人気ブログランキング |

花の世界から学ぶ、真の調和

e0184598_13185903.jpeg
調和 ハーモニー

って、いろいろな場面から体験することができます。


夏至イヴだった、金曜日。

岡山で開催されたヨガムドラのイベントの中で、花曼荼羅と唄のワークを担当させていただきました。

それぞれ参加される方たちからお花を持ち寄るスタイルで、花曼荼羅をみんなで作るという時間。

さすが、立地的に地方ということもあって、お庭や畑をもつ方たちが多かったのかな。

予想以上のお花が集まりました。

そんななかでも、わざわざ買ってきてくれたんだろうなぁっていう一本のガーベラもあって、すでに胸がじわじわと。
e0184598_13191669.jpg
というわけで。

持ってきてくれたローズマリーの葉っぱの束を、もみもみしてもらい、その手を香ってもらうところからスタート。

みんな一瞬にして、表情が明るくなって、目が大きくなるんだもん。

魔法にかかるって、こういう感じなんだね。

中心点となるビンドゥを私が置き、そこからはみなさんが想い想いに花を手にとり、放射状へ広げて置いてもらう形で。

50人ほどの方が、お花を次々と並べていく姿や、置き方をみていると、個性ありつつも・・・

お花を持つ手が、みんな優しいこと、優しいこと。
e0184598_12170129.jpg

こうして出来あがった花曼荼羅が、トップの写真です。

ひとりで花曼荼羅を作る時は、規則性をもって、瞑想的に作っていきますが、こうして大勢の方たちと花を並べていくと・・・

規則性はなくとも、こんなにも調和のとれたフラワーアートができることに、とても感動したわけであります。


お花の特徴をみながら・・・そのお花の美しさが引き立つように並べていくこと。

たとえ違う種類のお花同士が隣に並んでいたとしても、心のもとに添って置いていくと、いつのまにか調和となってゆく。

自然を敬うことによって本当に「調和」の学びが、ここにもあるのですね。

e0184598_12431624.jpeg
ここで、大切なことは、「同調」と「調和」は違うこと。


「同調」は、他に調子を合わせること。他人の意見や主張することに賛同すること。(辞書より引用)

はい、お話会に参加してくれたあなたなら、もうお気づきかと思いますが・・・

これ他人軸ですねー。

角がたつこと、風当たりを怖がって、そうならないために、自分の意見よりも相手に調子を合わせる、眠っちゃう人のパターン。

「調和」は、全体がほどよくつりあって、矛盾や衝突などがなく、まとまっていること。(辞書より引用)

人は人の数だけ個性があることを理解していて、角がたたないことなんてあり得ないと、広い心でいること。

その中で、それぞれが自分の個性(意見)を表現してこそ、和が生まれるのです。


「 目醒めへの選択・お話会〜2020年の春分のゲートにむけて〜 」
香川では残すところ24日、30日(追加決定)のみ募集中です→こちら


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

◉セミプライベートヨガクラス 高松@yoga hosue Leela
※詳細はこちら

◉7/14(日) 満席 7/15(祝月)募集中
京都@tetoteya
「古代ホオポノポノ&アースソングサークル」
※詳細はこちら

◉10/17(木)〜23(水) 5泊7日
満席〜花とうた〜カウアイ島リトリート
※詳細はこちら


トラックバックURL : https://miyuki77.exblog.jp/tb/28418774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by miyuki_om | 2019-06-23 13:26 | eventれぽーと | Trackback | Comments(0)

瀬戸内の風が吹く、香川・高松に住みながら、唄とヨーガ、花編みともに旅するような暮らしを進行中。


by miyuki_om
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31