草花の気持ち

e0184598_12175755.jpg

去年の滞在と違うことといえば。

豊かなカウアイ島の自然と時間をどっぷりと育んだこと。

ここでの草花の曼荼羅作りは、アイデアが無限に溢れてきます。


トップの曼荼羅は、リトリートの参加者とともに作った合作。

ひとりひとつ、順番にアイデアを出して作っていくことは、どんな曼荼羅に仕上がるのか、わくわく。

e0184598_12175845.jpg

ただ置いて並べていくのではなく。

例えば葉が反ってうまく飾れない時は、「こっちの方向に向いて欲しいんだけどさー」って話しかけながら、ぐいっと反対に葉っぱをねじってあげると、素直にきいてくれたりして。

で、たまに

「 めっちゃキレイやん!」

って褒めてあげながら。笑

常に草花の気持ちに応えることが大切。

そして、翌日からはひとりずつ順番に花曼荼羅を朝作ってもらいました。

e0184598_12175805.jpg

小さな白いものも、花びら。
(この花びらからとれる朝露がめっちゃ甘かった♡)

内側のハートのぬくもりが、外へ広がっていくような印象。


e0184598_12175881.jpg

立体的な曼荼羅で、高鳴る想いが伝わってきます。

中心にあるのは、コテージにあったヒトデ。

こういうのもステキなアイデアだよね!


e0184598_12175801.jpg

そして、最終日のチェックアウト前に作ってくれたもの。

MAHALO は「ありがとう」

このコテージをクリーニングしてくれる人に伝わると嬉しいよね、という気持ちも込めて。

実はティーリーフの葉(緑の細長いもの)をハートにカットしてくれてます。

真ん中のハイビスカスがカウアイ島で、それを囲むようにみんなで手を繋いでいるように見えるよね。


e0184598_12175902.jpg

ルドラクシャ(菩提樹)の曼荼羅。

これを作ってくれていた途中、このテーブルのすぐ下に、赤い菩提樹の葉が落ちていたのを発見。

「これ使って〜」

って言ってるように思えて...差し出すと、赤で引き締まって良い感じ。

中心は、菩提樹の実です。



こうして、コテージの庭やまわりに咲いているものを自由に採らせてくれる、寛大な島。

だけど、次の命がちゃんと芽吹くように、この島の人は必要以上には採りすぎない。

常に自然界に謙り、彼等の気持ちを尊重しているのです。

誰に聞いたわけでもないけれど、そんな風なメッセージが草花から伝わってたのでした




+++++++++++++++++++++++++++++++

〈3月以降の県内外スケジュール〉

◉セミプライベート・ヨガクラス 香川・高松@yoga house Leela
※詳しくはこちら

◉3/21(祝水) 東京・浅草橋@sound8
キールタン・リード講座Q&A
※詳しくはこちら

◉3/21(祝水)、3/22(木) 東京・浅草橋@sound8
唄とハルモニゥム・プライベートセッション
満席となりました

◉3/24(土) 川崎・溝の口@森のスタジオby Attari
祈りのうたを奏でよう〜ハワイアン・チャント〜
※詳しくはこちら

◉3/25(日) 東京・東中野@aptp
Kirtan Circle 東京by miyuki × Asarato Panman
※詳しくはこちら

◉3/31(土) 香川・栗熊@KITOKURAS
森と唄う〜キールタン〜 miyuki×mio×yin
※詳しくはこちら

◉4/13(金) 香川・三豊@暮らしの森BOUTON
夜のヨーガクラス
※詳しくはこちら

◉4/21(土) 東京・巣鴨@スペースMURO
Kirtan with miyuki × Yoshiki Horita

◉4/22(日) 東京
唄とハルモニゥム・プライベートセッション

◉6/2(土) 岡山・牛窓@リマーニ
ヨガムドラ

◉9/8(土)〜13(木)シャスタ・リトリート


[PR]
トラックバックURL : https://miyuki77.exblog.jp/tb/27118991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miyuki_om | 2018-03-13 09:13 | 【2018 Hawaii】 | Trackback | Comments(0)

瀬戸内の風が吹く、香川・高松に住みながら、唄とヨーガ、花編みともに旅するような暮らしを進行中。


by miyuki_om
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30