) 滋賀・蓬莱
春の蓬莱山リトリート
※詳しくはこちら

3月の香川・高松 @yoga house Leela
自宅セミプライベート・ヨーガクラス
※詳しくはこちら

4/22(土)、23(日) 香川・高松 @yoga house Leela
マントラ&キールタンWS



















[PR]
by miyuki_om | 2017-03-07 11:42 | あんなこと | Trackback | Comments(0)

Holy Holi Full Moon Kirtan

e0184598_13194038.jpg


7年前は南インドで、このホーリー祭を体験しました。

カラフルな粉をみんなでぶつけ合うっていう。笑

スピーカーから爆音で流れる甲高い声のインドミュージック。

踊りながら、笑いながら、すれ違う人たちに色つけあう。

そして最後はいったい何色なんだかわからなくなった身体ごと、近くの湖にドボン!
(ちなみにワニが生息する湖にね。苦笑)

というわけで、日本ではそんな派手なことはできないのですが、楽しく踊りながらキールタンをこの日に歌いましょう!

今回はリードのgumiくんとツインボーカルだったり、いろんな楽器奏者の方たちと組んで、豪華ミックス版でやります。

みんな京都にいらっしゃーい!

(以下内容文は、Heart Gathering*イベントページより抜粋しています)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『Holy Holi Full Moon Kirtan』

春の満月の日。

一年で一番カラフルなお祭り『ホーリー』を迎えます。

あたたかい春の陽気と

満月のわきあがるエネルギーにのせて

まっすぐな想いや願いのすべてを込めて

5,000年前にラーダとクリシュナがそうしたように

心の中をカラフルに満たして この日を歌います。


いつもよりちょっとColorfulな装いで。

i sing.

i pray.

皆さまのHeartを、歌声を、心からお待ちしています。


===Artist===

●Vocal & Harmonium : miyuki
gumi

●Accompany : Tatsu(Percussion/Zinori)
Yusuke(Bass)
Yuya(Tabla)
Chie(Sitar)
gumi(Bansuri)

◇日時 2017年3月12日(日)

   12:30 Open
13:00-14:30 Satsang
15:00-17:00 Kirtan
17:30 Close

◇場所 京都トコ会館
     地下鉄烏丸線 丸田町駅(6番出口より徒歩5分)

◇参加費 Satsang 1,000円
     Kirtan Heart Money(お気持ち)
     ※プラサード(捧げもの)の持ち寄りはWelcomeです。

◇定員 70名(完全予約制)

◇予約方法 ①Heart Gathering*ウェブサイト内のお問い合わせフォームに参加者のお名前と人数をお知らせください。

②メールかお電話にて直接ご連絡ください。
heart.gathering@gmail.com
080-3389-9069
(tikoさん迄)
[PR]
by miyuki_om | 2017-03-04 11:45 | eventのおしらせ | Trackback | Comments(0)

カウアイ島が教えてくれたこと②

e0184598_11030007.jpg

そして旅の中盤で、ふと目に止まった言葉がありました。

「何をするかが大切ではなく、誰とするか、そして自分はどうありたいのか」

いつもひとりの時間を好む傾向があるわたしですが、今回のカウアイ島は友人と3分の1ほど一緒に滞在。

しかも一緒に旅をするのは初めての相手。

だけど、お互い気取ることも、遠慮することもなく過ごし、いつもの自分らしくあることができて、それは友人も同じように感じていたようでした。

ひとりで来ていたら、ここには行かなかっただろうな、という場所に行ってみたら、予想を遥かに超えて、素晴らしかったこと。

たわいもない会話から生まれた笑いが、今思い出しても、笑顔にさせてくれたり。

単純にふたりでいるということは、自分の視野の2倍になるわけだから、発見も倍になるから、おぉー!おぉー!っていつも感動していた気がします。


今年のわたしのテーマのひとつでもある「人と強く関わる」ということ。

今までの私なら、あまり得意ではないテーマなんだけど、どうにもこうにも環境がそういう流れになってきているのは事実。


そして自分が、これは間違いない!というものに出会うと、人に勧めたくなるというお節介な人でもある私。

というわけで、カウアイ島でのプライベートリトリートなるものを開催できるよう、時間を見つけてはにやにやと妄想にふけっています。

カウアイ島はかつてレムリア大陸の中心だったといわれています。

それは地球上に12体ある「アースキーパー(地球の波動と繋がっているクリスタル)」のひとつが
このカウアイ島にあることからもうかがえます。

そう。
わたしが毎日の日課として参加していたヒンドゥー寺院の中にあるクリスタルが、それでした。

そしてシャスタ山と地下で繋がっているという言い伝えもあるほどの太古のエネルギーが宿る場所。

選ばれし人と共に、島のエネルギーに抱かれながら気持ちよく唱え、唄えるときがやって来ますように。

A hui hou !! Kauai.





