【残1】シャスタ・リトリート -光の聖地 捧げる唄-



e0184598_15332378.jpg



シャスタと初めて出会った昨年。

そこでの滞在は、静かながらも確実に自分のなかにあるものが揺さぶられ、シャスタの光が射し込んでくれた日々でした。

帰りのサンフランシスコの空港で、リトリートしよう!と思い立ち、その時一緒に同行していた友人をスカウト。

シャスタより「森の住人」という存在だと認められた彼女と。

前回訪れた時に受けとったシャスタの波動を、次は人に伝えるという役割をシャスタから任された私。

シャスタの懐で唄を捧げていたこの私たち2人で、今回リトリートをナビゲート&サポートします。

出発日は一粒万倍日。
そしてリトリート中には星空が美しく見える新月を迎え、シャスタを離れる帰国日も一粒万倍日+天赦日という最強の日程に決まりました。

あなた自身が惹かれるタイミングが「今」であれば、その直感に従ってみてください。

このシャスタの写真たちを見たとき、胸が高鳴ったのであれば、呼ばれているということ。

そう、ここシャスタは地球の第8チャクラなのです。

(※2017年に訪れた時のシャスタブログはこちら)
e0184598_16584305.jpg
シャスタ・リトリート− 光の聖地 捧げる唄−

レムリアのエネルギーと光が降り注ぐ、聖地シャスタ。

みずみずしい森や渾々と湧き出る聖なる水、荒々しい砂漠や岩場まで、ここに広がる大自然は本来に近い状態で残されている場所。

その大自然の波動は、時に「シャスタマジック」として目の前に現れたり、そして私たち自身を浄化し、目覚めへと導いてくれる、そんな聖地でもあるのです。

古代よりネイティブアメリカンの聖域として崇められてきたこの地に足を踏み入れること。

それは自然と静寂さを取り戻すことができ、私たちはそんなシャスタへ向けて唄い捧げていきます。

「唄う」ということの本当の意味。

ゆっくりと時間をかけて、シャスタの光の中で唄うことで、内なる変容は始まります。


◇日程 2018年9月8日(土)出発〜14(金)日本着 5泊7日

◇場所 カリフォルニア州 シャスタ

◇定員 4名
(ご夫婦やパートナー同志でのご参加も可能です)

◇スケジュール
※当日の天候やその時の参加者のエネルギーにより変更する場合もあります。

9/8
午後 メドフォード空港集合 / 滞在先チェックイン / ウェルカムサークル&ディナー

9/9〜12
朝 ヨーガと瞑想 / 朝食(セルフクッキング形式です) / ネイチャー曼荼羅作り / シャスタの雪解け水・源泉水を汲みにシャスタ・シティパークへ
午前 シャスタエリア内の湖、滝、川、森、湿原などへご案内 外瞑想や自然と繋がるチューニング、ヴォイスワーク / 昼食(レストランまたはテイクアウトし公園でアウトドアランチ)
夕方 キールタンサークル
夜 夕食(一緒に滞在先のキッチンで作ります) / シャスタにまつわるトークシェアなど
※滞在中、ご希望の方には唄(またはハルモニゥム)のプライベートセッションも承ります。

9/13
早朝 クロージングサークル / チェックアウト

9/14
午後 日本着
e0184598_17562224.jpg
e0184598_11390361.jpg
e0184598_11384964.jpg
◇参加費 1人部屋 ¥198,000-(税込)のみ受付中
     相部屋 ¥186,000-(税込)満室

【参加費に含まれるもの】
宿泊費、空港から宿までの往復送迎費、滞在中の移動費、ガイド・コーディネイト料、夕食代、キールタンやヨーガ・トークシェアなどの全てのワーク代

【各自負担となるもの】
往復航空券、海外旅行傷害保険、ESTA申請代、朝昼の食事代、お土産など個人的なお買い物、場所によっては入場料(スケジュールによります)