[PR]
by miyuki_om | 2017-03-03 11:00 | 【2017 Hawaii】 | Trackback | Comments(0)

カウアイ島が教えてくれたこと①

e0184598_05211380.jpg

15日間のカウアイ島滞在を終えて。

今回、この島にいる間、自分への課題みたいなものがあって、それは

『海辺で、自分の胸に響かせるように唄うこと』

いつも外に外に向けて唄っているところを、自分の内側に向けて唄うこと。

いつも室内で響きのよい場所で唄っているところを、音がかき消されやすい外で、しかも波の音のすぐそばで唄うこと。

最終的には、海辺に限らず、どんなところでも唄っていたのだけど(笑)、これが面白いほどに声が出てびっくり。

決して大きい声が出る、っていうわけではなく、「揺るぎない声」が出るって感じ。

ハルモニゥムも持っていってたけど、指づかいの練習をしたぐらいで、ほとんどハルモニゥムなしで、外で唄ってたなぁ。

いつも頼りにしている相棒のハルモニゥムから離れたとき、本当の自分の声が聞こえてくるというか。

誤魔化しもきかないからこそ、私にはとても新鮮でした。

唄うことに、120%注げるから。

e0184598_11004864.jpg

唄うことによって、感じる力がさらに養われたことも収穫のひとつ。

常に、目に入ってくる自然たちにアンテナを張って、そこでコミュニケーションを図ってみるのです。

カウアイ島は、どこか自然界と「繋がり合う」という横並びの関係性よりも、自然を「敬う」謙る気持ちになるところ。

だからこそ

「唄を捧げる」

ということに重きを置いて、自分なりに経験できたことが良かったです。

わたしの場合、神さまに捧げるよりも、自然崇拝として唄を捧げるほうがしっくりくることも実感できました。



あとは、確かに存在しているカウアイ島の場のエネルギーが、ちゃんとわたしの細部にまで染み渡ってくれていたこと。

事実、記事にも書いた浄化の波動が強い「ワイルア滝」に行った日から、肌の調子がいきなり良くなったのには、驚き!


そんなこんなで、帰りのカウアイ島からホノルルまでのたった30分のフライトの中で、あれこれぼんやり振り返っていたら...


ホノルルに飛行機が到着する瞬間に

「わたし達は あなたの なかに いますから」

というメッセージがおりてきました。

もうその言葉だけで、胸がいっぱいになり、ひとり外を向いたまま、涙腺決壊しないように必死。苦笑

そう、ハワイアン・チャントの「E ho mai」を常に唱え続けていた敬意が、届いたのかもしれないと感じたのです。


決して、優しくやわらかいエネルギーだけが流れているわけではないカウアイ島。

どこか厳かで、且つ清らか。

普通に観光として訪れる人達には「自然豊かな田舎」としか映らないかもしれません。

それでもカウアイ島は無言で行き交う人達を受け入れている感じ。

何を感じるかは、自分次第の島のような気がします。


楽園と呼ばれるホノルルに着いた時でさえ、あぁ地上に戻ってきたな、という感覚。

確かに、確かに、カウアイ島の神秘のエネルギーのなかに、わたしは居たんだなぁと...















[PR]
by miyuki_om | 2017-03-02 10:16 | 【2017 Hawaii】 | Trackback | Comments(0)

カウアイ島覚書

e0184598_07423718.jpg

〈役に立ったもの〉

・エコバック
綿のものじゃなく、ナイロン素材のもの。
カウアイ島のスーパーはビニール袋の配布が禁止。
スーパーによっては紙袋に入れてくれたりするけど、あるスーパーは全くそういうサービスもなし。
ナイロンだと、野菜もそのまま入れられるし、あとビーチにも持っていける!

・ナイロンパーカー
こっちの雨はシャワーレイン。
短時間で止むから、傘は不要。
防寒にもなってよかったー!

・大きめのストール
ハワイアン航空の機内のブランケットはひとり1枚しか配布してくれない。
しかも機内は意外と寒い!
毎日ヒンズー寺院の瞑想会に参加していので、肌を隠すためにも役に立った。


〈役に立たなかったもの〉

・タオル
1枚だけ薄手のものを持って行ってたけど、滞在場所はすごいストック量のタオルがあるし、ビーチ用の大きめタオルまで完備。

・お香
いつも旅先では必須アイテムなんだけど、カウアイ島では滞在場所によって火気厳禁のところがある。
次回はアロマスプレー持参要。

・サランラップ、ジップロック
キッチン完備の宿には必ずこれもある。

・ネックピロー
機内では寝れないタイプなのに、今回は頑張って快適に寝てみよう♡と思って、無印のネックピロー買ってみた。
が、逆に首が前にでちゃって肩凝る始末...
1回しか使ってないので、誰か欲しい方いませんか?


〈持って行くとよいもの〉

・コーヒー用ペーパーフィルター
スーパーで買うと300円以上もする!
日本だと100均で買えるのにね。
コーヒーメーカーは基本どこでも部屋にあるから、さすがコーヒー産地。

・自炊用に、切り干し大根。
今回友人が持ってきてくれていたもの。
切り干し大根と人参のすりごま和えを作ってくれて、美味しかった!
乾物は軽いし、荷物にならずGOOD。


〈スーパーについて〉

想像以上にたくさんスーパーがあり!
お土産を安く買いたいなら、リフエ空港近くの「Walmart」
ただし、生鮮食料品はなぜか売ってません。

「Safeway」は、オーガニック製品も一緒に並んで売っているので、比較しながら買えるし、品揃えがたくさん!

オーガニックスーパーは規模は小さいながら3件ほど島内にあり。
おすすめはハナレイにある「Harvest Market」探しやすく個人的には好き。
ここのフードなら味が濃すぎず、口に合う!

ま、カウアイ島の場合、オーガニックスーパーで買うよりも「i Herb」のネット通販で買った方が安いものもあるので、そこまでテンション上がらず。苦笑

でも時間があれば、買うものないのに何かとスーパーに行っちゃう。


〈wifi環境について〉
アジアとは違い、カフェやレストランにはフリーWi-Fiがない。

ホテルタイプの宿だとWi-Fiは速度がかなり遅い。
コンドミニアムは比べるとサクサク繋がる。
が、これも場所によりけり。

日本であらかじめ手配しておいたハワイの電波に強い「アロハデータ」のポケットWi-Fiを借りて持参。
カーナビ代わりに使っていたけど、後半は道も覚えてしまったから、ほぼ使わず。


〈両替について〉

日本円から外貨両替するときに必ずかかる手数料。
例えば1万円両替すると、230円ほど手数料がかかるけど、手数料93%も安く両替できる技を発見!
(通貨は米ドル他、ユーロ、ポンド、ウォン、元、フランに限る)

「マネーパートナーズ」という口座をネットで開設。
口座開設通知が来たら、その口座に両替したい金額を入金。
空港で海外通貨に両替されたものを受け取ることができる。

といったものだけど、この情報を知ったのも出発5日ほど前で、口座入金が間に合わず、結局使わないまま、今回は空港で普通に両替。

だけど、結局カウアイ島では、どんな小さなお店でもクレジットカードで支払えるから、チップ程度の現金だけ両替するぐらいでよい感じ。

もしくは現地でキャッシングした方が手数料低いかも。


〈レンタカー〉
国際免許不要。

現地について申し込みするよりも、日本から代理店を通じて申し込みした方が少し安い。
ガソリン満タン返却不要という種類もある!

ハワイは、赤信号でも車が来ていなかったら右折可能。
でもできない場所もたまにあるので、標識注意。

駐車の仕方は、みんな頭から入れる人ばかりだから、バック駐車苦手な人にはありがたい。

クラクション、よっぽどのことがない限り、鳴らしません。

ライト、昼間でもつけて走行している車が多い...なぜに...

島は香川県よりひと回り小さいサイズ。
2時間ちょっとでほぼ一周。(実際一周できる道路はないけど)

車 交通量も少ないから、初心者でも安全!



ひとまずこんな感じです。

カウアイ島に興味ある方はご参考に〜






















[PR]
by miyuki_om | 2017-03-01 07:03 | 【2017 Hawaii】 | Trackback | Comments(0)