◇航空券について
航空会社は乗り換え時間や現地の発着時刻が一番スムーズなユナイテッド航空をおすすめします。

<行き>9月8日成田、羽田または関空発サンフランシスコ経由でメドフォード空港14:55着のフライト。

<帰り>9月13日メドフォード発7:00発のフライト。
日本着は時差の関係で14日着になりますが、航空券は13日現地発で、お間違えのないようお願いします。

トラブルを避けるため、各個人で航空券を手配ください。
もし手配の仕方がわかない方、不安な方はご連絡いただければ、お手伝いいたします。
また、アメリカ国内線は便数、座席数が少ないので、お早めの手配をおすすめします。


◇申し込み・お問合せ
✉︎ lakshmiyuki77アットマークyahoo.co.jp
※アットマークを@に変換してmiyuki宛てに送信ください。
ご質問など、お気軽にお問い合わせください。

申込み記載事項
・件名「シャスタリトリート」
・氏名(ふりがな)
・メールアドレス(受信可能なメールアドレス)
・携帯電話番号
・緊急連絡先の氏名と緊急電話番号

お申込み後、こちらからお振込みのご案内メールを返信いたします。
一括、分割(2回、3回、4回まで)選択いただけます。


◇キャンセルポリシー
少人数での開催のため、お申込み後できるだけキャンセルはお控えください。
万が一キャンセルの場合は、以下の内容でキャンセル料が発生いたしますので、ご了承くださいませ。

リトリート開始60日前(2018年7月9日)までは0%
リトリート開始30日前(2018年7月10日〜8月9日)までは80%
リトリート開始29日前から当日(2018年8月10日以降)は参加費100%

ただし、他人への譲渡は可能とします。
航空機の遅延、また個人的理由においてプログラムの一部に参加できなかった場合、こちらではその責任を負い兼ねますので、ご理解の上お申込みください。

◇リトリートガイド
e0184598_13362677.jpeg
・miyuki
香川県在住。
「yoga house Leela」主宰。
キールタン奏者・ヨガセラピスト・レイメイカー

ヨガと音の世界に魅了され、2008年よりヨガのガイドを始めると同時に、キールタン波及のための活動を開始。
国内をはじめ海外でも、唄うことを通じて自然と自分の声とを調和するワークショップやリトリートを開催しながら、現在ではキールタンのリード奏者育成のプログラムや唄の個人セッションを展開中。

2017年、シャスタに呼ばれ、日々五感をフルに使いながら歩き、唄い、水と戯れる中でシャスタの大いなる源に触れる経験をする。
帰国後もシャスタからのメッセージや内なる変容を繰り返すこととなる。


e0184598_13393624.jpeg
・いしづか まきこ
体質改善、生活のリズムを整えたいというところからヨガに出会い、心や身体のすっきり感、安心感に魅力を感じ、2014年頃からヨガを伝え始める。

ヨガを続けていく中で、音のヨガとも言われるキールタンに出会う。
みんなの声と自分の声が合わせる瞬間の喜び、感情に変化が生まれることに気づき、ヨガクラスと重ねて練習、活動中。

自然が大好き。
その中でも山からの恵みが好きで、季節を問わず春から秋にかけては山登り、冬はスノーボードとたくさんの山の風景を楽しんでいる。

昨年シャスタへ初めて足を運び、訪れる先々でその場のおおらかでやわらかい、時に透き通るような空気が自分を安心させてくれることを肌で感じる。
自然が教えてくれることに耳をすましながら、共に過ごしていこうと日々を生きる。








[PR]
トラックバックURL : https://miyuki77.exblog.jp/tb/27176347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miyuki_om | 2018-05-11 05:11 | retreatのこと | Trackback | Comments(0)

瀬戸内の風が吹く、香川・高松に住みながら、唄とヨーガ、花編みともに旅するような暮らしを進行中。


by miyuki_om
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31